.muとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > .muの意味・解説 

ミュー【Μ/μ/mu】

読み方:みゅー

〈Μ・μ〉ギリシャ文字の第12字。

〈μ〉長さの単位ミクロン記号

〈μ〉μ粒子記号

〈μ〉摩擦係数摩擦力をF、接触面の垂直抗力をPとすると、F=μPと表されるこの比定数μを摩擦係数とよぶ。日常的には、などに濡れて滑りすい道状況について、具体的な数値明示せず路面のμが低い(小さい)」などと表現する


ムー‐たいりく【ムー大陸】

読み方:むーたいりく

《Mu》太平洋にあったという伝説上の大陸


ミュー/ ウィザード

英語 Mu; Wizard

ミューmysterious utility頭文字をとった。謎に包まれ不思議な機能をもったクルマ表現する1989年5月初代モデル発売した

スポーツRV称するニュータイプクルマで、遊び要素を大い盛り込んでいた。ピックアップのスタイリング意外だったが、2シーター割り切り後部プラスチックカバーするワゴンと、ソフトトップバンがあった。エンジンガソリンの2.6L・直4SOHC・120ps。ミッション5速MTだけ。パートタイム4WD車だった。

90年7月車種追加それまで2人乗りだったハードカバーワゴンに、折りたたみ式ベンチシートのあるリヤキャビンを設け4人乗りとしたメタルトップ車を設定したエンジン直噴ディーゼルターボの2.8L・110ps。同時にガソリン2.6L・120psだけだった従来ハードカバー車にもディーゼルエンジン搭載した

91年8月電子制御4速ATを導入しメタルトップリヤシート分割可倒式とする改良行った

93年9月エンジン直4の3.1L過流室式ディーゼルターボ・120psに換装タイヤ16インチとしブレーキ大径化、全輪ベンチレーテッド・ディスクブレーキに変えた

95年12月海外向けだった4ドア型のミュー・ウィザード(ウィザード魔法使い)を国内市場にも投入した。ビッグホーン・ロングのシャシー利用するが、全長それより少し短く全高の低いボディだった。リヤサスペンションは4リンク/コイルエンジン2ドアミュー共通の3.1Lディーゼルターボ。ミッション4速ATだけの設定。シフト・オン・フライ(走行中でも2H4H切り替えができる)方式パートタイム4WD採用した

98年6月フルモデルチェンジ2代目となったショートホイールベース2ドア車はミューロングホイールベース4ドア車ウィザードという名前の使い分けをし、2分化したホイールベースを、ミューは130mm延長して2460mmに、ウィザード60㎜短縮して2700mmとなったミューはオープントップも選べた。エンジン直4・3Lの直噴ディーゼルターボを両モデル搭載ウィザードにはガソリンV6・3.2L車もあった。ともにパートタイム4WD車で、シフト・オン・フライを採用

99年2月ウィザードに後2輪駆動車を追加スペアタイヤ床下に格納した。2000年5月マイナーチェンジウィザード内外装リフレッシュすると同時に、セミアクティブサスとスイッチコントロールTOD新技術取り入れた。この2つ装備したLSEというモデル新設定そのほかミューグレード名の変更があった。オープントップはガソリンエンジンだけとなったウィザード2WDモデルアライブ(生き生きとした活発なの意)という名前が付いた

2001年5月ウィザード、ウィザードアライブ、ミューの3車が一部変更受けた。3車とも、ディーゼル車フルレンジ電子制御4速ATを採用そのほかウィザードではセミアクティブサスペンションやフルスイッチコントロールTDOを装着ミューはレジントップにガソリンエンジン設定したまた、全車水没対応パワーウインドウスイッチを付けたのも目新しい2002年9月販売終了

なお、ミュー/ウィザードは、98年6月フルモデルチェンジ分からアメリカ生産クルマ切り替わった

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Mu

名前 ムー

.mu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 12:25 UTC 版)

.mu国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、モーリシャスに割り当てられている。運営はMauritius Network Information Centreが行っている。音楽(.music)や博物館(.museum)用のトップレベルドメインとして販売もされている。




「.mu」の続きの解説一覧

MU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 05:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MU

関連項目



MU(ムウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 18:45 UTC 版)

ラーゼフォン」の記事における「MU(ムウ)」の解説

本来は別の次元住む人類およびその国。住民ムーリアン人間酷似しているが血の色は青い。人類とは異な文化文明体系で、空中浮か都市強大な兵器ドーレム地球人精神支配身体乗っ取り変性次元障壁などの進んだ技術・能力を持つ。2012年12月東京上空空中都市現れ、その技術により行政組織密かに乗っ取りドーレムによって圧倒的な戦力示しTOKYO JUPITER生成して物理的に占拠した

※この「MU(ムウ)」の解説は、「ラーゼフォン」の解説の一部です。
「MU(ムウ)」を含む「ラーゼフォン」の記事については、「ラーゼフォン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.mu」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「mu」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.muと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mu」の関連用語

.muのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.muのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mu (改訂履歴)、MU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラーゼフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS