.muとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > .muの意味・解説 

ミュー【Μ/μ/mu】

〈Μ・μ〉ギリシャ文字の第12字。

〈μ〉長さの単位ミクロン記号

〈μ〉μ粒子記号

〈μ〉摩擦係数摩擦力をF、接触面の垂直抗力をPとすると、F=μPと表される。この比例定数μを摩擦係数とよぶ。日常的には、などに濡れて滑りやすい道路状況について、具体的な数値明示せず「路面のμが低い(小さい)」などと表現する。


ムー‐たいりく【ムー大陸】

《Mu》太平洋にあったという伝説上の大陸


ミュー/ ウィザード

英語 Mu; Wizard

ミューmysterious utility頭文字をとった。謎に包まれた不思議な機能をもったクルマ表現する。1989年5月初代モデル発売した。

スポーツRV称するニュータイプクルマで、遊び要素大い盛り込んでいた。ピックアップスタイリングが意外だったが、2シーター割り切り後部プラスチックカバーするワゴンと、ソフトトップバンがあった。エンジンガソリンの2.6L・直4SOHC・120ps。ミッションは5速MTだけ。パートタイム4WD車だった。

90年7月車種追加それまで2人乗りだったハードカバーワゴンに、折りたたみ式ベンチシートのあるリヤキャビンを設け、4人乗りとしたメタルトップ車を設定した。エンジン直噴ディーゼルターボの2.8L・110ps。同時にガソリン2.6L・120psだけだった従来ハードカバー車にもディーゼルエンジン搭載した。

91年8月電子制御の4速ATを導入し、メタルトップリヤシート分割可倒式とする改良を行った。

93年9月エンジン直4の3.1L過流室式ディーゼルターボ・120psに換装タイヤ16インチとしブレーキ大径化、全輪ベンチレーテッド・ディスクブレーキに変えた。

95年12月海外向けだった4ドア型のミュー・ウィザード(ウィザード魔法使い)を国内市場にも投入した。ビッグホーン・ロングのシャシー利用するが、全長それより少し短く、全高の低いボディだった。リヤサスペンションは4リンク/コイルエンジン2ドアミューと共通の3.1Lディーゼルターボ。ミッションは4速ATだけの設定。シフト・オン・フライ(走行中でも2H4H切り替えができる)方式パートタイム4WD採用した。

98年6月フルモデルチェンジ、2代目となった。ショートホイールベースの2ドア車はミュー、ロングホイールベースの4ドア車はウィザードという名前の使い分けをし、2分化した。ホイールベースを、ミューは130mm延長して2460mmに、ウィザード60短縮して2700mmとなった。ミューはオープントップも選べた。エンジン直4・3Lの直噴ディーゼルターボを両モデル搭載ウィザードにはガソリンV6・3.2L車もあった。ともにパートタイム4WD車で、シフト・オン・フライを採用

99年2月ウィザードに後2輪駆動車を追加スペアタイヤ床下格納した。2000年5月マイナーチェンジウィザード内外装をリフレッシュする同時に、セミアクティブサスとスイッチコントロールTODの新技術取り入れた。この2つ装備したLSEというモデル新設定。そのほかミューグレード名の変更があった。オープントップはガソリンエンジンだけとなった。ウィザード2WDモデルアライブ(生き生きとした、活発なの意)という名前が付いた。

2001年5月ウィザード、ウィザードアライブ、ミューの3車が一部変更を受けた。3車とも、ディーゼル車フルレンジ電子制御4速ATを採用そのほかウィザードではセミアクティブサスペンションやフルスイッチコントロールTDOを装着ミューはレジントップにガソリンエンジン設定した。また、全車水没対応パワーウインドウスイッチを付けたのも目新しい2002年9月販売終了

なお、ミュー/ウィザードは、98年6月フルモデルチェンジ分からアメリカ生産クルマ切り替わった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Mu

名前 ムー

.mu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 07:35 UTC 版)

.mu国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、モーリシャスに割り当てられている。運営はMauritius Network Information Centreが行っている。音楽(.music)や博物館(.museum)用のトップレベルドメインとして販売もされている。






「.mu」の続きの解説一覧

ムー大陸

(.mu から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 16:01 UTC 版)

ムー大陸(ムーたいりく、: Mu)とは、かつて太平洋の南中央部に存在したが天変地異により水没した、と一部の研究者が主張していた空想上の大陸。現在では複数の海底探査結果により、ムー大陸の存在は学術的に否定されている。


注釈

  1. ^ 実際は、ポリネシアの島々は大陸が沈んで作られたのではなく、火山活動や珊瑚礁によって作られた[1]
  2. ^ ポリネシアの遺跡は1万年以上前のものではなく、一千年前から数百年前のものである[2]
  3. ^ ド・ブルブールは、カトリック教会の宣教師としてヨーロッパや中南米に赴き、アメリカ大陸原住民の民俗学研究をした人物。[3]
  4. ^ マヤ語の手書きの文書は当時三つ発見されており、トロアノ写本はそのうちの一つの半分ほどである[4]
  5. ^ それぞれの日本語題は、『ムー大陸の子孫たち』『ムー大陸のシンボル』(小泉泉太郎訳、大陸書房、「子孫たち」はのちに青樹社)、『ムー大陸の宇宙科学』およびその続編(石原佳代子訳、中央アート出版社)。これら5冊はアメリカで出版された[5]
  6. ^ 太平洋のほか大西洋でも調査が行われ、どちらにも大陸の大陥没による地層の痕跡は発見されなかった[13]
  7. ^ 少なくともチャーチワードの説は完全否定。仮に、トロアノ絵文書の内容も大陸災害ではないと判明した場合、ムー大陸は伝説上の大陸ですらなくなる恐れがある。

出典

  1. ^ a b http://www1.plala.or.jp/maui/islands/island.htm”. 2011年2月25日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ ムー大陸最後の日・現在の主張”. ムー大陸. 2011年2月25日閲覧。
  3. ^ ニールド (2008)、69ページ
  4. ^ ニールド (2008)、70ページ
  5. ^ ニールド (2008)、74ページ
  6. ^ 海底の底質-底質調査」日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より。コトバンク、2018年9月15日閲覧。
  7. ^ 新しい海底鉱物資源"レアアース泥"の発見とその開発を目指して」海洋政策研究所、2012年2月5日。2018年8月19日閲覧。
  8. ^ 深海底のレアアース泥は堆積速度の遅い環境に存在 - 東大などがデータ解析」マイナビニュース、2016年7月26日。2018年8月19日閲覧。
  9. ^ 臼井朗「コバルトリッチ・マンガンクラスト」『2006.7 金属資源レポート』 石油天然ガス金属鉱物資源機構、98-102頁。2018年8月19日閲覧。
  10. ^ 西村昭「深海泥のレアアース資源として開発の可能性」『GSJ地質ニュース Vol.1 No.7』、2012年7月、199-201頁。2018年8月19日閲覧。 レアアース泥に関する言及も198頁でされている。
  11. ^ 南鳥島沖に球状マンガン密集 EEZの深海底」産経ニュース、2016年8月26日。2018年8月19日閲覧。
  12. ^ 地殻とは」コトバンク、デジタル大辞泉の解説より。2018年8月19日閲覧。
  13. ^ 佐野 貴司「この夏、「第七の大陸」実在の証拠が掘削される可能性」現代ビジネス、2017年7月21日。2018年8月19日閲覧。
  14. ^ 海底の地質年代図」コトバンク、日本大百科全書より。2018年8月19日閲覧。
  15. ^ Grünschloss, 井上監訳 2009, p. 523.
  16. ^ 坂本政道、アンカ, ダリル『バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来』大空夢湧子通訳・訳、ヴォイス、2009年5月。ISBN 978-4-89976-235-5[要ページ番号]
  17. ^ 中村(1999) p184、p186-187
  18. ^ 『歴史を変えた偽書 大事件に影響を与えた裏文書たち』ジャパン・ミックス編、ジャパン・ミックス、1996年6月。ISBN 978-4-88321-190-6 [要ページ番号]
  19. ^ a b c 小澤実(編)『近代日本の偽史言説』 勉誠出版 2017 ISBN 978-4-585-22192-0 pp.342-350.
  20. ^ 『神の国』昭和7年10月号「ム大陸は黄泉島」
  21. ^ 藤野七穂「偽史と野望の陥没大陸 - ムー大陸の伝播と日本的受容」『 歴史を変えた偽書』64ページ
  22. ^ 竹内均『ムー大陸から来た日本人 私の古代史』徳間書店、1980年9月。ISBN 978-4-19-552038-3 [要ページ番号]



MU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 07:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MU

関連項目





.muと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mu」の関連用語

.muのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.muのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mu (改訂履歴)、ムー大陸 (改訂履歴)、MU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS