.nfとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 規格 > .nfの意味・解説 

雑音指数 (NF)

信号デバイス通過するときの、信号・雑音比 (S/N 比) の低下度を示す指数

雑音指数

S/N i : 入力側の信号・雑音比
S/N o : 出力側の信号・雑音比
雑音温度 (TN) で表現する場合もあり、

雑音指数

の関係がある。また、GaAs FET多段接続した場合の雑音指数 (NFT)は、以下のとおり

雑音指数

F1 : 1 段目の雑音指数の真数
F2 : 2 段目の雑音指数の真数
雑音指数雑音指数
Fn : n 段目の雑音指数の真数

G1 : 1 段目の利得
G2 : 2 段目の利得
雑音指数雑音指数
Gn - 1 : n - 1 段目の利得

NF

英語 National Formula

JAF競技車両規則によるマシン分類のひとつであるナショナル・フォーミュラカー。JAF-F3000やFJ1600F4RSなどがこれに相当する。


NF

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

.nf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 06:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.nf
ノーフォーク島の国旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Norfolk Island Internet Registry
後援組織 Norfolk Island Data Services
利用地域 ノーフォーク島に関係する団体・個人
使用状況 ノーフォーク島関連である程度使われている。
登録の制限 なし。
階層構造 第二レベルドメインに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。
関連文書 COCCA Harmonized Policies
方針 COCCA Complaint Policy & Procedures
ウェブサイト nic.nf
テンプレートを表示

.nf国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、オーストラリアノーフォーク島に割り当てられている。ドメインの登録に、ノーフォーク島に居住していることを求めないが、他と比べて登録料がかなり高額であるため、それほど広く使用されているわけではない。第二レベルへの登録が最も高額であるが、第三レベルへの登録よりも多い。また、ほとんどのサイト名がノーフォーク島関連である。世界で最も短いドメイン名a.nfが存在する。

第二レベルドメイン

以下の第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。

  • .com.nf
  • .net.nf
  • .per.nf
  • .rec.nf
  • .web.nf
  • .arts.nf
  • .firm.nf
  • .info.nf
  • .other.nf
  • .store.nf

外部リンク



NF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/19 02:00 UTC 版)

NF, Nf

NF

nF

nf




.nfと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.nf」の関連用語

.nfのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.nfのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2019 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.nf (改訂履歴)、NF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS