.luとは?

ルテチウムイオン(2+)

分子式Lu
その他の名称:ルテチウムイオン(2+)


ルテチウム

分子式Lu
その他の名称:Lutetium、Lu
体系名:ルテチウム


ルテチウムイオン(3+)

分子式Lu
その他の名称:ルテチウムイオン(3+)


ルテチウムイオン(4+)

分子式Lu
その他の名称:ルテチウムイオン(4+)


物質
ルテチウム
英語名
Lutetium
元素記号
Lu
原子番号
71
分子量
174.967
発見
1901年
原子半径(Å)
1.73
密度(g/cm3
9.84
比熱(cal/g ℃)
0.037
イオン化エネルギー(eV)
5.43


Lu

名前 ル; ルーリーリュリュィリュウルウ

.lu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 16:07 UTC 版)

.lu国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ルクセンブルクに割り当てられている。登録の際に、管理者がコンタクトを取れる状態にいることを求められる。






「.lu」の続きの解説一覧

呂紹嘉

(.lu から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:52 UTC 版)

呂 紹嘉(リュウ・シャオチャ、Lu, Shao-chia、1960年 - )は、台湾新竹県生まれ、ドイツハノーファー在住の指揮者[1]


  1. ^ 本文は以下の資料を参考にした。 1) “Shao-chia Lu’s Profile,’ Tivoli Crescendi Artists, http://www.crescendi.org/profile.php?artist=168 検索日:2012年5月28日 2) 英語、中国語版のウィキペディア。 3)「無心の歌声こそ最も美しい―指揮者 呂紹嘉」『台湾光華雑誌』(中日文版)、2008年5月、98-106頁。 4) 《音楽監督呂紹嘉》、国家交響楽団オフィシャルサイト、http://nso.ntch.edu.tw/main/redirect/category_id/22/subcat/30 検索日:2012年5月28日
  2. ^ KAJIMOTOアーティスト フィルハーモニア台湾 http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=180/
  3. ^ 「月別公演情報」、新日本フィルオフィシャルサイト、検索日:2012年5月28日 http://www.njp.or.jp/archives/category/program?meta_key=date&pr_year=2012&pr_month=12&pr_day=22
  4. ^ 東京都交響楽団 http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=636
  5. ^ NHK交響楽団 http://www.nhkso.or.jp/concert/concert_detail.php?id=278
  6. ^ 南デンマークフィルハーモニック http://sdjsymfoni.dk


「呂紹嘉」の続きの解説一覧

LU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/26 20:41 UTC 版)

LU, Lu, lu




「LU」の続きの解説一覧



.luと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.lu」の関連用語

.luのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.luのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.lu (改訂履歴)、呂紹嘉 (改訂履歴)、LU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS