CMSとは? わかりやすく解説

小型ミューオンソレノイド

別名:コンパクト・ミューオン・ソレノイド
英語:Compact Muon Solenoid、CMS


欧州合同原子核研究所CERN)の大型ハドロン衝突型加速器Large Hadron Collider)に設置されている検出器ならびに、その検出器用いた観測実験プロジェクトのこと。

大型ハドロン衝突型加速器には複数検出器設置されており、それぞれ実験プロジェクト進められている。小型ミューオンソレノイドを使用した実験は「CMS実験」のように表記されることが多い。小型ミューオンソレノイドの他には「Atlas」や「LHCb」「Alice」などの実験プロジェクトがある。

小型ミューオンソレノイドは、衝突させた素粒子崩壊軌跡崩壊先を計測することを主な目的とする。

2011年12月に、CERNが「ヒッグス粒子と見られる粒子」の存在の手がかりを発見した発表して話題読んだ2012年7月には、Atlas実験プロジェクトとCMS実験プロジェクト両方において、新たな粒子観測されたとという解析結果発表されている。

観測された新粒子ヒッグス粒子である可能性が高いとされるが、2012年7月時点では、それがヒッグス粒子であるとは断定されていない

関連サイト
CMS Experiment - CERN
CMS and the search for the God particle - BBC NewsGuide to the Large Hadron Collider

シー‐エム‐エス【CMS】


シー‐エム‐エス【CMS】


シー‐エム‐エス【CMS】


シー‐エム‐エス【CMS】


シー‐エム‐エス【CMS】


CMS


シー-エム-エス 【CMS】

Church Missionary Societyの略称で、英国聖公会宣教協会のこと。一七九九年設立。アフリカ・カナダ・ニュージーランド・イラン・インド・パキスタン・スリランカ・中国・日本などに伝道活動し、現地語訳の聖書出している。日本へは一八六九(明治二)年宣教開始

CMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 21:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CMS



CMS(ConversationalMonitorSystem)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 05:33 UTC 版)

z/VM」の記事における「CMS(ConversationalMonitorSystem)」の解説

専用ゲストOSであり、軽量対話型OSである。強力なエディタであるXEDITや、スクリプト言語REXXを持つ。CP管理の他、ミニコンピュータUNIX普及するまでは、研究所学校などでも使用された。

※この「CMS(ConversationalMonitorSystem)」の解説は、「z/VM」の解説の一部です。
「CMS(ConversationalMonitorSystem)」を含む「z/VM」の記事については、「z/VM」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CMS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CMS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



CMSと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CMSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CMSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCMSの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCMS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのz/VM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS