平壌とは? わかりやすく解説

ピョンヤン【平壌】


へいじょう〔ヘイジヤウ〕【平壌】

読み方:へいじょう

ピョンヤン


平壌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 06:49 UTC 版)

座標: 北緯39度01分55秒 東経125度45分14秒 / 北緯39.031859度 東経125.753765度 / 39.031859; 125.753765


  1. ^ 지역별 면적 (第一級行政区画の面積一覧)”. 韓国統計情報システム (2020年12月28日). 2021年10月4日閲覧。
  2. ^ Democratic People's Republic of Korea”. 国際連合. 2021年10月4日閲覧。
  3. ^ 平壌 - 朝鮮観光 (観光地)
  4. ^ 福田恵介 (2014年5月18日). “北朝鮮が「マンション崩壊」を報じた裏事情”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  5. ^ 平年値データ ピョンヤン(平壌)”. 気象庁 (2013年4月). 2013年4月2日閲覧。
  6. ^ Pyongyang, North Korea Climate Normals 1961-1990”. World Climate Home. 2013年4月1日閲覧。
  7. ^ 明治43年10月1日朝鮮総督府令第7号による。『朝鮮総督府官報』第29号p. 14(明治43年10月1日)を参照。
  8. ^ 「東洋のエルサレム」から法王招請”. agora-web.jp. 2019年3月19日閲覧。
  9. ^ 金聖甫、李信澈『写真と絵で見る北朝鮮現代史』監修:李泳采、韓興鉄訳、コモンズ東京新宿(原著2010年12月1日)。ISBN 978-48618707502018年4月30日閲覧。
  10. ^ アン・ヨンヒョン (2011年2月15日). “北朝鮮、平壌市の規模を半分に縮小 食糧事情悪化で「革命の心臓部」の規模を縮小か”. 朝鮮日報オンライン. 朝鮮日報. 2011年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  11. ^ アン・ヨンヒョン; ユン・イルゴン (2011年2月25日). “北朝鮮が平壌市の規模を半分にしたワケ 特別待遇を続けるのが困難に”. 朝鮮日報オンライン. 朝鮮日報. 2011年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  12. ^ a b 북, 미사일 산업지역 평양시 행정구역에 편입”. ラジオ・フリー・アジア (2018年3月5日). 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ 평양시 역사” [平壌市の歴史] (朝鮮語). 북한지역정보넷(北朝鮮地域情報ネット). 平和問題研究所(평화문제연구소). 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  14. ^ 平壌のイタリア料理店に行ってきました。”. js-tours.jp. js-tours.jp. 2020年8月30日閲覧。
  15. ^ 世界のサッカースタジアムランキング(サッカー専用・兼用30000人以上の481競技場)”. fifaworldranking.com. 'J calcio'. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  16. ^ a b c 朝鮮の観光案内 > ホテルのご案内”. chugai-trv.co.jp. 中外旅行社 (2017年). 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  17. ^ 호텔 - 보통강호텔(평양)” [ホテル - 普通江ホテル(平壌)] (朝鮮語). NKchosun. 조선일보 동북아연구소(朝鮮日報・北東アジア研究所). 2018年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月25日閲覧。
  18. ^ Latitude and longitude of Chongnyon Hotel In North Korea” [北朝鮮の青年ホテルの緯度と経度] (英語). Find GPS coordinates for any address or location.. latitude.to. 2018年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  19. ^ 북한지역정보넷 - 청년호텔” [北朝鮮地域情報ネット - 青年ホテル] (朝鮮語). 平和問題研究所(평화문제연구소). 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  20. ^ 朝鮮新報2017年7月31日号〈D.P.R.K〜暮らしの今 1〉平壌市民の通勤風景
  21. ^ Corfield, Justin (2013). “Sister Cities”. Historical Dictionary of Pyongyang. London: Anthem Press. p. 196. ISBN 978-0-85728-234-7. https://books.google.com/books?id=a46gFDWr3aMC&pg=PA196 



平壌市

(平壌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/25 17:49 UTC 版)

座標: 北緯39度01分55秒 東経125度45分14秒 / 北緯39.031859度 東経125.753765度 / 39.031859; 125.753765


  1. ^ 지역별 면적 (第一級行政区画の面積一覧)”. 韓国統計情報システム (2020年12月28日). 2021年10月4日閲覧。
  2. ^ Democratic People's Republic of Korea”. 国際連合. 2021年10月4日閲覧。
  3. ^ 平壌 - 朝鮮観光 (観光地)
  4. ^ 福田恵介 (2014年5月18日). “北朝鮮が「マンション崩壊」を報じた裏事情”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  5. ^ 平年値データ ピョンヤン(平壌)”. 気象庁 (2013年4月). 2013年4月2日閲覧。
  6. ^ Pyongyang, North Korea Climate Normals 1961-1990”. World Climate Home. 2013年4月1日閲覧。
  7. ^ 明治43年10月1日朝鮮総督府令第7号による。『朝鮮総督府官報』第29号p. 14(明治43年10月1日)を参照。
  8. ^ 「東洋のエルサレム」から法王招請”. agora-web.jp. 2019年3月19日閲覧。
  9. ^ 奇光舒、李信澈 著、韓興鉄 訳、監修:李泳采 編『写真と絵で見る北朝鮮現代史』コモンズ東京新宿(原著2010年12月1日)。ISBN 978-4861870750 
  10. ^ アン・ヨンヒョン (2011年2月15日). “北朝鮮、平壌市の規模を半分に縮小 食糧事情悪化で「革命の心臓部」の規模を縮小か”. 朝鮮日報オンライン. 朝鮮日報. 2011年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  11. ^ アン・ヨンヒョン; ユン・イルゴン (2011年2月25日). “北朝鮮が平壌市の規模を半分にしたワケ 特別待遇を続けるのが困難に”. 朝鮮日報オンライン. 朝鮮日報. 2011年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  12. ^ a b 북, 미사일 산업지역 평양시 행정구역에 편입(北、ミサイル産業地域を平壌市の行政区に編入)”. ラジオ・フリー・アジア (2018年3月5日). 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ 평양시 역사” [平壌市の歴史] (朝鮮語). 북한지역정보넷(北朝鮮地域情報ネット). 平和問題研究所(평화문제연구소). 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  14. ^ 北, 평양서 150㎞ 떨어진 곳을 평양市에 편입 왜?” (朝鮮語). 조선일보(朝鮮日報). 朝鮮日報ko:조선일보). 20121-01-30閲覧。
  15. ^ “조선민주주의인민공화국 최고인민회의 상임위원회 정령 제950호 주체111(2022)년 4월 14일 화성지구의 행정구역명칭을 정함에 대하여(朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会政令第950号 主体111(2022)年4月14日 和盛地区の行政区域の名称を定めることについて)”. 労働新聞. (2022年4月15日). オリジナルの2022年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/VyaGH 2022年4月17日閲覧。 
  16. ^ 平壌のイタリア料理店に行ってきました。”. js-tours.jp. js-tours.jp. 2020年8月30日閲覧。
  17. ^ 北朝鮮、南北統一の記念碑を破壊か 衛星画像で確認できずと報道”. ロイター (2024年1月24日). 2024年1月25日閲覧。
  18. ^ 世界のサッカースタジアムランキング(サッカー専用・兼用30000人以上の481競技場)”. fifaworldranking.com. 'J calcio'. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  19. ^ 朝鮮新報2017年7月31日号〈D.P.R.K〜暮らしの今 1〉平壌市民の通勤風景
  20. ^ Corfield, Justin (2013). “Sister Cities”. Historical Dictionary of Pyongyang. London: Anthem Press. p. 196. ISBN 978-0-85728-234-7. https://books.google.com/books?id=a46gFDWr3aMC&pg=PA196 



平壌(ピョンヤン市内)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 09:35 UTC 版)

マーセナリーズ」の記事における「平壌(ピョンヤン市内)」の解説

北朝鮮首都大同江中州にあり、規模がかなり小さく国連軍反乱軍巡回していることが多い。北側には、羊角島国際ホテルおぼしき建物があり、南側には巨大な病院がある。ピョンヤン中心地という扱いになっている

※この「平壌(ピョンヤン市内)」の解説は、「マーセナリーズ」の解説の一部です。
「平壌(ピョンヤン市内)」を含む「マーセナリーズ」の記事については、「マーセナリーズ」の概要を参照ください。


平壌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 22:29 UTC 版)

金史良」の記事における「平壌」の解説

帰国後、金史良郷里平壌府仁興町に落ち着いたが、表立った活動はまったくなかった。沈黙の中で、日本統治下における彼の作品活動集大成とも言うべき長編太白山脈」を執筆し1943年昭和18年)に発表する李朝末期激動期火田民呼ばれる最下層民衆太白山脈に自由の新天地求めて戦うというこの作品は、民族主義作家として金史良時局の中で選択したギリギリ抵抗所産であった。「太白山脈」は『國民文學』に連載され1943年10月完結し細かなエッセイを別とすれば彼の日本語による最後小説作品となったバイリンガル作家であった金史良の、伝奇的通俗的な武侠小説面白さはらんだこの作品は、しかし、日本語書かれる積極的な意味を見出すことができないとも言える。 しかしこの作品以降海軍見学団一員として派遣決定され時局協力差し迫ったものとなり、ルポルタージュ海軍行」から長編小説海への歌」に至るまで、激し憤り絶望感を内に秘めながら「宣伝小説」を書き統治権力への協力姿勢強めていった。いずれも朝鮮語書かれ植民地朝鮮での御用新聞ある朝鮮語版の総督府機関紙毎日申報」にて連載された。 日本語でならともかく、朝鮮語国策便乗親日的文章書いてしまったという強い挫折感から、1944年昭和19年)に入ると彼は著作活動中止し大同工業専門学校勤めてドイツ語教えた。この沈黙状態は、中国抗日地区脱出する1945年昭和20年6月頃まで続いた

※この「平壌」の解説は、「金史良」の解説の一部です。
「平壌」を含む「金史良」の記事については、「金史良」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「平壌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

平壌

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 05:25 UTC 版)

固有名詞

へいじょう朝鮮語読み평양>:ピョンヤン

  1. ピョンヤン朝鮮民主主義人民共和国西部位置する都市また、首都でもある。

翻訳


「平壌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平壌」の関連用語

平壌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



平壌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平壌 (改訂履歴)、平壌市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーセナリーズ (改訂履歴)、金史良 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの平壌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS