.asとは?

ひ素(As)

金属光沢があり,灰色で,鶏冠石石黄などに硫化物として含有されます。ひ酸鉛,三酸化ひ素などは殺虫剤として農薬に用いられます。 
ひ素は毒性の強い重金属で,三酸化ひ素青酸カリ並みです。慢性中毒になると神経炎脳炎肝硬変等の障害起こします。水道水のひ素許容量は,0.01mg/L以下ときめられています。 
環境基準水質)…0.01mg/L以下, 排水基準…0.1mg/L以下

AS


.as

読み方エーエス

.asとは、ONION Software社の開発したスクリプト記述言語である「HSP」(Hot Soup Processor)によって作成されたプログラムソースファイルに付く拡張子のことである。


AS


AS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ひ素

分子式As
その他の名称:Arsenic、As
体系名:ひ素


物質
ヒ素
英語名
Arsenic
元素記号
As
原子番号
33
分子量
74.92159
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
817
沸点(℃)
613
密度(g/cm3
5.73
比熱(cal/g ℃)
0.082
イオン化エネルギー(eV)
9.81
電子親和力(eV)
0.8


As

ヒ素 (元素、As)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヒ素 (As)

光沢のある灰色元素で、元素記号は「As」、原子番号33原子量75である。宇宙全体存在しほとんどは金属ヒ素の形態である。ヒ素を含むほとんどの化合物毒性がある。4th Annual Report on Carcinogens (NTP 85-002, 1985)には、ヒ素やヒ素化合物発がん性物質としてあげられている。(Merck Index, 11th ed)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


砒素(As)

砒素の地殻中の存在量は1.8mg/kgで多く硫化物として産出します。海水中には2μg/リットル程度含まれていますが、一般河川にはあまり含まれていません。しかし、温泉水など火山地帯地下水には数十mg/リットル高濃度で含まれていることがあります。砒素は昔から毒薬として知られてきましたが、現在では半導体原料医薬品農薬防腐剤など広く利用されています。人体への影響としては、皮膚の色素沈着下痢便秘等があります砒素中毒による事故としては、乳分の安定剤への砒素混入原因とされる森永砒素ミルク事件昭和30年)がありますまた、鉱山操業時の環境汚染原因とされる慢性砒素中毒宮崎県土呂久鉱山及び島根県笹ヶ谷鉱山周辺地区発生しています。環境基準値は、「0.01mg/リットル以下」と定められています。

As

名前 アスアッス

.as

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/25 22:31 UTC 版)

.as
アメリカ領サモアの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 AS Domain Registry
後援組織 AS Domain Registry
利用地域 アメリカ領サモアに関連する団体・個人
使用状況 様々な用途に使われ、大半はアメリカ領サモアと関係ないサイト
登録の制限 ポルノや人種差別的サイトのドメイン利用は認められない可能性がある。レジストリには申請を拒否する権利がある。
階層構造 直接第二レベルドメインに登録することが認められている。
関連文書 レジストリの方針
方針 UDRP
ウェブサイト AS Domain Registry
テンプレートを表示

.as国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、アメリカ領サモアに割り当てられている。AS Domain Registryが管理している。

登録に国籍などの条件はなく、誰でも.asドメインの登録が可能なため、アメリカ領サモアと関係のない企業・団体・個人も使用している。"AS"とか"A/S"はノルウェーデンマークを含むいくつかの国々で合資会社を意味するため、このTLDはそのような企業が取得している。"As"は英単語でもあるので、ドメインハックの動機付けになるかもしれない(pass.asなど参考)。また、スペインアストゥリアス州関連のサイトも使用している。

外部リンク


鉄道企業体カーゴ・スロバキア

(.as から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 11:04 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
鉄道企業体カーゴ・スロバキア株式会社
Železničná spoločnosť Cargo Slovakia, a.s.
131 068-9, Польша, Малопольское воеводство, перегон Буковно - Олькуш (Trainpix 213854).jpg
ZSSK Cargo 131形直流電気機関車
PKPポーランド鉄道路線網ブコヴノ-オルクシュ間)
種類 株式会社
略称 ZSSK Cargo / ZSCS / ZSSKC
本社所在地 スロバキアの旗 スロバキア
ブラチスラヴァ市ドリエニョヴァー通り24番地
設立 2005年1月1日
業種 陸運業
事業内容 スロバキア国鉄線における貨物鉄道事業
代表者 マテイ・アウグスティーン(取締役社長)
(Matej Augustín)
資本金 121億スロバキアコルナ
(2008年12月期)
売上高 138億8,700万スロバキアコルナ
(2008年12月期)
総資産 237億1,200万スロバキアコルナ
(2008年12月期)
従業員数 10,448人
(2008年12月期)
主要株主 スロバキア共和国政府(100%)
(運輸建設地域開発省所管)
外部リンク http://www.zscargo.sk/
テンプレートを表示

鉄道企業体カーゴ・スロバキア株式会社(スロバキア語:ZSSK Cargo / ZSCS / ZSSKC, Železničná spoločnosť Cargo Slovakia, a.s.)は、スロバキアの国有企業。2002年スロバキア国鉄(ŽSR)の列車運行事業を継承した鉄道企業体株式会社(スロバキア語:ZSSK, Železničná spoločnosť, a.s.)の再分社化(2005年1月1日)にともない、同社の貨物列車運行事業を継承している。

概要

鉄道企業体カーゴ・スロバキア本社
東部スロバキアとチェコ・オストラヴァ間の重貨物列車用として1980年から投入された131形直流電気機関車は全50両(ユニット)が鉄道企業体カーゴ・スロバキアに承継され、スピシュスカー・ノヴァー・ヴェス機関区(コシツェ県)に集中配置されている
広軌用の125.8形電気機関車が重連で牽引するウクライナ・ウジホロド-USスチールコシツェ間広軌線直通鉄鉱石列車(2015年

鉄道企業体株式会社(旧ZSSK)の貨物部門売却に備えて2005年1月1日に行われた再分社化に伴い、同社の貨物鉄道事業を継承し民間に売却することを目的に発足した国有の株式会社である。2005年12月現在の職員数は1万1856人。列車運行事業を行う鉄道事業体としては国内最大の企業である。

国内の貨物列車運行事業のほか、貨物自動車輸送、貨車のレンタル、車両保守事業などを行い、鉄道企業体スロバキア所属の車両検修も受託している。またウクライナとの国境駅チエル・ナッ・チソウ駅およびマチョウツェ駅の2か所にある「東部スロバキア積替ヤード」(VSP :Východoslovenské prekladiská)で、ウクライナなど旧ソ連方面の広軌線列車と欧州の標準軌線列車との間の貨物積み替え業務を行っている。

2008年の貨物輸送実績は4452万5000トンで、世界金融危機にともなう景気減速の影響を受け当初の計画を7.5%下回った。輸入貨物は1679万トン(当初計画比89.2%)、通過貨物1199万6000トン(同100.1%)、輸出貨物1028万トン(同89.7%)、国内貨物545万9000トン(同93.2%)であった[1]

取り扱い貨物はウクライナ産を中心とした鉄鉱石が1238万トンともっとも多く、次いでその他金属類(740万7000トン)、石炭(737万2000トン)である。2009年8月には、ウクライナマフィアによるタバコ密輸阻止のため、スロバキア税関が行っているウクライナ鉄道(ウクライナ国鉄)の貨物列車に対するX線照射検査が、機関車乗務員への深刻な健康問題を引き起こす可能性があるとして、ウクライナ側がZSSKCargoなどとの国際貨物列車運行を一時的に停止する問題が発生した。

また世界金融危機による影響緩和のため、2009年に1億6600万ユーロの政府融資を受けたが、貨物需要の落ち込みが続き返済困難な状況に陥り、2011年に政府に対し返済繰り延べを要請した。また2012年1月までに全職員の2割にあたる1800人を段階的に解雇する大規模合理化策を決めるとともに、2011年5月から6月にかけ、貨物取り扱いを廃止する国鉄駅計91駅のリストを発表した。

スロバキア国内ではほかに、ブラチスラヴァ地域鉄道線企業体(BRKS、2011年倒産)、USスチールコシツェ(旧・東スロバキア製鉄所)、LTEスロバキア(オーストリア企業)などの民間企業が貨物列車運行事業に進出している。

民間売却方針の凍結と再開

ズリンダ政権は2005年8月にZSSK Cargo売却の第一次入札を実施した。2006年2月に行った最終入札には米国系Cargo Central Europa、ハンガリー国鉄(MÁV)系Carpathian Cargo、オーストリア国鉄(ÖBB)系Rail Cargo Austriaの3コンソーシアムが参加し、Rail Cargo Austriaが事実上落札した。政府は売却益を150億~200億スロバキアコルナと見込んでいたが、同年6月の総選挙でズリンダ政権が退陣したことを受け、売却は凍結された。

その後2007年10月に新たにチェコ鉄道の貨物子会社ČDカーゴ(ČD Cargo)が入札に参入。歴史的経緯から他の事業体と比較して鉄道企業体カーゴ・スロバキアとの共通性が極めて高いため、両国の貨物鉄道事業の国際競争力を維持できる選択肢として、運輸郵政通信省はČD Cargoへの売却に前向きの姿勢を示したが、スメルと連立政権を組んでいる旧政権党の人民党・民主スロバキア運動(ĽS-HZDS)が反対し実現しなかった。その後政府は、2012年末をめどに国有持株会社を新設し、スロバキア国鉄と鉄道企業体カーゴ・スロバキア、鉄道企業体スロバキアの3事業体を再統合する方針を示していた。

しかし2010年の政権交代後、政府はZSSK Cargoの経営改善には不可避だとして、再び民間売却を実施する方針を決めた。

保有車両

すべてスロバキア国鉄から継承したチェコスロバキア国鉄時代の車両およびその更新車である。2007年現在の標準軌用機関車は、電気機関車238両(直流機134両、交流機81両、交直流機23両)、ディーゼル機関車439両(電気式416両、液体式23両)。広軌用機関車は、電気機関車21両(すべて重連形)、ディーゼル機関車23両(すべて電気式)である。

列車種別

ZSSK Cargoが運行する貨物列車の列車種別は次の通り。

  • Expresný nákladný vlakNex, 急行貨物列車)
    列車重量の大きい拠点間大量輸送の速達貨物列車。
  • Priebežný nákladný vlakPn, 直行貨物列車)
    着発駅間を直行する貨物列車。
  • Manipulačný vlakMn, 車扱列車)
    着発駅間の中間駅に停車して荷役を行う貨物列車。ŽSR時代はこのほか、貨車の組成入換を伴うPrestavovací vlak(PV, 入換列車)の種別も存在したが、2001年に車扱列車に統合され種別消滅。
  • Vlečkový vlakVleč, 分岐列車)
    貨物列車から分解された貨車を貨物専用線引き込み線などに移動する列車。
  • Rušňový vlakRv, 機関車列車)
    機関車のみを単機または重連で回送する列車。

関連項目

脚注

  1. ^ "VÝROČNÁ SPRÁVA 2008 Železničná spoločnosť Cargo Slovakia, a.s." 鉄道企業体カーゴ・スロバキア株式会社、2009年。

外部リンク


AS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/05 02:40 UTC 版)

ASAsas

記号

正式名称

略語・略称

一般名詞

固有名詞

コード・形式名

フィクションのことがら

他の記号等を付して用いられるもの

A's

.as

関連項目




.asと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

.asのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.asのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2018 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.asの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2018 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.as (改訂履歴)、鉄道企業体カーゴ・スロバキア (改訂履歴)、AS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS