アシモとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > アシモの意味・解説 

ASIMO

読み方:アシモ

ホンダ開発している二足歩行ロボット2012年時点で二足歩行だけでなく走る、走ったままカーブを曲がる片足けんけんなどを行うことができる。

ASIMO

(アシモ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 00:09 UTC 版)

ASIMO(アシモ)は、本田技研工業株式会社が開発し、ホンダエンジニアリング株式会社が製造していた世界初の本格的な二足歩行ロボット[1]。予測運動制御によって重心ゼロモーメントポイント(ZMP)を制御して自在に歩くことができ、階段の上り下り、旋回ダンスなども可能。親しみやすさを考えたデザインを採用している。本田技研工業の説明によると、「ASIMO」という名称は「Advanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的移動性)」の略である。開発の動機に手塚治虫鉄腕アトムがあったとされている[2]。 しかし完全な人間に似たタイプは未完成でありこれ以上は技術的に不可能と判断され、2020年を待たずして開発中止。研究チームも解散となった。


  1. ^ 新型ASIMO
  2. ^ “生みの親”が語る「ASIMO開発秘話」 -IT media
  3. ^ 2011年11月8日発表の最新型。旧型は身長120cm
  4. ^ さらなる進化を遂げた「新型ASIMO」と、ロボティクス研究および応用製品の総称「Honda Robotics」を発表:HONDA(2011年11月8日
  5. ^ ASIMO - The new age technology - YouTube
  6. ^ アシモ応用、ホンダのロボ福島へ 原子炉建屋で廃炉作業”. 朝日新聞 (2018年6月28日). 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月17日閲覧。
    ちなみに事故当初、地震関連のFAQコーナーに「ASIMOに原発事故処理させたら?」と言う質問があり、Hondaは「まだそこまでは無理」と答えていた。2015年1月現在、ASIMOのFAQにて引き続き掲載されている
  7. ^ ATOM vs ASIMO (with SMAP) NHK 紅白歌合戦 2000 アトム,アシモ, スマップ - YouTube
  8. ^ 愛・地球博(愛知万博) 開会式(ロボット共演) 2005年03月24日 (EXPO 2005 AICHI JAPAN) - YouTube
  9. ^ Honda「ASIMO」、ニューヨーク証券取引所(NYSE)取引開始のベルを鳴らす Honda プレスリリース 2002年2月15日
  10. ^ ホンダ「新型アシモ」が米初上陸、手の器用さを披露
  11. ^ ホンダ「新型アシモ」が米初上陸、英語で「ハロー!ニューヨーク」
  12. ^ ヒューマノイドロボット「ASIMO」(アシモ) の「未来館卒業記念ムービー」を日本科学未来館が公開 夢と感動の20年間を振り返る - ロボスタ”. robotstart.info. ロボットスタート (2022年8月18日). 2022年8月18日閲覧。
  13. ^ アシモはHondaウエルカムプラザ青山もまもなく卒業 ASIMO開発の歩み特別展示とステージショー特別版を開催中 3/31まで - ロボスタ”. robotstart.info. ロボットスタート (2022年3月18日). 2022年8月18日閲覧。
  14. ^ 日曜日の歴史探検:ASIMOまで駆け抜けたホンダのロボット開発 IT media
  15. ^ History of ASIMO/Honda Collection Hall(Twin Ring Motegi) - YouTube
  16. ^ 進化した新型「ASIMO」:ANNnewsCH(2011年11月7日
  17. ^ Honda 新型ASIMO (2011) フタ開け、ジュースを紙コップへ - YouTube
  18. ^ More Parkour Atlas - YouTube
  19. ^ 2018年10月11日、ボストン・ダイナミクス社の最新型アトラスが「パルクール」を軽々とやってのける動作を撮影した新映像が公開されたParkour Atlas - YouTube
  20. ^ Watch Boston Dynamics' Humanoid Robot Do Parkour WIRED wired.com |2018年10月11日閲覧
  21. ^ ホンダ アシモの開発をとりやめ 研究開発チームも解散
  22. ^ Hondaのロボティクス研究の取り組みについて
  23. ^ 2017年に発表された新型ASIMO(既に開発中止・再開の見込み無し):“Dynamic Gait Transition Between Walking, Running and Hopping for Push Recovery,” by Takumi Kamioka, Hiroyuki Kaneko, Mitsuhide Kuroda, Chiaki Tanaka, Shinya Shirokura, Masanori Takeda, and Takahide Yoshiike from Honda Research Japan, was presented at Humanoids 2017.Dynamic Gait Transition Between Walking, Running and Hopping for Push Recovery - YouTube youtube.com |2018年6月27日限定公開
  24. ^ HONDA ホンダ ASIMO~ASIMOスーパーライブ(4K撮影) - YouTube youtube.com |2018年12月28日閲覧
  25. ^ 「Empower(強化)」を表現するロボットが、トラクター型「3E-D18」と椅子型「3E-B18」。「3E-D18」はオフロードタイヤを搭載、走破性にも優れており、農場や山間部などの路面状況の悪い場所でも自律的に行動が可能。「3E-B18」は自動車椅子
  26. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-D18 - YouTube
  27. ^ Honda CES 2018 3E-D18 Technical Explanation - YouTube
  28. ^ a b Honda CES 2018 3E Concept 3E-A18 & 3E-B18 - YouTube
  29. ^ Honda CES 2018 3E-B18 Technical Explanation - YouTube
  30. ^ 「「Experience(経験)」を表現するロボットが、、自動走行型クーラー「3E-C18」
  31. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-C18 - YouTube
  32. ^ Honda CES 2018 3E-C18 Technical Explanation - YouTube
  33. ^ 「Empathy(共感)」を表現するロボットが、コンパニオンロボット「3E-A18」。柔らかい外装や丸みを帯びた親しみやすい形は、抱きしめたり、触れた時に心地よく、万が一、衝突した際の安全性を考慮している
  34. ^ Honda CES 2018 3E-A18 Technical Explanation - YouTube
  35. ^ Honda CES 2018 3E Tech Demo - YouTube
  36. ^ 【やじうまPC Watch】ホンダの二足歩行ロボット研究は継続中 ~ASIMO開発中止報道についてコメント - PC Watch
  37. ^ Honda Riding Assist - YouTube
  38. ^ Honda CES 2018 Honda Press Conference - YouTube
  39. ^ 高所調査用ロボット【産総研公式】 - YouTube
  40. ^ CES 2018 Preview Honda's New Robotics Concept - YouTube
  41. ^ 「アシモは姿を変えて残り続ける」 ホンダ、ヒューマノイドロボの開発継続へ - ITmedia ビジネスオンライン
  42. ^ 虫ん坊 2018年09月号(198):TezukaOsamu.net(JP)
  43. ^ 虫ん坊 2018年09月号 特集1:本田技術研究所 重見聡史さんインタビュー:TezukaOsamu.net(JP)
  44. ^ Honda P.A.T.H.Bot CES 2019 Honda 本田技研工業
  45. ^ Honda CES 2019 Honda P.A.T.H.Bot - YouTube youtube.com | 2018年12月26日閲覧
  46. ^ ASIMOに続くホンダの新型ロボット、ついにデビュー。「人型、二足歩行」は卒業へ BUSINESS INSIDER JAPAN Business Insider Japan | 2018年12月12日閲覧
  47. ^ 3E-D18 CES 2018 Honda
  48. ^ Autonomous Work Vehicle CES 2019 Honda
  49. ^ Honda CES 2019 Autonomous Work Vehicle - Solar Operations - YouTube youtube.com | 2018年12月13日閲覧
  50. ^ Honda RaaS Platform CES 2019 Honda
  51. ^ Honda CES 2019 Honda RaaS Platform - YouTube youtube.com | 2018年12月6日閲覧
  52. ^ Honda Omni Traction Drive System CES 2019 Honda
  53. ^ Honda CES 2019 Honda Omni Traction Drive System - YouTube youtube.com | 2018年12月13日閲覧
  54. ^ P.A.T.H. Bot Honda CES 2019 - YouTube youtube.com | 2019年1月9日閲覧
  55. ^ CES 2019 - Honda Path Robot looks like it hovers - YouTube youtube.com | 2019年1月14日閲覧
  56. ^ 日本科学未来館 公式ページ 『THANK YOU ASIMO! ~未来館卒業おめでとう 人型ロボット「ASIMO」未来館卒業記念イベントを開催!』
  57. ^ History of the Humanoids(英語)
  58. ^ Honda Unveils Prototype E2-DR Disaster Response Robot - IEEE Spectrum(英語)
  59. ^ Experimental Legged Robot for Inspection and Disaster Response - YouTube
  60. ^ History of Humanoids P1 - P2 - P3(英語)
  61. ^ P3改良型試作機(ホンダのサイト)
  62. ^ 幻のASIMO開発機「P4」を展示!(レスポンス)
  63. ^ Honda Human Robot P2 - YouTube
  64. ^ Honda P2 Robot Demonstration - YouTube
  65. ^ Honda Robot Research P2 Humanoid - YouTube
  66. ^ Honda Human Robot P3 Robo_Cup - YouTube
  67. ^ Honda P3 Robot Demonstration - YouTube
  68. ^ Honda Asimo Humanoid Robot - YouTube
  69. ^ Satoshi Shigemi on All New ASIMO - YouTube
  70. ^ 2011 Honda Unveils All-new ASIMO with Significant Advancements - YouTube
  71. ^ 産総研:人間と同じ重労働が可能な人間型ロボット試作機HRP-5Pを開発 aist.go.jp | 2018年9月27日閲覧
  72. ^ HRP-1 (2002 demonstrations) - YouTube
  73. ^ 重労働が可能な人間型ロボット (PDF) - 建設工業調査会 公式PDF
  74. ^ 【HRP-5P】Humanoid Robot【産総研公式】 - YouTube
  75. ^ Regrasp Planning Considering Bipedal Stability Constraints - YouTube
  76. ^ 【HRP-5P】重量のある実物の資材で建設作業に成功【産総研公式】 - YouTube
  77. ^ ロボット”. 日本科学未来館 (Miraikan). 国立研究開発法人科学技術振興機構. 2020年1月9日閲覧。
  78. ^ Honda Robotics”. Honda ウエルカムプラザ青山. 本田技研工業株式会社. 2020年1月9日閲覧。
  79. ^ Honda Collection Hall”. ツインリンクもてぎ. 株式会社モビリティランド. 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月9日閲覧。


「ASIMO」の続きの解説一覧

アシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 00:36 UTC 版)

ムダヅモ無き改革」の記事における「アシモ」の解説

上記人物の正体である、本田技研工業設計・開発した二足歩行ロボットヒトラー放った酸化雰囲気炎上した劣化ウラン牌によりそのベール剥がされる。トリスタンからは正しく機械人形オートマータ)と呼ばれたが、日本製MADE IN JAPAN)であり、自らを「日本人」であると称する

※この「アシモ」の解説は、「ムダヅモ無き改革」の解説の一部です。
「アシモ」を含む「ムダヅモ無き改革」の記事については、「ムダヅモ無き改革」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アシモ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アシモ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アシモ」の関連用語

アシモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アシモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASIMO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのムダヅモ無き改革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS