引き金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 金具 > 引き金の意味・解説 

ひき‐がね【引(き)金】

読み方:ひきがね

小銃ピストルなどの、指で引く発射装置金具

ある事態引き起こす直接の原因きっかけ。「授業料値上げが—となって大学紛争起こった

「引金」に似た言葉

引き金

作者うすいたかし

収載図書ショートストーリー召し上
出版社郁朋社
刊行年月1997.11


引き金

作者チャールズ・ボーモント

収載図書夜の旅その他の
出版社早川書房
刊行年月2006.7
シリーズ名異色作家短篇集


引き金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/22 02:20 UTC 版)

引き金(ひきがね)




「引き金」の続きの解説一覧

引き金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 16:06 UTC 版)

ブラック・ホーク戦争」の記事における「引き金」の解説

条約割譲された土地にはソークヌクの集落含まれていたが、ブラック・ホーク酋長土地売却認めず、この集落に留まっていようと決心した。 ケオククやアメリカ当局反対にかかわらずブラック・ホーク集団1830年冬の狩り後はソークヌクに戻った1年間緊張状態の後、ブラック・ホーク達は1831年にも再びソークヌクに戻ったので、イリノイ知事ジョン・レイノルズは「国土侵犯」と宣言したブラック・ホーク酋長達にしてみれば白人要求理解不能だった。 レイノルズ知事要請応え、エドムンド・ペンデルトン・ゲインズ将軍セントルイスから軍隊率いてソークヌクに到着しブラック・ホーク即刻退去要求した調停者であるブラック・ホーク酋長は一旦これを拒んだが、6月25日レイノルズ召集した民兵1,400名も加わって脅し掛けられたので、流血沙汰避けミシシッピ川の西戻った6月30日ブラック・ホークブリティッシュ・バンド酋長達は降伏同意書無理やり署名させられ故郷戻らずミシシッピ川の西に留まることを約束させられた。 1832年4月5日、ケオククたちとブラック・ホークたちが対立しブラック・ホークら「ブリティッシュ・バンド」1,000名がイリノイ戻った。 ホーチャンク族(ウィインネバーゴ族)のワボキエシエクは、ブラック・ホークにホーチャンク族の支援約束して戦争の勃発関わることになったとされているが、実際にはワボキエシエクは自分の部族擁護していただけだった。またソーク族のニーポープ酋長が、英国イリノイ他の部族ブラック・ホークらの支援の用意がある実際は無かった)とブラック・ホーク伝えたことも彼らの故郷へ帰還つながった。 ヘンリー・アトキンソン名誉准将戦争遂行任務与えられた連邦政府当局ソーク族フォックス族酋長と共にブラック・ホークとその集団ミシシッピ川の西への撤退命じたが、ブラック・ホーク達は拒否してそこを離れなかった。 その後間もなくブラック・ホークはホーチャンク族とポタワトミ族協議し、ニーポープが言うような、イリノイミシガンインディアン部族イギリス軍ブラック・ホーク達を助け意思がないことを知った5月10日イリノイ州民兵が、ブラック・ホークブリティッシュ・バンドアイオワ帰る決断をしたと聞いて預言者焼いたその後の「スティルマンズ・ラン」事件がその帰国妨げブラック・ホーク戦争始まった。.

※この「引き金」の解説は、「ブラック・ホーク戦争」の解説の一部です。
「引き金」を含む「ブラック・ホーク戦争」の記事については、「ブラック・ホーク戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「引き金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

引き金

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:54 UTC 版)

和語の漢字表記

ひきがね

  1. ひきがね 参照

「引き金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



引き金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

引き金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



引き金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引き金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラック・ホーク戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの引き金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS