舞扇とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 扇子・うちわの種類 > 舞扇の意味・解説 

まい‐おうぎ〔まひあふぎ〕【舞扇】

舞をまうときに用いる扇。多くは、色彩美し大形の扇。


舞扇

舞扇
能扇同様に室町時代以降発展した舞踏用の紙扇で芸術的工芸品の域に達し飾り扇としても世界的にも有名である。 などの図柄多く、その使われ方から、竹骨に鉛を埋め込むなど、扇の造り一定のスタイルあります

舞扇

作者芝木好子

収載図書花霞
出版社集英社
刊行年月1989.6
シリーズ名集英社文庫


舞扇

作者池田瓢阿

収載図書骨董巷談古美術をめぐる恋と欲の物語
出版社里文出版
刊行年月1992.10


舞扇

読み方:マイオウギ(maiougi)

初演 天明6.8(大坂・嵐市松座)


舞扇

読み方:マイオウギ(maiougi)

初演 宝永6.11(大坂荻野八重桐座)


舞扇

読み方:マイオウギ(maiougi)

作者 北条誠

初出 昭和14年

ジャンル 小説


舞扇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/05/04 14:28 UTC 版)

舞扇(まいおうぎ)は、日本舞踊に用いられる扇子である。普通の扇子と材質は同じで、10本ある骨には竹や木、扇面は紙が用いられる。しかし舞踊では扇を投げたり、指で挟んで回す「要返し」などの動作を行ったりするため、扱いやすいよう要の部分に鉛の重りが仕込まれている。また耐久度を上げるため、親骨と紙は糊で貼られた上に糸で結ばれ強化されている。




「舞扇」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「舞扇」の関連用語

舞扇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舞扇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
京都扇子団扇商工協同組合京都扇子団扇商工協同組合
Copyright (C) 2021 京都扇子団扇商工協同組合 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舞扇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS