.chとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > .chの意味・解説 

シー‐エッチ【CH】


シー‐エッチ【CH】

Order of the Companions of Honour英国の名誉勲位1917年制定


ヒドリド炭素カチオン

分子式CH
その他の名称:Hydridecarboncation
体系名:ヒドリド炭素カチオン


メタントリイル

分子式CH
その他の名称:Methanetriyl
体系名:メタントリイル


メチリジンラジカル

分子式CH
その他の名称:メチリジン、Methylidyne、Methanetriyl radical、Methyne、Carbyneradical】、Methyne radicalCarbon hydrideメチンカルビンラジカル】、メチンラジカル、Methylidyne radical、カーボンヒドリド
体系名:メチリジンラジカル、メタントリイルラジカル


α,α-ジデヒドロメタンイリウム

分子式CH
その他の名称:α,α-Didehydromethaneylium
体系名:α,α-ジデヒドロメタンイリウム


物質
1,2-ジメチルブタン
慣用名
ジイソプロピル
英語名
1,2-Dimethyl-butane
化学式
CH
原子量
86.17
融点(℃)
58
沸点(℃)
-135

無色液体引火性持ち、熱や炎、酸化剤とも激しく反応する。

.ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 18:49 UTC 版)

.chインターネットドメイン名システムにおける国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つ。スイスに割り当てられている[1]。このドメインは、SWITCH Information Technology Services英語版が管理している。1987年から使用できるようになった[2]




注釈

  1. ^ スイスで使われている公用語での「スイス」(die Schweiz, Suisse, Svizzera, Svizra) ではない。また、スイスのコインにもこの名前が刻印されている。

出典

  1. ^ Legal Info - Internet Domains” (英語). www.nic.ch. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ From the online Historical Dictionary of Switzerland
  4. ^ Fragen & Antworten - Internet Domains”. www.nic.ch. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  6. ^ “Domain Hacks - BestNa.me” (英語). BestNa.me. http://bestna.me/domain-hacks/ 2017年4月22日閲覧。 
  7. ^ Launch of the new .swiss internet domain”. dot.swiss (2015年9月9日). 2016年1月8日閲覧。
  8. ^ Facts”. dot.swiss. 2016年1月8日閲覧。


「.ch」の続きの解説一覧

CH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 14:56 UTC 版)

CH, Ch, ch




「CH」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ch」の関連用語

.chのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.chのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2021. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ch (改訂履歴)、CH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS