.gtとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 米国企業情報 > .gtの意味・解説 

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー(NYSE:GT)

住所: 1144 East Market StreetAkron, OH 44316United States
電話: 1- (330) 796-2121
FAX: 1- (330) 796-2222
ウェブサイト: http://www.goodyear.com
業種: 耐久消費財
業界: タイヤ

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

.gt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/31 17:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.gt
施行 1992年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Universidad del Valle de Guatemala
後援組織 Universidad del Valle de Guatemala
利用地域 グアテマラに関係する団体・個人
使用状況 グアテマラである程度使われている。
登録の制限 いくつかの名詞が第二レベルに使用できない。
階層構造 数種類の第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。
関連文書 Policies
紛争解決方針 UDRP
ウェブサイト GT Domain Registry
テンプレートを表示

.gt国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、グアテマラに割り当てられている。

第二レベルドメイン

  • .com.gt: 商業機関
  • .edu.gt: 教育機関
  • .net.gt: ネットワーク。制限なし
  • .gob.gt: グアテマラ政府機関
  • .org.gt: 組織。制限なし
  • .mil.gt: グアテマラ軍
  • .ind.gt: 個人

外部リンク


GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 15:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

GT

一般

グランドツアーに由来

  • グランドツアー (grand tour) 、グランドツーリング (grand touring) 、グランツーリスモ(イタリア語 gran turismo)、グランドツアラー (grand tourer) などの略。原義は「大旅行」。
  • グランツーリスモは乗用車の種類。○○GTと記載される自動車のペットネーム。

国や地域

生物

輸送機器

組織

商品名・ブランド

作品名

その他

Gt

G.T.

gt


G.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 00:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
G.T.
坂本龍一シングル
初出アルバム『未来派野郎
A面 G.T.
B面 PAROLIBRE
リリース
規格 7インチレコード
レーベル ミディ
作詞・作曲 作詞:ピーター・バラカン
日本語原詞:矢野顕子
作曲:坂本龍一
坂本龍一 シングル 年表
ステッピン・イントゥ・エイジア
(1985年)
G.T.
(1986年)
RISKY
(1987年)
テンプレートを表示

G.T.」は、1986年にリリースされた坂本龍一のソロシングル。

収録曲

SIDE 1

  1. G.T.

SIDE 2

  1. PAROLIBRE
    • 作曲:坂本龍一
    • Vocales:Caoli Cano(Cioccolata)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.gt」の関連用語

.gtのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.gtのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gt (改訂履歴)、GT (改訂履歴)、G.T. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS