奮戦とは? わかりやすく解説

ふん‐せん【奮戦】

読み方:ふんせん

[名](スル)気力をふるい起こして力いっぱい戦うことまた、全力でがんばること。奮闘。「古豪相手に―する」「育児に―する」

「奮戦」に似た言葉

奮戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 02:25 UTC 版)

朝比奈茂吉」の記事における「奮戦」の解説

16日に合流した大鳥圭介伝習隊と共に新政府側の笠間藩壬生藩部隊交戦、数で勝る新政府軍スナイドル銃スペンサー銃など新式の銃を装備していた凌霜隊圧倒した以降北関東戦線連戦する宇都宮城の戦い退却余儀なくされるその後凌霜隊日向内記指揮会津藩兵に従った会津若松城への退却戦を続ける中、会津藩小山田四郎と共に塩原宿に駐屯するその後会津藩から「敵方この地使われないように一軒残ら焼き払え」との命令により塩原周辺の家屋焼き払うことになるが、茂吉らは3ヶ月間世話になった塩原を焼く事は忍びないと、妙雲寺臨済宗妙心寺派甘露山(現栃木県那須塩原市塩原))には放火せず、また、すぐに建て直し出来るように、事前に主な建物解体し建材を残すなどした。 9月6日凌霜隊若松城入城し日向内記指揮下に入って白虎中合同隊と共に西出丸守備に就き新政府軍激戦繰り広げた。 そして明治元年1868年9月22日会津藩降伏する凌霜隊もこれに従って降伏し、城を出て猪苗代謹慎し、会津戦争終わりを告げた

※この「奮戦」の解説は、「朝比奈茂吉」の解説の一部です。
「奮戦」を含む「朝比奈茂吉」の記事については、「朝比奈茂吉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「奮戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

奮戦

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:45 UTC 版)

名詞

ふんせん

  1. 気力奮い起こし戦うこと。

発音(?)

ふ↗んせん

動詞

活用

サ行変格活用
奮戦-する

「奮戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奮戦」の関連用語

奮戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奮戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの朝比奈茂吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの奮戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS