.saとは? わかりやすく解説

エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

store automation小売店舗自動化POSシステム導入などにより、店舗内の設備機器連動させ、店舗運営自動化省力化を図ること。


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

《(フランス)société anonyme》フランス語で、株式会社例えば、フランス自動車会社ルノーRenault S.A.と書く。


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

systems analysisシステム分析経営工学の用語。


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

shop automation会社工場などの作業製造現場オートメーション


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

South America南米


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

South Africa南アフリカ共和国


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

Salvation Army》⇒救世軍


エス‐エー【SA】

読み方:えすえー

service area》⇒サービスエリア


エス‐エー【SA】


サリチル酸

分子式C7H6O3
その他の名称サリシル酸、Salicylic acid、2-Hydroxybenzoic acidRetarder W、SAX、SA、o-Hydroxybenzoic acid、NSC-180、2-Hydroxybenzenecarboxylic acidスピール膏、Speel Plaster
体系名:2-ヒドロキシベンゼンカルボン酸、サリチル酸、o-ヒドロキシ安息香酸2-ヒドロキシ安息香酸


Sa

名前 サ; サー

.sa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 06:25 UTC 版)

.sa国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、サウジアラビアに割り当てられている。






「.sa」の続きの解説一覧

SA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 04:45 UTC 版)

SASasa




「SA」の続きの解説一覧

S・A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 02:32 UTC 版)

S・A』(スペシャル・エー)は、南マキによる日本少女漫画作品。


  1. ^ 唯一彗だけが美味しいと言った。
  2. ^ アニメでは次回予告を担当。
  3. ^ 光には20代後半だと思われていた。


「S・A」の続きの解説一覧

テレフォニカ

(.sa から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:00 UTC 版)

テレフォニカ西: Telefónica, S.A.)は、スペインマドリードに本拠を置く大手通信事業者。スペインおよびスペイン語圏のラテンアメリカ諸国で最大の通信事業者であり、イギリスドイツアメリカ合衆国などでも事業を展開している。マドリード証券取引所ロンドン証券取引所ニューヨーク証券取引所上場企業(BMADTEFLSETDENYSETEF)。


  1. ^ Tef- Terra merger closing” (英語). Trustnet (2005年7月15日). 2017年1月3日閲覧。
  2. ^ Telefonica bids £18bn for UK's O2” (英語). 英国放送協会 (2005年10月31日). 2017年1月3日閲覧。
  3. ^ テレフォニカ、ハチソンへのO2売却で合意”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年3月25日). 2017年1月3日閲覧。
  4. ^ 英当局、O2とスリーの合併阻止求める”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年4月12日). 2017年1月3日閲覧。
  5. ^ EU:ハチソン英通信子会社のO2買収を阻止-競争妨げるとの懸念”. ブルームバーグ (2016年5月11日). 2017年1月3日閲覧。
  6. ^ 中国聯通とテレフォニカ 中国に合弁会社を設立 ビッグデータ関連サービスを提供”. 週刊BCN+ (2016年1月21日). 2017年1月3日閲覧。
  7. ^ NECとテレフォニカ、vCPEソリューションの商用化に向けた共同実証実験”. マイナビニュース (2013年10月15日). 2017年1月3日閲覧。
  8. ^ NEC、テレフォニカがvCPE実証実験に成功、商用化に道筋”. ZDNet Japan (2016年6月23日). 2017年1月3日閲覧。


「テレフォニカ」の続きの解説一覧

SA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 09:51 UTC 版)

Sロケット」の記事における「SA」の解説

全て1963年3回のみ打ち上げられた。 仕様諸元 到達高度: 50 km. 総重量: 100 kg 直径:0.16 m 全長: 2.8 m

※この「SA」の解説は、「Sロケット」の解説の一部です。
「SA」を含む「Sロケット」の記事については、「Sロケット」の概要を参照ください。


SA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 02:58 UTC 版)

ペリカンロード」の記事における「SA」の解説

FHHメンバー溜り場

※この「SA」の解説は、「ペリカンロード」の解説の一部です。
「SA」を含む「ペリカンロード」の記事については、「ペリカンロード」の概要を参照ください。


Sa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Sa」の解説

ルイ・ミシェル・アントワーヌ・サユック(フランス語版)(Louis Michel Antoine Sahuc、1755年-1813年) - 中将。【7列】 ジャン・ジョセフ・フランソワ・サユゲ・ダマルジ・ド・ラロシュ(フランス語版)(Jean Joseph François Léonard Sahuguet、1756年-1802年) - 中将。【34列】 サン=シール・ニュゲ(フランス語版)(Saint-Cyr Nugues、1774年-1842年)、Cyr Nuguesと記。 - 将軍。【39列】 ジレ・ジョセフ・マルタン・ブリュヌトー(フランス語版)(Gilbert Joseph Martin Bruneteau de Sainte-Suzanne、1760年-1830年) - 中将。【14列】 ジャン・マリー・ノエル・デリスル・ド・ファルコン・ド・サン=ジェニーフランス語版)(Jean Marie Noël Delisle de Falcon de Saint-Geniès、1776年-1836年) - 将軍。【22列】 アントワーヌ・ルイ・デクレ・ド・サン=ジャルメン(フランス語版)(Antoine Louis Decrest de Saint-Germain1761年-1835年) - 中将。【1列】 ルイ・シャルル・ヴァンサン・ル・ブロン・ド・サンティリエール(フランス語版)(Louis Charles Vincent Le Blond de Saint-Hilaire1766年-1809年) - 中将アスペルン・エスリンクの戦い砲撃により致命傷負った。【25列】 ルイ・ジョセフ・オーギュスト・サン=ローランフランス語版)(Louis Joseph Auguste Saint-Laurent1763年-1832年) - 中将。 【27列】 レイモン・ガスパール・ド・ボナルディ・ド・サン=スルピスフランス語版)(Raymond Gaspard de Bonardi de Saint-Sulpice1761年-1835年)- 中将。【31列】 シャルル・サリニー・ド・サン=ジェルマノ(フランス語版)(Charles Saligny、1772年-1809年) - 中将。【36列】 ジャン=バティスト・サルム(フランス語版)(Jean-Baptiste Salm1766年-1811年) (noté Salme)、「François Salme」と記。 - 少将タラゴナ攻囲中に戦死。【38列】 ニコラ・アントワーヌ・サンソン(フランス語版)(Nicolas Antoine Sanson1756年-1824年) - 中将。 【21列】 ジャック=トマ・サリュ(フランス語版)(Jacques-Thomas Sarrut、1765年-1813年) - 中将ビトリアの戦い致命傷負った。 【21列】 ピエール・フランソワ・ソーレ・ド・ラ・ボリー(フランス語版)(Pierre François Sauret de la Borie1742年-1818年)、「Sauret」と記。 - 中将。【35列】 アン・ジャン・マリー・ルネ・サヴァリー(フランス語版)(Anne Jean Marie René Savary1774年-1833年) - 中将警察大臣。 【14列】

※この「Sa」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Sa」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.sa」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「 SA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.sa」に関係したコラム

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.saのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.saのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2022 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sa (改訂履歴)、SA (改訂履歴)、S・A (改訂履歴)、テレフォニカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSロケット (改訂履歴)、ペリカンロード (改訂履歴)、エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS