.fiとは? わかりやすく解説

エフ‐アイ【FI】

読み方:えふあい

fade-inフェードイン


FI(えふ・あい)

英字free in
船内人夫賃だけ荷主負担で、揚荷役は荷受人負担することです。

FI(File Index)

庁内のサーチファイルの編成用いられている分類国際特許分類を基に作成された。


フェードイン 【fade in [FI]】


【要撃戦闘機】(ようげきせんとうき)

Fighter Interceptor (FI)
航空自衛隊においてかつて存在した戦闘機の名称。
該当する機体F-15J、F-4EJ、F-104J、F-86F/Dなど。

要撃」と「邀撃」は若干意味が異なるが、おおむね同じ「迎え撃つという意味であり、戦前には「邀撃」という表現多かった
しかし、戦後に「邀」の字常用漢字から外されてしまったことが影響してか、戦後には「要撃の方多く用いられるようになり、自衛隊戦闘機は「要撃戦闘機」と呼ばれるようになった。(公文書でもこちらのみが使用されていた)

その後2000年代入って防衛省全ての戦闘機マルチロールファイターとする方針転換し2004年改定した防衛大綱にて「要撃」「空中支援」の区別廃止して戦闘機」に一本化
これにより公的にこの名称が使われることはなくなった。

関連支援戦闘機


.fi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/04 03:46 UTC 版)

.fiフィンランド国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。Traficomが管理している。




「.fi」の続きの解説一覧

FI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 20:36 UTC 版)

FIFifi




「FI」の続きの解説一覧

FI(F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 08:09 UTC 版)

競輪の競走一覧」の記事における「FI(F1)」の解説

原則的に競輪プログラム改革構想KPK制度時代から「S級シリーズ」(準記念)と称されている開催S級A級1・2班戦の2本立て2012年7月よりA2格付け女子ガールズケイリン)を含む3本立て行われている。 寺内大吉記念杯競輪オールS級国際競輪外国人短期登録選手出場開催日韓対抗戦競輪

※この「FI(F1)」の解説は、「競輪の競走一覧」の解説の一部です。
「FI(F1)」を含む「競輪の競走一覧」の記事については、「競輪の競走一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.fi」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「FI」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.fi」の関連用語

.fiのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.fiのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2023 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2023 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.fi (改訂履歴)、FI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの競輪の競走一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS