おすすめとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > おすすめの意味・解説 

おすすめ

別名:お勧めお奨めお薦め

おすすめとは、おすすめの意味

おすすめ(お勧め / お奨め / お薦め)とは、相手推薦推奨したいものがある際に使う「すすめる」に、敬意を示す接頭辞の「お」が付いた丁寧な表現である。「オススメ」というカタカナ表記を用いる場合もある。いずれの表記も、「相手にある行動をするように仕向ける」という共通の意味を持ち、人や物について良い点優れている点を挙げて人にすすめる時に使う。推奨する対象分類分野ごとに、「勧」「奨」「」という3つの漢字使い分けられる。「勧」は主に相手良い行為をするよう推める際に使われ、使用飲食参加などの「行為」を促す場合などに用いる。相手求め相応しい人・品を勧める助言の意味を持ち強制力のない提案として使われる。

お奨め」は、主に商品サービスなどの「品」を対象とした推奨を意味し、指定強制などの強い意味は持たない。「お薦め」も具体的な対象指し示す表現で、ある物事候補として特定の人・品を挙げ、対象採用されるように働きかける際に用いる。自身体験基づいて相手説く提案表現で、やや強い指定強制の意味を含む。

「おすすめ」は漢字表記よりも強制力緩め表現であり、目上対す丁寧語に用られる場合もある。「オススメ」は全表記の中で最も砕けた言い方であり、日常的俗語表現として使われる。

おすすめで用いられる、勧・奨・薦の漢字

「勧」「奨」「」の漢字は、それぞれ独立した意味を持つ。「勧」は、「カン」「ケン」と読み相手を励ます、良い方向に導くなどの意味を持つ。二字熟語には、相手行為良いことと褒め称える勧奨勧賞)」や、自身物事良いこととし教え、同じことを行うように誘う「勧誘」、相手が行うべき処置公的教えて勧める勧告」などがある。「奨」は、「ショウ」と読み相手を褒めて力づける励まし助けるという意味がある熟語には、人・品物事などの優れた部分挙げて人に推める「推奨」、ある行為事柄良いこととして、それを行うように促す奨励」、相手行為にむくい褒めて励ます「報奨」などが挙げられる。

」は、「セン」と読み複数ある事柄の中から特定の対象を選ぶ、人を特定の地位押し押し上げるという意味がある熟語には人物対象とした表現多く特定の人・品の特に優れた部分評価して採用促す推薦」、人を選んで適した地位役職に就かせる「薦挙」などが挙げられる。漢字音読みそれぞれ異なる読み方を持つが、訓読み場合は共通して「すすめる」と読む。すべて「進める」と同語源を持つ同訓異義であり、「相手にある目的達成してもらうために、特定の方向へ動くように促す」という同義を含む。

「進」の熟語には、勧奨やに近い意味を持つ表現多く目上に対して意見申し述べる進言」や、ある物事達成するように推し進める勧進」がある。

ビジネスシーンにおける「おすすめ」の使い方

上司社長などの目上対す敬語表現としては、一般的に「おすすめ」の表記が用いられ、相手に対して上品に述べる丁寧語繋げて使う。例を挙げると、「在る(ある)」の丁寧語である「ございます」と繋げ、「おすすめでございます」「おすすめの品がございます」など対象含めて使う。漢字表記場合提案力のある「お薦め」を用いる場合多く自身経験に基づく行為提案であるため、「致します」など謙遜を示す表現謙譲語繋げる。さらに、「こちらを強くお勧めいたします」「自信をもってお勧めいたします」など、強い説得力を持つ表現繋げることで、人を納得させるための「進言」として作用する。

「おすすめでございます」や「お勧めいたします」という言い回しは、敬語連続している強い尊敬表現で、相手によっては不適切表現となる。先輩同輩など地位が近い相手に対しては、尊敬表現の弱い敬語を用いた「この品をおすすめします」「胸を張ってお勧めします」など、より平易言い回しが適切である。会議商談などのビジネスシーンでは、「推奨」「推薦」などのおすすめと同意義類義二字熟語を用いる場合もある。同意義には「この品を推奨いたします」「この方推薦いたします」など特定の人・品候補する表現多く個人的背景事情を抜いた事務的表現として、整合性のとれた説明締めとして使う。類語場合は「弊社ご提案ございます」「僭越ながら助言いたします」など、逆に謙遜の意を込めて用いる表現が多い。

文書メール表記する場合は、漢字使い分けにこだわらず、ひらがな表記で「おすすめ」と書くか、あるいは「推奨」「推挙」「進言」などの表現を用いたほうが無難である。別の提案表現言い換える場合は、「~などはいかがでしょうか」という類義丁寧語にする。相手体験した対象である場合は「お気に召しましたか」という表現言い換えることで、「相手に気に入って欲しいもの」を推奨できる。同意義言葉としては他にも、「お奨め」を意味するIT・サービス業界用語である「レコメンドリコメンド)」、賞などの候補推薦指名することを指す「ノミネート」などが挙げられる。

おすすめの類語

おすすめの類語には、よりも強い推奨の意味を持つ「いち押し一押し一推し)」がある。「複数選択肢から最も推奨したい対象」を提案する表現で、第一に推奨すべき対象に対して使われる。漢字表記によって意味の違い無くカタカナによる「イチ押しイチ推し」という表記揺れもあるが、いずれの表記も意味の違い使い分けはない。同じく複数の中から一つだけ候補上げ言葉として、特定の地位役職推奨するべき対象指し示す候補」、候補の中で最も優れた人物商品などを指し示す「有力候補」「第一候補」、最も見込みの高い対象表現する「本命」が挙げられる。

候補」「本命」は共通して、「物事実現できる可能性秘めていること」を示し目標達成成し遂げられる人・品対す表現で、特定の限られた対象抜擢する際に使われる。

おすすめ

良い面があり、特に推薦したい、ということ

お奨め

読み方:おすすめ

おすすめであること、推奨すること。「お勧め」とも書く。

お薦め

読み方:おすすめ
別表記:オススメ

商品サービス、あるいは体験などを指して、それが推薦推奨するに値するのであることを示す表現

お‐すすめ【御勧め/奨め】

「すすめ1」の尊敬語謙譲語

[補説] 「君のお勧めだから買ったのだ」は尊敬語。「この品がお勧めですよ」は謙譲語


お勧め

読み方:おすすめ

名詞勧め」に、接頭辞「お」がついたもの。

御勧め

読み方:おすすめ

名詞勧め」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おすすめ」の関連用語

おすすめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おすすめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS