.asとは? わかりやすく解説

as

読み方:アズ

「as」とは・「as」の意味の詳しい解説

「as」とは、「~と同じくらい」といった意味をもつ接続詞、あるいは「~の時に」といった意味を持つ前置詞として用いられる英単語である。

接続詞として「as」は以下のような意味をもつ
~と同じくらい
・~する時、~しながら(時を表す)
・~ので、~だから(原因・理由を表す)
~のように、~のような様態を表す)
~につれて(比例を表す)
・~だけれども譲歩を表す)

前置詞としての「as」は以下のような意味を持つ。
~のよう
・~の時に
~として

副詞としての「as」は「同じくらいという意味を持つ。また、関係代名詞としての「as」は「~のようなという意味を持つ。最後に名詞としての「as」は、古代ローマ流通していた硬貨の名前、IT用語の「Autonomous System自律システム)」の略称として用いられることがある

多義語「as」の意味の見分け方

「as」はひとつで複数の意味を持つ多義語である。見分け方ポイントとしては、次のように分類するとよい。第一に「asの次に主語述語文章が続く場合」は「接続詞としてのas」となる。なお「~だから・~ので」と原因・理由を示す接続詞「as」の場合、文頭にしかおけない。第二に「asの次に名詞が続く場合」は「前置詞としてのas」となる。

ただし、「as」は「as soon as」など慣用句・熟語として用いられることも多い。そういった特有の表現について一つずつ覚えていく必要がある

「as」の読み方・発音

「as」の発音記号は「ǽz」である。カタカナ読みをする場合アス」である。

「as」の語源

「as」の語源は、西ゲルマン祖語の「allswa(完全にまさしく同じ)」という言葉にある。現代英語の「also」も同様の祖先をもつため、親戚のような関係性がある。

「as」の使い方・例文

・As she entered the room, she was crying.:彼女が部屋入ってきた時、泣いていた。
She is as tall as I.彼女は私と同じくらい背が高い
As it is Sunday today , my father's work is off.:日曜日なので、お父さん仕事休みです。
・As time passed, the situation got worse.:時間が経つにつれ、状況悪くなっていった
・As you are young, you are full of knowledge.:あなたは若いけれども、知識が豊富だ。
・I respect him as our boss.:私は彼を上司として尊敬している。

「as」を含む熟語・言い回し

「as well as」の意味・例文


as well as」は「~と同じくように」という意味を持つ熟語である。「A as well as B」と用いることで「AもBも」「AおよびB」「BだけでなくAも」といった意味を示す
I've been to Paris as well as Melbourne. : 私はパリにもメルボルンにも行ったことがあります

「as long as」の意味・例文


「as long as」とは、「長さ~と同じくらいで」「~さえすれば」「~である限り」「科の間は」「~もの長い間」といった意味を持つ熟語である。
This smartphone can work as long as 12 hours when powered by internal battery. : このスマートフォン内蔵バッテリ12時間作動する

「as far as」の意味・例文


「as far as」とは、「~の範囲においては」「~に関す限りは」「~のところまで」「~はるか昔の」といった意味を持つ熟語である。
As far as I know, she didn’t seem angry at all.:私の知る限り彼女は一切怒ってないようだった。

「as well」の意味・例文


as well」とは、「なお」「おまけに」「~した方がいい」「むしろ都合のよいことだ」「同じに」といった意味を持つ熟語である。
That's just as well. : むしろ都合がいい

「as for」の意味・例文


「as for」とは、「~に関して言えば」「~としては」といった意味を持つ熟語である。
As for me, I like the books. : 私としては、あの本が好きだ。

「as if」の意味・例文


as if」とは、「まるで~であるかのように」「~のように」といった意味を持つ熟語である。また、日常会話としては「~みたい感じと言付け加える時などに用いられることがある
Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.:明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい。

「as of」の意味・例文


「as of」とは、「~現時点で」「~を基準としてそれ以降は」といった意味を持つ熟語である。
Bus fares were revised as of May 30.:5月30日付けバス運賃改定された。

「as much as」の意味・例文


「as much as」とは、「~と同じ量のもの」「~ではあるが」といった意味を持つ熟語である。
Eat as much as you like. : 好きなだけ召し上がれ

「as soon as」の意味・例文


as soon as」とは、「~するとすぐに」といった意味を持つ熟語である。末尾に「possible」をつけて「as soon as possible」とすることで、「できるだけ早くという意味になる。更に頭文字のみをとって「ASAP」と表現するケースもある。
I'll let you know as soon as I get more information.:詳細分かり次第あなたに知らせましょう

エー‐エス【AS】

読み方:えーえす

Anglo-Saxon》⇒アングロサクソン


エー‐エス【AS】

読み方:えーえす

Asperger syndrome》⇒アスペルガー症候群


エー‐エス【AS】


エー‐エス【AS】

読み方:えーえす

autonomous system》⇒自律システム


ひ素(As)

金属光沢があり,灰色で,鶏冠石石黄などに硫化物として含有されます。ひ酸鉛,三酸化ひ素などは殺虫剤として農薬用いられます。 
ひ素は毒性の強い重金属で,三酸化ひ素青酸カリ並みです。慢性中毒になると神経炎脳炎肝硬変等の障害起こします水道水のひ素許容量は,0.01mg/L以下ときめられています。 
環境基準水質)…0.01mg/L以下, 排水基準…0.1mg/L以下

物質名
ヒ素
英語名
Arsenic
元素記号
As
原子番号
33
分子量
74.92159
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
817
沸点(℃)
613
密度(g/cm3
5.73
比熱(cal/g ℃)
0.082
イオン化エネルギー(eV)
9.81
電子親和力(eV)
0.8


As

ヒ素 (元素、As)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヒ素 (As)

光沢のある灰色元素で、元素記号は「As」、原子番号33原子量75である。宇宙全体に存在しほとんどは金属ヒ素の形態である。ヒ素を含むほとんどの化合物毒性がある。4th Annual Report on Carcinogens (NTP 85-002, 1985)には、ヒ素やヒ素化合物発がん性物質としてあげられている。(Merck Index, 11th ed)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


As

名前 アスアッス

.as

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 06:39 UTC 版)

.as国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、アメリカ領サモアに割り当てられている。AS Domain Registryが管理している。




「.as」の続きの解説一覧

AS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 09:08 UTC 版)

ASAsas




「AS」の続きの解説一覧

AS(アーティフィシャル・セルフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 17:07 UTC 版)

フレームアームズ」の記事における「AS(アーティフィシャル・セルフ)」の解説

FAガール人工自我マスター関わることにより感情学習していく。開発段階であり、市販品には搭載されていない

※この「AS(アーティフィシャル・セルフ)」の解説は、「フレームアームズ」の解説の一部です。
「AS(アーティフィシャル・セルフ)」を含む「フレームアームズ」の記事については、「フレームアームズ」の概要を参照ください。


AS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 07:29 UTC 版)

全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」の記事における「AS」の解説

回年度JOC32 2009 計盛光 33 2010 小俣真乃 34 2011 泉智果子 35 2012 田崎明日花 36 2013 田崎明日花 37 2014 田崎明日花 38 2015 田崎明日花 39 2016 大屋希良々 40 2017 安永真白 41 2018 計盛その後ボートレーサーとして他のスポーツ転向している。

※この「AS」の解説は、「全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」の解説の一部です。
「AS」を含む「全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」の記事については、「全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」の概要を参照ください。


AS(アンチストレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 07:04 UTC 版)

ワルサーP99」の記事における「AS(アンチストレス)」の解説

初弾発射後は普通のシングル/ダブルアクションだが、初弾装填時には引き金の動く幅がダブルアクション作動シングルアクションという状態になる。この状態は「ロングストロークシングルアクション」と呼ばれる引き金の動く幅が大きくなることで、極度の緊張時に不意の物音などで射手人差し指思わ動き暴発させてしまうのを防ぐ働きがある

※この「AS(アンチストレス)」の解説は、「ワルサーP99」の解説の一部です。
「AS(アンチストレス)」を含む「ワルサーP99」の記事については、「ワルサーP99」の概要を参照ください。


AS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 09:26 UTC 版)

計盛光」の記事における「AS」の解説

2006年 関西選手権水泳競技大会 ジュニアの部ソロ 優勝 第29回全国JOCジュニアオリンピックカップ 1012歳の部ソロ部門 優勝 2008年 クリスマスプライズプラハ2008 ソロ部門 優勝デュエット部門 優勝 2009年 アジアエージグループ選手権 ソロ部・フィギュア部門・チーム部門 優勝 ジュニアオリンピック大会 ソロ1315歳の部門 優勝デュエット1315歳の部門 優勝 2011年 第66回国民体育大会おいでませ!山口国体デュエット部門 優勝 2012年 日本シンクロチャレンジカップデュエット部門 優勝 世界ジュニア選手権大会 ソロ部門デュエット部門チーム部門 準優勝。フリーコンビネーション部門 4位 シンクロナイズドスイミング日本代表マーメイドジャパン選出 2013年 第89回日本選手権フリーコンビネーション部門 優勝フリールーティーン部門 準優勝 2013年世界水泳選手権シンクロナイズドスイミング部門ソロ 4位 2014年 第90回日本選手権水泳競技大会テクニカルルーティーン チーム 優勝 FINAシンクロワールドカップ準優勝

※この「AS」の解説は、「計盛光」の解説の一部です。
「AS」を含む「計盛光」の記事については、「計盛光」の概要を参照ください。


as

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 16:39 UTC 版)

関係詞」の記事における「as」の解説

限定(制限)用法では、such + 名詞、the same + 名詞先行詞にとり、相関的用いられる非限定(非制限継続)用法では、文全体修飾する

※この「as」の解説は、「関係詞」の解説の一部です。
「as」を含む「関係詞」の記事については、「関係詞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.as」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「AS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.asと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.asのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.asのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.asの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.as (改訂履歴)、AS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフレームアームズ (改訂履歴)、全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会 (改訂履歴)、ワルサーP99 (改訂履歴)、計盛光 (改訂履歴)、関係詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS