.asとは?

ひ素(As)

金属光沢があり,灰色で,鶏冠石石黄などに硫化物として含有されます。ひ酸鉛,三酸化ひ素などは殺虫剤として農薬に用いられます。 
ひ素は毒性の強い重金属で,三酸化ひ素青酸カリ並みです。慢性中毒になると神経炎脳炎肝硬変等の障害起こします。水道水のひ素許容量は,0.01mg/L以下ときめられています。 
環境基準水質)…0.01mg/L以下, 排水基準…0.1mg/L以下

AS


.as

読み方エーエス

.asとは、ONION Software社の開発したスクリプト記述言語である「HSP」(Hot Soup Processor)によって作成されたプログラムソースファイルに付く拡張子のことである。


AS


AS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ひ素

分子式As
その他の名称:Arsenic、As
体系名:ひ素


物質
ヒ素
英語名
Arsenic
元素記号
As
原子番号
33
分子量
74.92159
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
817
沸点(℃)
613
密度(g/cm3
5.73
比熱(cal/g ℃)
0.082
イオン化エネルギー(eV)
9.81
電子親和力(eV)
0.8


As

ヒ素 (元素、As)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヒ素 (As)

光沢のある灰色元素で、元素記号は「As」、原子番号33原子量75である。宇宙全体存在しほとんどは金属ヒ素の形態である。ヒ素を含むほとんどの化合物毒性がある。4th Annual Report on Carcinogens (NTP 85-002, 1985)には、ヒ素やヒ素化合物発がん性物質としてあげられている。(Merck Index, 11th ed)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


砒素(As)

砒素の地殻中の存在量は1.8mg/kgで多く硫化物として産出します。海水中には2μg/リットル程度含まれていますが、一般河川にはあまり含まれていません。しかし、温泉水など火山地帯地下水には数十mg/リットル高濃度で含まれていることがあります。砒素は昔から毒薬として知られてきましたが、現在では半導体原料医薬品農薬防腐剤など広く利用されています。人体への影響としては、皮膚の色素沈着下痢便秘等があります砒素中毒による事故としては、乳分の安定剤への砒素混入原因とされる森永砒素ミルク事件昭和30年)がありますまた、鉱山操業時の環境汚染原因とされる慢性砒素中毒宮崎県土呂久鉱山及び島根県笹ヶ谷鉱山周辺地区発生しています。環境基準値は、「0.01mg/リットル以下」と定められています。

As

名前 アスアッス

.as

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 19:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.as
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 AS Domain Registry
後援組織 AS Domain Registry
利用地域 アメリカ領サモアに関連する団体・個人
使用状況 様々な用途に使われ、大半はアメリカ領サモアと関係ないサイト
登録の制限 ポルノや人種差別的サイトのドメイン利用は認められない可能性がある。レジストリには申請を拒否する権利がある。
階層構造 直接第二レベルドメインに登録することが認められている。
関連文書 レジストリの方針
紛争解決方針 UDRP
ウェブサイト AS Domain Registry
テンプレートを表示

.as国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、アメリカ領サモアに割り当てられている。AS Domain Registryが管理している。

登録に国籍などの条件はなく、誰でも.asドメインの登録が可能なため、アメリカ領サモアと関係のない企業・団体・個人も使用している。"AS"とか"A/S"はノルウェーデンマークを含むいくつかの国々で合資会社を意味するため、このTLDはそのような企業が取得している。"As"は英単語でもあるので、ドメインハックの動機付けになるかもしれない(pass.asなど参考)。また、スペインアストゥリアス州関連のサイトも使用している。

外部リンク


AS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/05 02:40 UTC 版)

ASAsas

記号

正式名称

略語・略称

一般名詞

固有名詞

コード・形式名

フィクションのことがら

他の記号等を付して用いられるもの

A's

.as

関連項目


ŽOSウルートキ

(.as から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/10 20:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ŽOSウルートキ株式会社
ŽOS Vrútky a.s.
種類 株式会社
本社所在地 スロバキア
ジリナ県マルチン郡ウルートキ市ジエレンスカークルジュナー通り2番地
設立 1994年9月30日
事業内容 輸送用機器
代表者 ペテル・マレツ(取締役会長)
外部リンク http://www.zos-vrutky.sk
テンプレートを表示
ZSSK425.95系電車
ZSSK861系ディーゼル動車
ZSSK Bdmpeer形高速用二等客車

ŽOSウルートキ株式会社(スロバキア語:ŽOS Vrútky, a.s.)は、スロバキアジリナ県マルチン郡ウルートキ市の大手鉄道車両製造企業である。

概要

スロバキア国鉄ウルートキ鉄道検修工機支社(Odštepný závod Železničné opravovne a strojárne Vrútky)[1]1994年9月30日に分離民営化して発足した[2]

国内最大の鉄道車両メーカーで、国鉄系鉄道事業者である鉄道企業体スロバキアを中心に高速用客車、近郊輸送用電車およびディーゼル動車の新製を手がけているほか、電気機関車を中心に鉄道企業体スロバキアおよび鉄道企業体カーゴ・スロバキアの機関車、電車、客車の検修を手がけている。

2000年以降、積極的に鉄道車両の国産化に取り組み、スロバキア国鉄425.95系電車(2000年製造初年)、鉄道企業体840系ディーゼル動車(2003年製造初年)ではスタッドラー(スイス)、ダイムラークライスラー・レールシステム(アドトランツ、ドイツ)および同社を買収したボンバルディアトランスポーテーション(ドイツ)との共同企業体で製造を受注。2011年製造開始の鉄道企業体スロバキア861系ディーゼル動車では、気動車の純国産化を果たした。また、老朽客車の置換用として鉄道企業体スロバキアが増備を続けているインターシティなどの高速用客車の新製も行っている。

歴史

ハンガリー国営鉄道時代の1874年に開設された蒸気機関車および客貨車の検修工場を前身とする[3]。のちチェコスロバキア国鉄ウルートキ鉄道工場となり、1960年1月には蒸気機関車の検修業務を終了して電気機関車の検修工場となった[3]。1980年代にかけて施設増強と近代化が推進された。1987年の鉄道検修工機事業分離ではズヴォレン、トルナヴァとともにスロバキア域内の3鉄道検修工機支社の1社として独立採算制に移行した。

脚注

  1. ^ Výpis z Obchodného registra Okresného súdu Bratislava I: Pš 256/B スロバキア共和国法務省
  2. ^ Výpis z Výpis z Obchodného registra Okresného súdu Žilina: Sa 225/L スロバキア共和国法務省
  3. ^ a b Company´s history ŽOSウルートキ株式会社

関連項目




.asと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.asのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.asのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2020 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.asの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2020 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.as (改訂履歴)、AS (改訂履歴)、ŽOSウルートキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS