F-15Jとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F-15Jの意味・解説 

【F15J】(えふじゅうごじぇい)

  1. F-104Jの機首部に搭載されていた空対空レーダー
    広域走査・単目標追尾などの能力備える。

  2. F-15イーグル三菱重工生産型。F-15参照

F-15J (航空機)

(F-15J から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/09 03:49 UTC 版)

F-15Jは、アメリカ合衆国マクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発したF-15C/Dイーグルを、三菱重工業が中心となり、航空自衛隊向けにノックダウン及びライセンス生産した戦闘機である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 三菱重工|F-15J戦闘機
  2. ^ Davies, Steve and Doug Dildy. F-15 Eagle Engaged, The World's Most Successful Jet Fighter. Osprey Publishing, 2007
  3. ^ 平成25年度防衛白書 資料13 主要航空機の保有数・性能諸元
  4. ^ ただし、調達価格は時代によって差があり、1990年度の調達価格は約86億円であった(「エアワールド」1990年5月号 p70)
  5. ^ F-toys 日本の翼コレクション2 F-15解説書
  6. ^ ただし、1980年代頃までは米空軍の機体も航空自衛隊と同じFS36375とFS36320で塗装されていた
  7. ^ 丸メカニックNo42 P62
  8. ^ Boeing: ボーイング・ジャパン - F-15イーグル戦闘機
  9. ^ a b 主要装備 F-15|航空自衛隊
  10. ^ a b c d e f g h i 丸[MARU] 2010年12月号P88
  11. ^ ミリタリー・イラストレイテッド25「F-15イーグル」ワールドフォトプレス編 p160~p162
  12. ^ a b c d e 丸[MARU] 2010年12月号P89
  13. ^ ミリタリー・イラストレイテッド25「F-15イーグル」ワールドフォトプレス編 p162~p165
  14. ^ ジェフリー・エセル『F‐15イーグル―世界最強の制空戦闘機』浜田一穂訳 原書房 1985年 ISBN 4562016671  197頁
  15. ^ デイヴィス, ディディ, 2007. p.152
  16. ^ a b c d e f 第3章 40年代:航空機工業基礎固めの時期 2節 ライセンス生産による生産基盤の確立”. 日本の航空宇宙工業 50年の歩み. 日本航空宇宙工業会. 2012年7月5日閲覧。
  17. ^ 昭和53年度防衛白書、第3部
  18. ^ a b c ロレル, 1995. p.78-79
  19. ^ ジェフリー・エセル『F‐15イーグル―世界最強の制空戦闘機』浜田一穂訳 原書房 1985年 ISBN 4562016671  199頁
  20. ^ ジェフリー・エセル『F‐15イーグル―世界最強の制空戦闘機』浜田一穂訳 原書房 1985年 ISBN 4562016671  199頁
  21. ^ F-15の取得数の変更について”. 防衛大綱と防衛力整備. 防衛省・自衛隊. 2012年7月5日閲覧。
  22. ^ J/DJともに国産化を承認されなかった部品については米国の有償援助で輸入するか、同等の国産機器で代替した(部品一覧については各担当メーカー表を参照)現在でも故障した際の修理のために、胴体部以外の治具を保管している
  23. ^ 丸[MARU] 2008年3月号P93
  24. ^ a b 「丸」通巻第694号、P109
  25. ^ 2005年(平成17年)のアメリカ空軍での再編成による第18アグレッサー飛行隊の創設までアグレッサー部隊でF-15を運用していたのは航空自衛隊の飛行教導隊だけだった(イスラエルでは第115飛行隊 (enA-4 (航空機)を運用している)
  26. ^ 第9航空団の新編について
  27. ^ 我が国の防衛と予算-平成28年度概算要求の概要-
  28. ^ 小松基地にF15精鋭部隊 中国にらみ戦術高度化
  29. ^ 第305飛行隊の移駐完了 新田原基地
  30. ^ 浜松基地所属の航空機及び装備品
  31. ^ 飛行開発実験団
  32. ^ うち1名は対ソ連軍領空侵犯機警告射撃事件にて警告射撃の実行経験者
  33. ^ 脱出時にキャノピーで頭部強打
  34. ^ 2011年7月6日付けの琉球新報報道により、事故発生3日前に嘉手納基地で行われたアメリカフェスト2011で展示されていたうちの1機であったことが判明している
  35. ^ 航空事故調査結果について
  36. ^ 10月31日F-2B離陸直後に墜落し炎上した事故への対策。F-2の項目参照
  37. ^ 航空自衛隊報道発表資料 平成23年10月7日 2011年10月30日閲覧
  38. ^ 航空自衛隊報道発表資料 平成23年10月28日 2011年10月30日閲覧
  39. ^ Boeing eyes long-term prospects in Japan’s tough defence market
  40. ^ JAPAN AEROSPACE: Boeing promotes F-15 as air-to-air missile
  41. ^ 28-ekimu-zuikei-h-10
  42. ^ Air Force seeks afterlife for F-15s
  43. ^ F-15偵察機化試改修事業に係る契約の納期猶予不承認について
  44. ^ a b “東芝、国に16億円支払いで和解 偵察システム契約訴訟”. 朝日新聞社. (2017年6月30日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6Z5G76K6ZULFA02K.html 2017年7月2日閲覧。 
  45. ^ 平成24年度政策評価 事後の事業評価 無人機研究システムの開発
  46. ^ 平成26年度行政事業レビューシート(防衛省)事業番号0334
  47. ^ a b c d 丸[MARU] 2010年12月号P90
  48. ^ ロレル, 1995. p.77-78
  49. ^ 昭和53年3月4日防衛庁「F-15の対地攻撃機能と空中給油装置について」
  50. ^ ミリタリー・イラストレイテッド25「F-15イーグル」ワールドフォトプレス編 p169
  51. ^ 丸[MARU] 2010年12月号P91
  52. ^ a b 平成26年行政事業レビュー事業番号0044
  53. ^ Multi Purpose Color Display:多目的カラーディスプレイ
  54. ^ プログラム可能兵装制御セット
  55. ^ 航空ファン2004年4月号 メディアミックスプロジェクト F-15J/DJ MRM改修機の識別ポイント
  56. ^ LAU-114はAAM-3の搭載改修などでアンビリカルコネクターのピンアサインを使い切っており、新たに追加することが困難であるための苦肉の策である。
  57. ^ 巡航ミサイル導入を正式発表 「専守防衛に反しない」小野寺五典防衛相”. 産経ニュース (2017年12月8日). 2017年12月9日閲覧。
  58. ^ a b 「ここまで見せた!自衛隊F-15"改"」 J-Wings 2013年10月号
  59. ^ a b c d e f 平成24年行政事業レビューシート(防衛省)事業番号0046
  60. ^ low Pressure Water Separator、低圧除湿装置
  61. ^ High Pressure Water Separator、高圧除湿装置
  62. ^ a b 小野正春「F-15J/DJのバージョンアップと今後の展望」、『航空ファン』No.693、文林堂、2010年9月、 58-65頁。
    Defense Industry Daily, LLC (2011年9月8日). “The Wonders of Link 16 For Less: MIDS-LVTs” (英語). 2012年1月2日閲覧。
  63. ^ F-15近代化試改修形態1型機を納入”. 三菱重工 (2003年11月17日). 2011年3月16日閲覧。
  64. ^ 2004年防衛白書
  65. ^ 2005年防衛白書
  66. ^ 2006年防衛白書
  67. ^ ライセンス契約に基づき作成されたソフトウェアに係るライセンス上の制約から、修理等が行われていない状態となっているF―15戦闘機の近代化改修用通信電子機器について、修理等が速やかに行われるよう適宜の処置を要求し及び是正改善の処置を求めたもの
  68. ^ F―15戦闘機の近代化改修用通信電子機器の修理等について
  69. ^ 朝雲ニュース2月21日付け 20年度防衛費重要施策を見る(5)
  70. ^ 平成23年度行政事業レビューシート
  71. ^ a b c 2011年防衛白書
  72. ^ a b c 我が国の防衛と予算 平成24年度予算の概要(防衛省公式サイト)
  73. ^ a b c 我が国の防衛と予算 平成25年度予算の概要
  74. ^ http://www.mod.go.jp/j/approach/others/service/kanshi_koritsu/h26_res/r-sheet/0044.xls
  75. ^ a b 我が国の防衛と予算 平成26年度予算の概要
  76. ^ a b 平成27年度行政事業レビューシート
  77. ^ 我が国の防衛と予算 平成27年度予算の概要
  78. ^ 平成28年度補正予算(第2次)案の概要
  79. ^ 平成29年度行政事業レビューシート
  80. ^ 平成22年度予算の概要
  81. ^ 平成24年度政策評価書 事後の事業評価 戦闘機搭載用IRST装置の開発、防衛省公式サイト
  82. ^ 技術研究本部60年史 2-4 技術開発官(航空機担当)
  83. ^ 概算要求では2機を計上していた。
  84. ^ Jウイング2014年5月号 P.80
  85. ^ “F35戦闘機の購入拡大へ 防衛省、F15の一部代替”. 日本経済新聞. (2014年1月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1100P_R10C14A1PE8000/ 2014年1月12日閲覧。 
  86. ^ a b c d e f g h i j 『最新! 航空自衛隊のすべてがわかる本 F-X完全解説&最終結論』洋泉社 p25
  87. ^ a b Federation of American Scientists :: F-15 Eagle


「F-15J (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F-15J」の関連用語

F-15Jのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

可変後退翼

二重反転ローター

編隊

T-4

戦術空中発射デコイ

ハリケーン

フォーポイントロール

フェイズドアレイレーダー





F-15Jのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-15J (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS