.ioとは?

イオ 【 Ī ō 】

○ ギリシャ神話で、ゼウスの妃ヘラ女神官。ゼウスの愛を受けた。ヘラ嫉妬しつと)を避けるためゼウスイオを白い牝牛めうし)に変えたが、イオヘラの送ったあぶ)によって苦しめられ狂乱のうちに世界さまよい続けてついにエジプトに着いた。エジプト女神イシス同一視される。
[1] 木星第一衛星1610年ガリレイ発見半径1821キロメートル活動中の火山がある。

I/O [in/out]

入出力のこと。

入出力

読み方にゅうしゅつりょく
別名:I/O,入力・出力インプット・アウトプット
【英】Input-Output

入出力とは、情報処理において計算機情報データを入れること(入力)、および、計算機から情報を出すこと(出力)を総称した語である。

入出力の語は、さまざまな情報入力・出力について用いられる。特にコンピュータ周辺機器装置との間でデータの入出力を行う場合接点となる端子などの規格入出力インターフェースという。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
ハードウェア:  モジュール  モノリシック  熱伝導材料  入出力  静音水冷システム  システム  シボ加工

IOラジカル

分子式IO
その他の名称:(Iodooxy)radical、IO radical、IOラジカル
体系名:(ヨードオキシ)ラジカル


.io

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 16:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.io
イギリス領インド洋地域の旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC.IO
後援組織 IO Top Level Domain Registry
利用地域 イギリス領インド洋地域に関係する団体・個人
使用状況 多くのサイトが外国語であり、イギリス領インド洋地域に関係するサイトはほとんどない。
登録の制限 第二レベルには制限がないが、第三レベルへの登録は居住していることが条件。
階層構造 登録は第二レベルドメインに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Terms & Conditions; Rules
紛争解決方針 Dispute Resolution Policy
ウェブサイト NIC.IO
テンプレートを表示

.io国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリス領インド洋地域(Indian Ocean Territory)に割り当てられている。

入出力のI/O(Input/Output)やI/Oポートを表すとして、ウェブアプリケーションを始めとするコンピュータサイエンスの分野では近年.ioドメインが好まれている[1]。 2013年4月にGitHubはプロジェクトページの全ドメインを「github.io」に移行した[2]

脚注

[ヘルプ]

外部リンク



I/O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/09 21:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

I/O(アイオー)

関連項目


IO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/04 23:12 UTC 版)

IO, io

関連項目



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.io」の関連用語

.ioのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.ioのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2019 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ入出力の記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.io (改訂履歴)、I/O (改訂履歴)、IO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS