.nfとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 規格 > .nfの意味・解説 

雑音指数 (NF)

信号デバイス通過するときの、信号・雑音比 (S/N 比) の低下度を示す指数

雑音指数

S/N i : 入力側の信号・雑音比
S/N o : 出力側の信号・雑音比
雑音温度 (TN) で表現する場合もあり、

雑音指数

の関係がある。また、GaAs FET多段接続した場合の雑音指数 (NFT)は、以下のとおり

雑音指数

F1 : 1 段目の雑音指数の真数
F2 : 2 段目の雑音指数の真数
雑音指数雑音指数
Fn : n 段目の雑音指数の真数

G1 : 1 段目の利得
G2 : 2 段目の利得
雑音指数雑音指数
Gn - 1 : n - 1 段目の利得

NF

英語 National Formula

JAF競技車両規則によるマシン分類のひとつであるナショナル・フォーミュラカー。JAF-F3000やFJ1600F4RSなどがこれに相当する。


NF

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

.nf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/06 05:51 UTC 版)

.nf国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、オーストラリアノーフォーク島に割り当てられている。ドメインの登録に、ノーフォーク島に居住していることを求めないが、他と比べて登録料がかなり高額であるため、それほど広く使用されているわけではない。第二レベルへの登録が最も高額であるが、第三レベルへの登録よりも多い。また、ほとんどのサイト名がノーフォーク島関連である。世界で最も短いドメイン名a.nfが存在する。






「.nf」の続きの解説一覧

NF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 06:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

NF, Nf

NF

nF

nf



ファラド

(.nf から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 13:16 UTC 版)

ファラド: farad、記号:F)は、コンデンサ(キャパシタ、蓄電器)などの静電容量単位SI組立単位)である。名称はマイケル・ファラデーに由来するもので、ファラッドともいわれる。(なお、同じくマイケル・ファラデーに由来するファラデーという単位があるが、これは電荷の単位である。)




  1. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号)別表第1(第2条関係)38(静電容量)”. e-Gov法令検索 (基準日). 2019年12月30日閲覧。 “2017年4月1日時点での施行分”
  2. ^ The International System of Units (SI) (8th ed.). Bureau International des Poids et Mesures (International Committee for Weights and Measures). (2006). p. 144. http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure_8_en.pdf 
  3. ^ Peter M B Walker, ed (1995). Dictionary of Science and Technology. Larousse. ISBN 0752300105 
  4. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) (PDF) p. 29。
  5. ^ Electronic Components High Quality CAPACITORS (PDF)”. エルナー株式会社. 2015年8月22日閲覧。
  6. ^ Tunbridge, Paul (1992). Lord Kelvin : his influence on electrical measurements and units. London: Peregrinus. pp. 26, 39-40. ISBN 9780863412370. https://books.google.co.uk/books?id=bZUK624LZBMC 2015年5月5日閲覧。 
  7. ^ Braga, Newton C. (2002). Robotics, Mechatronics, and Artificial Intelligence. Newnes. p. 21. ISBN 0-7506-7389-3. http://books.google.com/books?id=yqb-f-HKem0C&pg=PA21&q=microfarad+common+measurement 2008年9月17日閲覧. "Common measurement units are the microfarad (µF), representing 0.000,001 F; the nanofarad (nF), representing 0.000,000,001 F; and the picofarad (pF), representing 0.000,000,000,001 F." 
  8. ^ Platt, Charles (2009). Make: Electronics: Learning Through Discovery. O'Reilly Media. p. 61. ISBN 9781449388799. http://books.google.com/books?id=PQzYdC3BtQkC&pg=PA61&dq=nanofarad 2014年7月22日閲覧. "Nanofarads are also used, more often in Europe than in the United States." 
  9. ^ Gregorian, Roubik (1976). Analog MOS Integrated Circuits for Signal Processing. John Wiley & Sons. p. 78 
  10. ^ Pease, Bob (1993年9月2日). “What's All This Femtoampere Stuff, Anyhow?”. Electronic Design. 2013年3月9日閲覧。
  11. ^ Pease, Bob (2006年12月1日). “What's All This Best Stuff, Anyhow?”. Electronic Design. 2013年3月9日閲覧。
  12. ^ Williams, L. L. (1999年1月). “Electrical Properties of the Fair-Weather Atmosphere and the Possibility of Observable Discharge on Moving Objects”. 2012年8月13日閲覧。
  13. ^ Daraf”. Webster's Online Dictionary. 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月19日閲覧。
  14. ^ Graf, Rudolf F. (1999). Modern Dictionary of Electronics. Newnes. p. 1. ISBN 9780080511986. https://books.google.com/books?id=AYEKAQAAQBAJ 2016年4月15日閲覧。 
  15. ^ Puff”. Wolfram Research. 2009年6月9日閲覧。
  16. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  17. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「ファラド」の続きの解説一覧



.nfと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.nf」の関連用語

.nfのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.nfのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2021 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.nf (改訂履歴)、NF (改訂履歴)、ファラド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS