概説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > > 概説の意味・解説 

がい‐せつ【概説】

読み方:がいせつ

[名](スル)ある事柄全体わたって、そのあらまし説明すること。また、その説明。「日本文学流れを—する」


概要

(概説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/18 07:53 UTC 版)

ウィキペディアには「概要」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「概要」を含むページの一覧/「概要」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「概要」が役に立つかもしれません。


概説(和)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:27 UTC 版)

暗号関係の書籍の一覧」の記事における「概説(和)」の解説

長田順行、『暗号秘密』、菁堂、1974年7月18日ISBN 4-7952-7901-2 (1982年再版された) 一松信、『暗号数理 - 作り方解読原理』、ブルーバックスB421、講談社1980年3月20日ISBN 4-06-118021-5 (1977年RSA暗号発表をうけ、公開鍵暗号について多く記述されている。前半は、暗号歴史種類紹介数理科学社編、『別冊 数理科学 暗号』、サイエンス社1982年5月15日1968年11月1975年12月暗号に関する特集記事中心に編集したもの。DESについては米国1977年から使用されていることが触れられているだけである) 長田順行、『暗号』、現代教養文庫1134社会思想社1985年2月28日ISBN 4-390-11134-5 今井秀樹、『暗号おはなし - 情報セキュリティ新しい鍵』、おはなし科学・技術シリーズ日本規格協会1993年3月1日ISBN 4-542-90159-9 太田和夫黒澤馨、渡辺治、『情報セキュリティ科学 - マジック・プロトコルへの招待』、ブルーバックスB1055、講談社1995年2月20日ISBN 4-06-257055-6 (鍵交換デジタル署名コイン投げゼロ知識証明、マルチパーティ・プロトコル等、Cipher以外の暗号技術中心に紹介辻井重男、『暗号 - ポストモダン情報セキュリティ』、講談社選書メチエ73講談社1996年4月10日ISBN 4-06-258073-X 岡本龍明、『図解 暗号情報セキュリティ』、日経BP1998年7月25日ISBN 4-8222-9093-X (日経エレクトロニクス連載元に加筆修正したもの吹田智章、『暗号のすべてがわかる本 - デジタル時代暗号革命』、技術評論社1998年7月25日ISBN 4-7741-0616-X 辻井重男、『暗号情報社会』、文春新書078、文藝春秋1999年12月20日ISBN 4-1666-0078-8 谷口功、『よくわかる暗号化技術』、入門ビジュアルテクノロジー日本実業出版社2000年9月30日ISBN 4-534-03137-8 高田豊、『わかりやすい暗号学 - セキュリティ護るために』、米田出版2000年11月10日ISBN 4-946553-08-8 今井秀樹、『暗号おはなし - 情報セキュリティ基盤改定版』、おはなし科学・技術シリーズ日本規格協会2003年5月1日ISBN 4-542-90267-6 伊藤正史、『図解雑学 暗号理論』、ナツメ社2003年3月24日ISBN 4-8163-3465-3 結城浩、『暗号技術入門 - 秘密の国のアリス』、ソフトバンク2003年9月27日ISBN 4-7973-2297-7 (真の乱数定義している本) 太田和夫國廣昇、『ほんとうに安全?現代暗号』、岩波科学ライブラリー102岩波書店2005年5月12日ISBN 4-00-007442-3 (著者直接聞いたエピソード紹介あり) 一松信、『暗号数理改定新版) - 作り方解読原理』、ブルーバックスB1490、講談社2005年9月20日ISBN 4-06-257490-X (25年経て改定量子暗号BB-84の方)の章が追加されている) 露浩二、『Excelで学ぶ暗号技術入門』、オーム社2006年6月23日ISBN 4-274-06650-9 吉田一彦友清理士、『暗号事典』、研究社2006年12月22日ISBN 4-7674-9100-2 (約1300項の暗号に関する古今解説三谷政昭、佐藤伸一、『マンガでわかる 暗号』、オーム社2007年4月25日ISBN 978-4-274-06674-0 (シーザー暗号からDESRSAなどを紹介熊谷直樹、『暗号科学』、すばる舎2007年5月24日ISBN 978-4-88399-636-0 日向俊二、『暗号 - この不可思議魅惑的な世界』、カットシステム、2007年10月10日ISBN 978-4-87783-035-9 (参考文献Wikipedia入っている) 石井茂、『量子暗号 - 絶対に盗聴されない暗号をつくる』、日経BP社2007年10月29日ISBN 978-4-8222-8275-2 (Y00についても言及

※この「概説(和)」の解説は、「暗号関係の書籍の一覧」の解説の一部です。
「概説(和)」を含む「暗号関係の書籍の一覧」の記事については、「暗号関係の書籍の一覧」の概要を参照ください。


概説(特徴と歴史・伝統)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/29 07:02 UTC 版)

蔡李佛家拳」の記事における「概説(特徴と歴史伝統)」の解説

蔡李佛発祥は今から約170年であるから中国拳術のなかでは比較新し拳術といえる創始者は、1805年1806年との説もあり)広東省新会県梅郷生れの 陳享(ちんきょうchan heung)である。 陳享が生まれ育ったのは拱北里俗称される最も貧し下層階級類する人々集まっている場所で、いつしか陳享は武術身を立てようと決心することになったとはいうものの食うのもやっとの生活の中で高手師事するだけの金銭などあろうはずもなく、親類縁者紹介叔父の陳遠護に師事し洪家拳佛家拳をそれこそ死にもの狂いになって練習した。 この陳遠護なる人物何を隠そう実は少林寺高僧、獨禅師嫡伝門徒歴とした名手である。ただ血の気多く誤って同輩殺してしまったため、その罪悪感から世捨て人同然の生活をしていたのであった。 この陳遠護による陳享の峻烈極まる修行1823年まで続けられた。 17歳にして全伝を習得した陳享は師である陳遠護の紹介状片手友山の元を訪れた。(友山は李家拳の創始者である) の元で苦行を積むこと四年、ついに李家拳の全伝を習得した陳享は、老師師兄弟にあたる少林寺高僧である蔡福禅師(蔡亜福)を紹介された。 陳享21歳のときである。 即刻、陳享は羅浮山へと足を運び蔡福禅師師事すること8年秘伝奥義伝授され下山許された。 蔡福禅師別離の際に陳享に対し広西八排山に私の師兄弟である青草和尚という人物隠棲している。興味があるなら一度来訪してみるも良かろうと言った。 陳享は帰郷とりやめ、さっそく広西八排山におもむくことにした。 そこで知り合ったのが青草和尚師事し十年渡って佛家拳を修行し全伝を極めた張炎である。 張炎は陳享を一瞥するなり、その非凡な才能見抜き自分の師である青草和尚引き合わせた。また張炎は下山許されたので二人は二年間渡り寝食忘れるが如く拳技研究重ね独自の門派打ち立て、これを「蔡李佛」と称したこの後太平天国の乱勃発し蔡李佛はこの乱と深い関わりをもつようになっていく。

※この「概説(特徴と歴史・伝統)」の解説は、「蔡李佛家拳」の解説の一部です。
「概説(特徴と歴史・伝統)」を含む「蔡李佛家拳」の記事については、「蔡李佛家拳」の概要を参照ください。


概説(特に選挙制度改革との関連について)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 15:29 UTC 版)

村民委員会」の記事における「概説(特に選挙制度改革との関連について)」の解説

村民委員会は、住民によって選挙され主任副主任および委員数名構成される村民委員会主任は、行政村村長とは異な存在ありながら一般に村長」と呼ばれている。1989年天安門事件以降は、党の政治的中核論を指導するために、における党の幹部が「村長」となるように委員数を同人数の候補者が党によって示される「等額選挙が行われていた。ただし、1987年の「村民委員会組織法試行)」においては村民委員会直接選挙定めていた。天安門事件はさんで1991年吉林省梨樹県双河平安皮切りにして有権者自由に村民委員会候補者推薦する「海選選挙大海から真珠すくい上げるという意味でこのように呼ばれる)」が一部地域始められるようになった同様に一つポスト複数候補者立てる「差額選挙」、有権者の投票によって正式な候補者確定する予備選挙」のほか、選挙演説秘密投票開票作業公開等改革模索された。この選挙改革によって、総人口60パーセント占める8億人(2003年度統計による)の農民民主主義実践参加しそのこと通じて政治意識いくぶん向上してきたと評されるまた、優秀な若者等が民主的に村長」に選出されることも珍しくないとされる

※この「概説(特に選挙制度改革との関連について)」の解説は、「村民委員会」の解説の一部です。
「概説(特に選挙制度改革との関連について)」を含む「村民委員会」の記事については、「村民委員会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「概説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「概説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



概説と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「概説」の関連用語

概説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



概説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの概要 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの暗号関係の書籍の一覧 (改訂履歴)、蔡李佛家拳 (改訂履歴)、村民委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS