.ioとは?

アイ‐オー【I/O】


イオ【Io】


イオ【Iō】

[一]ギリシャ神話で、ゼウスの妻ヘラ仕え美しい女官。ゼウス愛されたが、ヘラ怒り恐れゼウス牝牛に変えられ世界中放浪最後にエジプト人間の姿にもどされた。エジプト女神イシス同一視された。

[二](Io)木星の第1衛星で、すべての衛星のうち5番目に木星に近い軌道を回る。1610年ガリレオ=ガリレイ発見。名は[一]由来1979年探査機ボイジャー火山活動確認木星の強い引力による地殻歪みよるもの思われる直径は約3600キロ地球の約0.29倍)。平均表面温度セ氏マイナス140度。


I/O [in/out]

入出力のこと。

入出力

読み方にゅうしゅつりょく
別名:I/O,入力・出力インプット・アウトプット
【英】Input-Output

入出力とは、情報処理において計算機情報データを入れること(入力)、および、計算機から情報を出すこと(出力)を総称した語である。

入出力の語は、さまざまな情報入力・出力について用いられる。特にコンピュータ周辺機器装置との間でデータの入出力を行う場合接点となる端子などの規格入出力インターフェースという。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
ハードウェア:  モジュール  モノリシック  熱伝導材料  入出力  静音水冷システム  システム  シボ加工

IOラジカル

分子式IO
その他の名称:(Iodooxy)radical、IO radical、IOラジカル
体系名:(ヨードオキシ)ラジカル


.io

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 06:58 UTC 版)

.io国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つであり、イギリス領インド洋地域(Indian Ocean Territory)に割り当てられている[1]




  1. ^ IDN Code Points Policy for the .IO Top Level Domain, NIC.IO, http://www.nic.io/IO-IDN-Policy.pdf 2005年12月11日閲覧。 
  2. ^ IANA — .io Domain Delegation Data”. iana.org. 2020年4月19日閲覧。
  3. ^ Managing multi-regional and multilingual sites”. 2019年10月5日閲覧。
  4. ^ whois-search.com - domain name search - Whois Search”. 2017年12月31日閲覧。
  5. ^ RFC 1035, Domain names--Implementation and specification, P. Mockapetris (Nov 1987)
  6. ^ Internet Computer Bureau”. 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ RULES for the .IO Domain and Sub-Domains”. 2005年7月30日閲覧。
  8. ^ a b NIC.IO - The Indian Ocean .IO Domain Registry and Network Information Centre”. nic.io. 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ .IO Domain Name Registration price list”. nic.io. 2016年10月2日閲覧。
  10. ^ Beattie, Russell (2013年2月12日). “The rise of .io domains for well crafted web services”. 2014年4月24日閲覧。 “There's lots of open source projects (Redis, Brackets, Launcher), a few mobile-app landing pages (Avocado, X-Ray), a ton of new web apps and services, several conference pages (Lightning, Renaissance, Resonate) and a few older companies or organizations who've changed their name to take advantage of a cleaner .io name.”
  11. ^ “IO Domains in Alexa Top 1 Million.”. http://techslides.com/io-domains-in-alexa-top-1-million 2015年5月27日閲覧。 
  12. ^ GitHub、プロジェクトページの全ドメインを「github.io」に移行
  13. ^ David Meyer (2014年6月30日). “The dark side of .io: How the U.K. is making web domain profits from a shady Cold War land deal”. gigaom.com. 2020年4月19日閲覧。
  14. ^ House of Lords Summer Recess 2014 Written Answers and Statements”. parliament.uk (2014年8月11日). 2019年4月4日閲覧。
  15. ^ David Meyer (2014年7月11日). “UK government denies receiving .io domain profits”. gigaom.com. 2020年4月19日閲覧。


「.io」の続きの解説一覧

I/O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 07:20 UTC 版)

I/O(アイオー)




「I/O」の続きの解説一覧

IO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 16:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IO, io

関連項目




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.io」の関連用語

.ioのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ioのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2021 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ入出力の記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.io (改訂履歴)、I/O (改訂履歴)、IO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS