.mtとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > テープ > .mtの意味・解説 

メトリックトン

別表記:MT

質量を表す単位。1MT(メトリックトン)は1000kg。日本国内では、1MTを1t(トン)としている。

エム‐ティー【MT】


エム‐ティー【MT】


マウント【mount】

[名](スル)

台座などに物を載せること。また、その台座。「エンジン後部に—する」

レンズ交換のできるカメラの、レンズ固定する部分

写真などをはる台紙や、スライド

コンピューター周辺装置認識させ、操作可能な状態にすること。→アンマウント

多く哺乳類の雄が、交尾のために雌に乗ること。マウンティングをすること。

マウンテン」に同じ。Mt.と略記する。


エム‐ティー【MT】


エム‐ティー【MT】


マウンテン【mountain/Mt.】

山。また、山形のもの。マウント


エム‐ティー【MT】


MT

排出権取引の略。

Movable Type

読み方ムーバブルタイプ
別名:MT

Movable Typeとは、Six Apartから提供されているブログソフト(ブログ作成管理するためのソフトウェア)である。2001年初め公開された

Movable TypeはPerlPHPによって書かれており、各エントリーリレーショナルデータベース管理システムRDBMSに格されているページ表示には動的に構築される仕組み(ダイナミックページ生成機能)が採用されているため、他の一般的なブログに比べブログ更新管理すばやく行えるという特徴をもっている。

また、Movable Type向けにSix Apartサードパーティから豊富なプラグイン提供されており、様々な機能拡張を行うことができる。主なプラグインとしては、Google Maps連携させることができる「MTGoogleMaps」や、フォトギャラリーを簡単に作成することができる「MTPhotoGallery」、コメントスパムトラックバックスパムブラックリスト作成して除外することができる「MTBlackList」などがある。

Movable Typeは、ブログの中でもかなり早期に登場しトラックバック仕組みを初め実装するなど、様々な点においてブログ先駆けとなっている。現在では個人ブログから企業Webサイト、あるいはコンテンツマネジメントシステムCMS)まで、幅広い用途利用されている。


参照リンク
Movable Type - (Six Apart

MT

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

.mt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 15:09 UTC 版)

.mt国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、マルタに割り当てられている。




「.mt」の続きの解説一覧

MT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 17:44 UTC 版)

MTMtmt




「MT」の続きの解説一覧

「MT」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.mtと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.mt」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.mtのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.mtのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMovable Typeの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2022, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mt (改訂履歴)、MT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS