賃上げとは? わかりやすく解説

ちん‐あげ【賃上げ】

読み方:ちんあげ

[名](スル)賃金を上げること。「平均5パーセント—する」


賃上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:59 UTC 版)

西田実仁」の記事における「賃上げ」の解説

2016年10月参議院予算委員会質問に立ち、中間層所得底上げには中小企業の賃上げが重要であることを指摘し政府賃上げを後押しする支援策の拡充求めた。この指摘を受け、当時塩崎厚生労働相は、「中小企業の賃上げを後押しするキャリアアップ助成金は、従来2%以上の賃上げが対象だったが、3%以上の賃上げを行った場合、さらに新たな加算を行う。」と応じ中小企業の賃上げへの認識を示した2022年2月予算委員会質問に立ち、物価上昇に伴い中間層下の生活が苦しくなっていると指摘し企業生産性上昇見合った賃上げをやっていくことが必要との考え示し大企業情報開示盛り込むべきと政府訴えた。これに対して岸田総理から、「賃上げや価格転嫁などの取り組み評価されるように、非財政情報開示ルールしっかりと整備し見える化を図ることは重要」との答弁引き出した2022年度税制改正について言及した際、転職を通じてスキルアップ目指す従業員に対して税制面で支援について「必要」なことであるとし、企業の取り組み促進するような制度について政府具体的な検討をするよう要請した2022年2月参議院予算委員会において、ウクライナ情勢に伴う物価高騰について、生活が苦しくなることを避けなければならない指摘し、「企業が、輸入価格上がっている、それを価格転嫁をし、そして転嫁ができなければ収益圧迫されますので、賃上げ余力も出ません。何とかその企業新たな価格体系移行をしつつも、これまでの生産性上昇見合った賃上げというものを是非ともやっていく必要がある」と強調し、賃上げの必要性訴えている

※この「賃上げ」の解説は、「西田実仁」の解説の一部です。
「賃上げ」を含む「西田実仁」の記事については、「西田実仁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「賃上げ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「賃上げ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

賃上げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



賃上げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの西田実仁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS