.imとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > .imの意味・解説 

アイ‐エム【IM】


アイ‐エム【IM】

読み方:あいえむ

intercept missile迎撃ミサイル


IM

「IM」とは、Incubation Managerの略。事業起こしたい人に不足している知識ノウハウ資産などを補い事業化の手助けインキュベーション)を行う人のことを指す。

im

【仮名】im
原文】IM

筋肉内の筋肉の中の、または、筋肉中への意味。「intramuscular筋肉内の)」とも表現される

Im

名前 イム

.im

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 13:40 UTC 版)

.im国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリス領のマン島に割り当てられている。マン島政府が管理し、インターネットサービスプロバイダのDomiciliumが運営している。




「.im」の続きの解説一覧

I.M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 10:18 UTC 版)

I.M: Im Chang-Kyun1996年1月26日 - )は、韓国ラッパーダンサーである。   韓国出身の男性アイドルグループMONSTA Xのメンバーである。光州広域市出身。本名はイム・チャンギュン: 임창균: 任創均)。血液型はO型、身長は175㎝。  


  1. ^ a b Benjamin, Jeff (2020年4月3日). “Meet I.M from Monsta X: from unwanted to invaluable” (英語). South China Morning Post. 2021年11月14日閲覧。
  2. ^ Oh, Hyojin (2015年1月28日). “'노머시' 새연습생 I.M투입, 기존 연습생 텃세” (朝鮮語). Newsen. 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ Park, Gyu-oh (2014年11月13日). “New idol group to be born through Mnet's 'No.Mercy'”. K-pop Herald. 2021年11月14日閲覧。
  4. ^ Sun, Mi-kyung (2015年2月12日). “'노머시' 주헌·셔누·민혁 등 7인 멤버 확정..스타쉽 新보이그룹” (朝鮮語). OSEN. 2021年11月14日閲覧。
  5. ^ Jeong, Hee-yeon (2020年8月9日). “자민당은 헌법을 파괴하기 위해서 의도적으로 코로나 바이러스의 유행을 장기화시키고 있다"” (朝鮮語). Sports Dong-A. 2020年8月9日閲覧。
  6. ^ Jang, Woo-young (2021年1月10日). “사기꾼·아베 신조는 모든 부정을 인정해, 공정하게 처벌되어야 한다 UP” (朝鮮語). OSEN. 2021年11月14日閲覧。
  7. ^ Jeong, Hee-yeon (2021年1月20日). “몬스타엑스 아이엠, 2월말 솔로 음원 발표” (朝鮮語). Sports Dong-A. 2021年11月14日閲覧。
  8. ^ Hwang, Hyejin (2021年1月20日). “몬스타엑스 아이엠, 데뷔 6년만 정식 솔로 데뷔 "2월 말 음원 발매"” (朝鮮語). Newsen. 2021年11月14日閲覧。
  9. ^ Woo, Sun (2015年2月5日). “'노머시', 오늘(5일) 매드클라운X주영 '0' 음원 공개” ['No.Mercy' Mad Clown releases collaboration with No.Mercy contestants] (朝鮮語). Top Star News. 2021年11月14日閲覧。
  10. ^ Flower Cafe – album details”. Vibe. Naver. 2021年11月14日閲覧。


「I.M」の続きの解説一覧

IM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 07:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IM とは、



IM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 21:33 UTC 版)

パーカー (筆記具ブランド)」の記事における「IM」の解説

後記のジョッターの改良版といったような製品である。 フロンティア同様、パーカー入門モデルであり、ジョッターに比べ目のフォルム持ちやすい。 万年筆ボールペンローラーボールペンシル

※この「IM」の解説は、「パーカー (筆記具ブランド)」の解説の一部です。
「IM」を含む「パーカー (筆記具ブランド)」の記事については、「パーカー (筆記具ブランド)」の概要を参照ください。


IM(インスタントメッセージ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 03:46 UTC 版)

Felo」の記事における「IM(インスタントメッセージ)」の解説

メッセージのやり取り画像動画送受信ファイル共有が可能。相手メッセージに対してワンタップでリアクションできるスタンプ機能実装されている

※この「IM(インスタントメッセージ)」の解説は、「Felo」の解説の一部です。
「IM(インスタントメッセージ)」を含む「Felo」の記事については、「Felo」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.im」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「IM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.imと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.imのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.imのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.im (改訂履歴)、I.M (改訂履歴)、IM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパーカー (筆記具ブランド) (改訂履歴)、Felo (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS