センとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > センの意味・解説 

セン【Amartya Sen】


せん【仙】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢)

山中修行して不老不死の術を修めた人。「仙境仙骨仙術仙女(せんにょせんじょ)・仙人神仙謫仙(たくせん)・登仙

世俗とらわれない人。非凡才能を持つ人。「歌仙詩仙酒仙

[補説] 「僊」は本字

名のり]のり・ひさ

難読仙人掌(サボテン)


せん【仙】

仙人

天上の—の暫くこの世に降(くだ)りて」〈鴎外訳・即興詩人

仙人の術。仙術

「—を求むる志ありて葛城山に住む」〈三宝絵・中〉

仙人の住む所。

「只王質が—より出でて七世の孫に会ひ」〈太平記一八


せん【×僭】

[音]セン(呉)(漢)

身分不相応におごる。「僭越僭主僭称僭上


せん【先】

[音]セン(呉)(漢) [訓]さき まず

学習漢字1年

[一]〈セン〉

空間的にいちばん前の方。「先端先頭先導先方

時間的早い方。ある時点より前。また、最初。「先客先刻先妻先日先生先祖先着先輩先発機先祖先

今の一つ前。「先月先週先先代

碁・将棋で、先番。「先手(せんて)/互先(たがいせん)」

さきにする。さきんずる。「率先優先

(「尖」の代用字突出している。「先鋭

[二]〈さき〉「先棒先程後先

名のり]すすむ・ひろ・ゆき

難読幸先(さいさき)・先蹤(せんしょう)・舳先(へさき)


せん【先】

まえ。以前。昔。もと。「先に会った人」「その話は先から知っていた」

現在のものの前のもの。さき。「先の場所から移した」

人よりさきに事を行うこと。さきがけ

「—と仰せらるに依って愚僧から参らうか」〈虎寛狂・宗論

囲碁・将棋で、さきに打ちはじめるほう。先手

剣道で、機先を制すること。


せん【×剪】

[音]セン(呉)(漢) [訓]きる

切りそろえる。「剪断剪定


せん【千/×阡/×仟】

10010倍。10の3乗。また、数の多いことにもいう。

[補説] 証書などに金額を記すときに「阡」「仟」を用いる。


せん【千】

[音]セン(呉)(漢) [訓]

学習漢字1年

[一]〈セン〉

数の名。百の十倍。「千人千両箱数千一騎当千海千山千(うみせんやません)」

数の多いこと。「千言千秋千客万来千差万別千里眼

[二]〈ち〉「千草千鳥八千代

名のり]かず・ゆき

難読千歳(ちとせ)・千万(ちよろず)


せん【千】


せん【占】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]しめる うらなう

物や場所を自分のものにする。しめる。「占拠占有占領寡占先占独占

うらなう。うらない。「占星術/神占・卜占(ぼくせん)」

名のり]うら・しめ

難読辻占(つじうら)


せん【宣】

[音]セン(呉)(漢) [訓]のべる のる のたまう

学習漢字6年

広く意向を述べ伝える。「宣言宣告宣誓

広く行き渡らせる。「宣教宣伝宣揚

天子や神が意向を述べる。宣旨(せんじ)・宣命(せんみょう)/院宣(いんぜん)・託宣勅宣

名のり]すみ・つら・のぶ・のり・ひさ・ふさ・むら・よし


せん【宣】

勅旨をのべ伝えること。また、それを書き記した文書宣旨(せんじ)。

内覧の—をかうぶりて」〈神皇正統記一条


せん【専】

第一であること。何よりも大切なこと

「体を丈夫にするのが—だよ」〈紅葉金色夜叉

自分の思うままにすること。

藤原氏を—にし」〈福沢文明論之概略


せん【専〔專〕】

[音]セン(呉)(漢) [訓]もっぱら もはら

学習漢字6年

他の事はおいてそれだけに集中する。それひとすじ。「専一専攻専属専任専念専門

ひとり占めにする。自分かってに物事をする。「専横専制専断専売専有専用独断専行

専門学校」の略。「高専

名のり]あつし・あつむ・たか・もろ


せん【×尖】

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]とがる

先が鋭くとがる。また、行動突出するさま。「尖鋭尖兵

とがった先。「尖端尖塔舌尖肺尖

[補説] 「先」を代用字とすることがある


せん【山】

⇒さん


せん【川】

[音]セン(呉)(漢) [訓]かわ

学習漢字1年

[一]〈セン〉かわ。「河川山川大川名川

[二]〈かわ(がわ)〉「川上・川筋/小川


せん【戦〔戰〕】

[音]セン(呉)(漢) [訓]いくさ たたかう おののく そよぐ

学習漢字4年

武器をもって敵と争う。たたかい。いくさ。「戦艦戦後戦術戦災戦争戦闘海戦合戦(かっせん)・苦戦激戦決戦抗戦交戦作戦参戦善戦大戦挑戦内戦敗戦奮戦和戦

競争勝敗をきそう。言論などで争う。「商戦舌戦論戦宣伝戦

試合。「観戦棋戦熱戦延長戦

震えおののく。「戦慄(せんりつ)・戦戦恐恐(せんせんきょうきょう)」

難読戦慄(わなな)く


せん【扇】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]おうぎ あおぐ あおる

[一]〈セン〉

おうぎ。うちわ。「扇子(せんす)・扇面扇状地銀扇軍扇秋扇団扇(だんせん)・換気扇

おうぎで風をおくる。あおぐ。「扇風機

人をそそのかして事を起こさせる。あおる。「扇情扇動

[補説] 3は「煽」と通用

[二]〈おうぎ〉「扇形舞扇

名のり]み

難読団扇(うちわ)


せん【×撰】

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ

詩や文章作る書物を著す。「撰述

詩文選び編集する。「撰集官撰私撰自撰勅撰

多くの中からよりすぐる。「新撰・精撰」

名のり]のぶ

難読杜撰(ずさん)


せん【×撰】

詩歌文章選び抜いて書物にまとめること。「太安万侶の撰」


せん【×擅】

[音]セン(漢) [訓]ほしいまま

独り占めにする。かって気ままにする。「擅恣(せんし)・擅断独擅場(どくせんじょう)」


せん【旋】

常用漢字] [音]セン(漢) [訓]めぐる

ぐるぐるまわる。「旋回旋風旋律回旋螺旋(らせん)」

一回りして帰る元に戻る。「凱旋(がいせん)」

あちこち回り歩く。「斡旋(あっせん)・周旋

難読旋頭歌(せどうか)・旋毛(つむじ)・旋風(つむじかぜ)・旋網(まきあみ)


せん【染】

[音]セン(慣) ゼン(漢) [訓]そめる そまる しみる しみ

学習漢字6年

色をしみ込ませる。そめる。「染色染織染毛染料捺染(なっせん)」

色がつく。しみ込む。影響を受ける。「汚染感染薫染浸染伝染


せん【栓】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢)

管や穴の口をふさぐもの。「栓塞(せんそく)/血栓密栓

管の先などに取り付け開閉装置。「音栓給水栓消火栓


せん【栓】

管や穴、また瓶などの口をふさぐもの。「ビール瓶の栓」「耳に栓をする」

水道管などの開閉装置コック。「消火栓」「ガス栓


せん【×殲】

[音]セン(呉)(漢) [訓]つくす ほろぼす

殺しつくす。滅ぼす。「殲滅

[補説] 「殱」は俗字


せん【×氈】

[音]セン(呉)(漢)

獣毛縮絨(しゅくじゅう)した布。「氈褥(せんじょく)/毛氈

難読氈鹿(かもしか)


せん【×氈】

毛織り敷物毛氈

庭園蘚苔むして—を敷く如く」〈鉄腸花間鶯


せん【泉】

[音]セン(漢) [訓]いずみ

学習漢字6年

地中からわき出る。いずみ。「泉水温泉渓泉源泉鉱泉神泉清泉盗泉飛泉噴泉湧泉(ゆうせんようせん)」

温泉のこと。「泉質塩泉間欠泉単純泉

あの世。「泉下黄泉(こうせん)」

穴あき銭。「泉貨/刀泉」

和泉(いずみ)国。「泉州

名のり]み・みず・みぞ・もと

難読和泉(いずみ)・黄泉(よみ)


せん【洗】

[音]セン(呉)(漢) [訓]あらう

学習漢字6年

汚れをあらい清める。「洗剤洗浄洗濯洗面洗練水洗

顔や物をあらう器。「杯洗筆洗

名のり]きよ・よし

難読御手洗(みたらし)


せん【浅〔淺〕】

[音]セン(呉)(漢) [訓]あさい

学習漢字4年

[一]〈セン〉

かさが少ない。「浅海浅水深浅

濃くない。「浅紅浅緑

知識思慮乏しい。あさはか。「浅学浅見浅薄浅慮

[二]〈あさ〉「浅瀬浅緑浅知恵遠浅

名のり]あさ

難読浅葱(あさぎ)・浅蜊(あさり)


せん【潜〔潛〕】

常用漢字] [音]セン(漢) [訓]ひそむ もぐる くぐる かずく ひそかに

水中にもぐる。「潜航潜水

中にひそんで表面現れない。「潜居潜行潜在潜伏

思いひそめる物事没頭する。「潜心沈潜

潜水艦」の略。「原潜

名のり]すみ


せん【煎】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]いる

水分がなくなるまで熱する。「煎餅(せんべい)/香煎焙煎(ばいせん)」

煮出す。「煎茶煎薬

難読煎海鼠(いりこ)


せん【×煽】

[音]セン(呉)(漢) [訓]あおる おだてる

人をそそのかすおだてる。あおる。「煽情煽動


せん【×疝】

疝気(せんき)」に同じ。


せん【×磚/×塼/×甎】

東洋建築に用いられた煉瓦(れんが)。正方形長方形の厚い平板で、中国周代始まり漢代発展城壁墓室などに用いられた。日本では主として飛鳥(あすか)・奈良時代に用いられ、表面唐草模様天人鳳凰(ほうおう)などを浮き彫りにしてある。


せん【×穿】

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]うがつ はく

穴をあけて通す。うがつ。「穿孔穿鑿(せんさく)」


せん【箋/×籤】

書き付け用の細長い紙片手紙。ふだ。

木・竹象牙などで作り書名などを記して経巻を包む帙簀(ちす)のひもや巻子本(かんすぼん)の軸に結びつけたり書籍中に挿入したりして検索に用いる


せん【箋】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢)

メモ手紙などを書く紙片。「詩箋便箋付箋用箋

注釈をつける。「箋注


せん【×籤】

[音]セン(呉)(漢) [訓]くじ

くじ。「抽籤当籤

[補説] 「籖」は俗字


せん【線】

[音]セン(呉)(漢)

学習漢字2年

糸のように細長いもの。棒状・ひも状のもの。「線香線虫琴線光線混線視線鉄線電線銅線配線無線

描かれたすじ。「線条線分曲線実線直線点線波線白線傍線放物線

すじのように見え境目。「死線雪線戦線前線海岸線

交通機関筋道。「線路沿線幹線支線社線脱線単線複線本線・路線」

つながり。手づる。「伏線


せん【線】

糸のように細長く連続するもの。すじ。「地面線を引く

電流電気信号などを通すための道筋電線電話線。「台風で線が切れる」「電話殺到して線がふさがる」「ニクロム線

光線放射線。「エックス線

幾何学で、点が動くとき、面が交わるときにできる、幅と厚さのない長さ直線曲線とがある。

交通機関道筋路線。「ローカル線

物事を行う道筋方針。「その線で交渉しよう」

物事境目仕切り。「どこで線を引くか」「公人として越えてはならない線だ」

物事の、ある水準。「社会福祉の面では欧米の線に達していない

物の輪郭。「脚の線が美しい」

10多く線が太い」「線が細い」の形で用いる)外見言動などからうかがえるその人印象。「線の細いおとなしい女性」→線が太い線が細い


せん【繊】

繊蘿蔔(せんろふ)」の略。「大根を繊に切る」

数の単位。1の1000万分の1。→位(くらい)[表]


せん【繊〔纖〕】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢)

ほそい。こまかい。「繊維繊細繊繊繊毛

繊維。「化繊

難読巻繊(けんちん)


せん【羨】

常用漢字] [音]セン(漢) エン(呉)(漢) [訓]うらやむ うらやましい

[一]〈セン〉うらやむ。うらやましがる。「羨望欽羨(きんせん)」

[二]エン〉墓の地下道。「羨道(えんどう)」

名のり]のぶ


せん【腺】

常用漢字] [音]セン(慣)

生物体内種々の液汁分泌する器官。「腺病質汗腺頸腺(けいせん)・毒腺乳腺蜜腺(みつせん)・涙腺

[補説] 「腺」は国字であるが、中国でも用いられる。


せん【腺】


せん【船】

[音]セン(漢) [訓]ふね ふな

学習漢字2年

[一]〈セン〉ふね。「船団船長船舶船尾艦船汽船客船漁船商船乗船造船帆船便船和船

[二]〈ふね(ぶね)〉「大船親船出船

[三]〈ふな〉「船底船出

難読船首(みよし)


せん【薦】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]すすめる こも

人を取り上げ用いるように進言する。「自薦推薦他薦特薦

こも。敷物。「薦席

名のり]しげ・のぶ


せん【×蝉】

人名用漢字] [音]セン(漢) [訓]せみ

[一]〈セン〉

昆虫の名。セミ。「蝉蛻(せんぜい)/寒蝉秋蝉

連なって美しい。「蝉鬢(せんびん)」

[二]〈せみ(ぜみ)〉「蝉時雨(せみしぐれ)/油蝉

[補説] 人名用漢字表戸籍法)の字体は「蟬」。


せん【詮】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]かい

物事道理をつき詰める。「詮議詮索所詮

名のりあき・あきら・さと・さとし・とし・とも・のり


せん【詮】

なすべき手段方法せんかた

泣くより外に—がなかったのだろう」〈左千夫・野菊の墓

効果価値。かい。ききめ。「後悔しても詮のないことだ」

煎じつめたところ。結局

申し受くるところの—は、ただ重盛が頸をめされ候へ」〈平家・二〉

選択詮議

「かやうのまことの—にあひ奉らんものは」〈盛衰記・一〉

物事要点必須眼目

が—ぢゃといふが」〈虎寛狂・清水


せん【×賤】

[音]セン(漢) [訓]いやしい しず いやしむ

身分が低い。いやしい。「貴賤下賤(げせん)・卑賤貧賤

さげすむいやしむ。「賤称

自分けんそんしていう語。「賤妾(せんしょう)」

難読山賤(やまがつ)


せん【×跣】

[音]セン(呉)(漢) [訓]はだし

はだし。すあし。「跣足徒跣


せん【践〔踐〕】

常用漢字] [音]セン(漢) [訓]ふむ

ふみ行う。「実践履践

位につく。「践祚(せんそ)」


せん【遷】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]うつる うつす

元の場所や地位から離れ別の所に移る。移す。「遷都左遷孟母三遷(もうぼさんせん)」

物事時間とともに移り変わる。「変遷

魂が体から抜け出る。死ぬ。「遷化(せんげ)」


せん【選】

[音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ える よる

学習漢字4年

より分けてえらぶ。えらぶこと。「選挙選曲選鉱選手選択選定選別改選官選人選精選特選入選予選落選

詩文をえらび集め書物。「文選(もんぜん)・唐詩選

名のり]かず・かつ・のぶ・よし・より


せん【選】

多くのものの中から、すぐれたものや条件に合うものなどを選ぶこと。「短歌の選にあたる」「選にもれる」


せん【×銑】

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]ずく

鉄鉱石を溶かし取り出しで、不純物を含むもの。ずく。「銑鉄溶銑

[補説] 原義は、精錬された金属平成22年2010常用漢字表から削除人名用漢字追加された。

名のり]さね


せん【×銓】

[音]セン(呉)(漢) [訓]はかる

はかり。また、目方をはかる。人物才能をはかって選ぶ。「銓衡


せん【銭】

貨幣単位。円の100分の1。

昔の貨幣単位。貫の1000分の1。文(もん)。


せん【銭〔錢〕】

[音]セン(漢) [訓]ぜに

学習漢字6年

[一]〈セン〉

ぜに。かね。「銭湯悪銭金銭古銭口銭賽銭(さいせん)・借銭鋳銭銅銭米銭連銭(れんぜん)」

貨幣単位。円の一〇〇分の一。「一銭

[二]〈ぜに〉「銭形小銭日銭身銭


せん【×閃】

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]ひらめく

きらりと光る。ひらめく。「閃光閃閃一閃電閃


せん【×餞】

[音]セン(漢) [訓]はなむけ

旅立つ人に贈り物をすること。はなむけ。「餞別予餞会


せん【×餞】

[名](スル)はなむけをすること。餞別また、別れの宴。

「奝然上人の唐に赴くを—して」〈露伴連環記


せん【×饌】

[音]セン(漢)

供え食べ物ごちそう。「饌米佳饌饗饌(きょうせん)・酒饌神饌


せん【×饌】

供え物また、調えられた食物食事

青魚(さば)の煮魚上条夕食の—に上ったために」〈鴎外・雁〉


せん【鮮】

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]あざやか すくない

取りたてで生きがよい。生生しい。「鮮魚鮮血/新鮮・生鮮

形・色がくっきりしている。あざやか。「鮮明鮮緑鮮烈

すくない。「鮮少

名のり]あきら・き・まれ・よし


セン

別名:ハリギリ, 栓
【英】:Kalopanax pictus
(ウコギ科)


北海道本州四国九州に、また朝鮮中国ソ連分布しますが、産地としては、北海道が最も有名です。この樹種は、木材としてはセン、樹木としてはとげがあることからハリギリと呼ばれます。木材をオニセンとヌカセンと呼んで、2種あるとすることがあります。これが分類学上の違いよるものではなさそうです。オニセンと呼ばれるものは、年輪幅が広く、より重硬で、乾燥などで狂い易いですが、ヌカセンは年輪幅が狭く、より軽軟で、加工し易く、どちらかというと家具用には後者が好まれているようです

木材
年輪の境には大き道管環状配列しているため、年輪がはっきりと見え、肌目は粗くなっています。一般に樹木成長がよい若い時期に形成された木材では、年輪幅が広くなるので、年輪内に占め環状道管部分割合少なくなり、繊維部分割合が増えます。このことによって、その年内の細胞の壁の量が増え、比重増加することになります逆にだんだんと樹齢重ねると年輪幅が狭くなり、逆に比重は低くなります。気乾比重は0.40~0.52(平均値)~0.69で、広葉樹材としてほぼ中庸です。心材淡黄褐色あるいは黄白色で、辺材はやや淡色です。木材保存性は低く、加工し易いといえます。とくに年輪幅の狭いものは、より軽軟で、加工し易いため、家具用材としては好まれていますが、あまり軽軟になると脆くなりますので、逆に使いにくくなります。

用途
家具合板器具建築下駄価格の低いもの、ヤマギリ呼ばれる。)かって、センの合板が、米国大量に“sen”の名で輸出されたことがあり、一時米国市場での有名な輸出材の一つとされていました。


読み方:セン(sen

焼成した煉瓦

別名 専、磚、甎、甓


読み方:セン(sen

古代政治上の文書


読み方:セン(sen

焼成した煉瓦

別名 塼、磚、甎、甓


読み方:セン(sen

焼成した煉瓦

別名 塼、専、磚、甓


読み方:セン(sen

焼成した煉瓦

別名 塼、専、甎、甓


穿

読み方:セン(sen

貨銭の名所の一で中央の孔のこと。


読み方:セン(sen

巻子を巻く竹製又は木製等の軸木


読み方:セン(sen

事柄道理を明確にする。


読み方:セン(sen

古代身分秩序良民対する語。


セン

名前 SengSennSenSaintSheng

セン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 03:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

セン






  • 画数:6
  • 音読み:セン

  • 画数:6
  • 音読み:セン

  • 画数:9
  • 音読み:セン

  • 画数:12
  • 音読み:セン、 ゼン、 シ

  • 画数:5
  • 音読み:セン

  • 画数:15
  • 音読み:セン、 タン



  • 画数:12
  • 音読み:セン
  • ピンイン:xuan4
  • 対応する英語:add repeated washes of color



  • 画数:8
  • 音読み:セン

  • 画数:13
  • 音読み:セン
  • ピンイン:xuan1 / xuan3
  • 対応する英語:ornamental piece of jade several



  • 画数:21
  • 音読み:セン
  • ピンイン:zhuan4
  • 対応する英語:to feed, to provide for delicacies, dainties






  • 画数:10
  • 音読み:セン、 シン





  • 画数:20
  • 音読み:セン
  • ピンイン:shan4
  • 対応する英語:geld, castrate

  • 画数:19
  • 音読み:セン
  • ピンイン:jian1
  • 対応する英語:forelock, bangs

  • 画数:20
  • 音読み:セン、 ゼン

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「セン」に関係したコラム

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • 株365の相場とニューヨーク市場の相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄とニューヨーク市場の相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の...

  • 株365の相場と原油相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と原油相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとに...

  • 株365の相場と金相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と金相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとにな...

  • CFDのペアトレードの方法

    ペアトレードは、似たような価格の推移する2つの銘柄を、片方を売り建てし、もう片方を買い建てすることです。2つの銘柄は基本的に同じような値動きをしますが、僅かな価格のブレが生じた時に利益が発生することが...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引の見方

    FTSE中国25証拠金取引は、FTSE中国25に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE中国25の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE中国25証拠金取引の値動きを予測できます。FTSE中国...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セン」の関連用語

センのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



センのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS