.fiとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > .fiの意味・解説 

FI(えふ・あい)

英字free in
船内人夫賃だけ荷主負担で、揚荷役は荷受人負担することです。

FI(File Index)

庁内のサーチファイルの編成に用いられている分類国際特許分類を基に作成された。


フェードイン 【fade in [FI]】


【要撃戦闘機】(ようげきせんとうき)

Fighter Interceptor (FI)
航空自衛隊においてかつて存在した戦闘機の名称。
該当する機体F-15JF-4EJ、F-104J、F-86F/Dなど。

要撃」と「邀撃」は若干意味が異なるが、おおむね同じ「迎え撃つ」という意味であり、戦前には「邀撃」という表現が多かった。
しかし、戦後に「邀」の字が常用漢字から外されてしまったことが影響してか、戦後には「要撃」の方が多く用いられるようになり、自衛隊戦闘機は「要撃戦闘機」と呼ばれるようになった。(公文書でもこちらのみが使用されていた)

その後2000年代に入って防衛省全ての戦闘機マルチロールファイターとする方針転換し、2004年改定した防衛大綱にて「要撃」「空中支援」の区別廃止して「戦闘機」に一本化
これにより、公的にこの名称が使われることはなくなった。

関連支援戦闘機


FI

「FI」とは、わが国技術事情により国際特許分類IPC)で十分な検索できない技術分野に対応するため、国際特許分類IPC)をさらに細展開した分類であり、展開記号分冊識別記号国際特許分類IPC)に付加する形で表記されるものである
「FI」はわが国固有のものであり、外国特許文献検索使用できない

ふっ化よう素


固定時間間隔強化


.fi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/05/30 00:54 UTC 版)

.fi
フィンランドの旗
施行 1986年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 FICORA
後援組織 FICORA
利用地域 フィンランドに関連のある団体・個人
使用状況 非常に多く使用されている。
  

.fiフィンランド国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。FICORAが管理している。

1990年代初頭では、匿名で電子メールすることができ、海外のインターネットユーザーに最も有名だった。

関連項目

外部リンク

Northern-Europe-map-extended.png この「.fi」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ

FI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/17 18:11 UTC 版)

FIfi

FI [編集]

fi [編集]



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.fi」の関連用語

.fiのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.fiのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2019 Japan Video Software Association
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.fi (改訂履歴)、FI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS