ゲンとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 東京方言 > ゲンの意味・解説 

ゲン【(ドイツ)Gen】


げん【×甗】

古代中国で用いられた蒸し器。鬲(れき)の上に甑(そう)を結合したもの土器青銅器ともにある。


げん【元】

[音]ゲン(漢) ガン(グヮン)(呉) [訓]もと はじめ

学習漢字2年

[一]〈ゲン〉

物事のもと。根本。「元気・元素還元根元復元

はじめ。「元始

頭部。「元服黎元(れいげん)」

第一の人。かしら。「元首元帥元老

大きい。「元勲

年号。「元号改元紀元

中国の王朝の名。「元寇

[二]ガン

もと。「元金元利

はじめ。「元日元祖元年元来

[三]〈もと〉「元手元値家元地元根元身元

名のり]あさ・ちか・つかさ・なが・はじむ・はる・まさ・ゆき・よし

難読筒元(どうもと)


げん【元】

数学で、

方程式未知数の数。「二元方程式

集合をつくっている一つ一つのもの。要素

yuan中華人民共和国の通貨単位。1元は10角(かく)。人民元ユアン記号¥。

元の画像
元(2)
元の画像
元(2)の裏には泰山三峡漓江(りこう)、ポタラ宮人民大会堂が描かれている

げん【元】

中国の王朝の一。モンゴル帝国第5代の皇帝フビライ1271年建国首都大都北京)。のち南宋を滅ぼして中国統一高麗(こうらい)・安南・タイ・ビルマなどをも従えて、大帝国を築いたが、1368年、明の太祖朱元璋(しゅげんしょう)に滅ぼされた。


げん【原】

[音]ゲン(漢) [訓]はら もと

学習漢字2年

[一]〈ゲン〉

はら。「原野高原湿原草原氷原平原

(「源」と通用みなもと水源。「原泉

物事のもと。起こり始め。「原案原因原稿原作原子原始原色原則原油原理原料起原語原根原病原

原子」「原子力」の略。「原潜原爆原発

[二]〈はら(ばら)〉「海原(うなばら)・野原松原高天原(たかまがはら)」

名のり]おか・はじめ


げん【原】

連体詞的に用いる)もとの。もともとの。「原判決」「原著者」


げん【厳/×儼】

【一】ト・タル[文]形動タリ

態度処置などがきびしいさま。「—として慎むべきだ」「—たる態度で臨む」

かしがたく、おごそかなさま。「今も—として存在する」「—たる事実

【二】形動ナリ【一】に同じ。→厳(げん)に

然るに封鎖—にして此の目的達し得ざる時は」〈独歩・愛弟通信


げん【厳〔嚴〕】

[音]ゲン(漢) ゴン(呉) [訓]おごそか きびしい いかめしい いつくし

学習漢字6年

[一]〈ゲン〉

おごそかいかめしい。「厳粛厳然威厳謹厳尊厳

容赦がない。きびしい。「厳格・厳重・厳正・厳密/戒厳冷厳

激しい。ひどい。「厳寒厳冬

自分の、または他人の父に対す敬称。「厳君厳父家厳

[二]ゴンおごそか。「荘厳(そうごんしょうごん)」

名のり]いかし・いず・いつ・いつき・いわ・かね・たか・つよ・ひろ・よし


げん【幻】

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]まぼろし

まぼろし。「幻影幻覚幻視幻想幻聴幻滅夢幻

まどわす。目くらまし。「幻術幻惑変幻


げん【弦】

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]つる

[一]〈ゲン〉

弓のつる。「鳴弦

(「絃」と通用弦楽器の糸。糸を張った楽器。「弦歌弦楽管弦三弦調弦

半月また、半月両端を結んだ直線。「下弦・初弦・上弦

直角三角形斜辺。「正弦余弦

[二]〈つる(づる)〉「弦音弓弦

名のり]いと・お・ふさ


げん【弦】

弓づる。

(「絃」とも書く)楽器張り、はじいたりこすったりして音を出す糸。また、それを張った楽器。琴・三味線バイオリンなどの弦楽器

弓を張った形の月。半円形の月。弓張り月弦月

(ます)の上縁につけた四角形のさん。

数学で、円周または曲線上の点を結ぶ線分また、直角三角形斜辺


げん【×彦】

人名用漢字] [音]ゲン(呉)(漢) [訓]ひこ

容姿や才に秀でた男子。「俊彦諸彦

名のり]お・さと・ひろ・やす・よし


げん【患】

⇒かん


げん【減】

[音]ゲン(慣) [訓]へる へらす

学習漢字5年

へる。へらす。「減給減産減少減税減退減配軽減激減削減節減漸減増減半減

引き算。「減法加減乗除

名のり]き・つぎ

難読減上(めりかり)・減張(めりはり)


げん【減】

減ること。減らすこと。「前月10パーセントの減」⇔増(ぞう)。

律令制刑法で、罪を軽くすること。減刑すること。


げん【源】

[音]ゲン(漢) [訓]みなもと

学習漢字6年

水流発する所。「源泉源流水源地抜本塞源(ばっぽんそくげん)」

物事の出てくるもと。「淵源(えんげん)・起源語源光源根源財源資源字源震源電源病源本源

四姓の一。源氏。「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」

名のり]はじめ・もと・よし


げん【玄】

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]くろ くろ

赤または黄を帯びた黒色。「玄黄玄米

深くて暗い。「玄関玄室玄妙幽玄

奥深い道理。「玄学

はるかに遠い。「玄孫

名のりしず・しずか・つね・とお・とら・のり・はじめ・はる・はるか・ひかる・ひろ・ふか・ふか

難読玄鳥(つばくらめ)・玄孫(やしゃご)


げん【玄】

赤または黄を含む黒色

老荘思想説く哲理空間時間超越し、天地万象根源となるもの。

微妙で奥深いこと。深遠なおもむき

「—を談じ理を折(ひら)く」〈太平記・一〉

《玄のつく名が多いところから》江戸時代遊里で、医者のこと。また、医者を装ったところから、僧侶の客をいう。玄様

浅草あたりの—、色里にうかれゆきけるに」〈浮・常々


げん【現】

[音]ゲン(呉) [訓]あらわれる あらわす うつつ うつし

学習漢字5年

[一]〈ゲン〉

見えなかったものが見えてくる。あらわれる。あらわす。「現象具現再現実現出現体現表現

今。まのあたり実際の。「現行・現在・現実現状現代現地現物

[二]〈うつつ〉「夢現

名のり]あり・み

難読]現津神(あきつかみ)・現人神(あらひとがみ)・現身(うつしみ)・現世(うつしよ)


げん【現】

連体詞的に用いて現在の。今の。「現政府」「現段階」「現チャンピオン

現世(げんせ)」の略。「過現未

あまねく—には千幸万福に楽しみて」〈盛衰記・三九〉

⇒現に


げん【監】

奈良時代離宮の置かれた、畿内特別行政区芳野監和泉監の二監があった。

大宰府第三等官。


げん【×眩】

[音]ゲン(呉) [訓]くらむ くらます まぶしい まばゆい

目がくらむ。目をくらます。「眩暈(げんうん)・眩人眩惑

難読眩暈(めまい)・目眩(めまい)・瞑眩(めんげん・めんけん)


げん【眼】

⇒がん


げん【研/拳/嫌/験】

〈研〉⇒けん

〈拳〉⇒けん

〈嫌〉⇒けん

〈験〉⇒けん


げん【×絃】

人名用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]いと

楽器張る糸。糸を張った楽器。「管絃三絃断絃

[補説] 「弦」と通用する。

名のり]お・つる


げん【×絃】

「弦(げん)2」に同じ。


げん【舷】

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]ふなばた

ふなべりふなばた。「舷窓舷側右舷左舷


げん【舷】

船の両側面。ふなべりふなばた


げん【×衒】

[音]ゲン(呉) [訓]てらう

見せびらかすひけらかす。てらう。「衒学衒気

難読女衒(ぜげん)


げん【言】

[音]ゲン(漢) ゴン(呉) [訓]いう こと

学習漢字2年

[一]〈ゲン〉

いう。「言明言論極言公言助言代言断言直言不言付言放言明言

ことば。「言語言行格言甘言虚言狂言金言苦言至言序言食言寸言前言体言発言評言方言・名言・用言流言

[二]ゴン

いう。「言上過言他言

ことば。「言語道断真言雑言(ぞうごん)・無言遺言(ゆいごん)」

[三]〈こと(ごと)〉「言霊(ことだま)・言葉片言寝言

名のり]あき・あや・とき・とし・とも・のぶ・のり・ゆき

難読譫言(うわごと)・囈言(うわごとたわごと)・言伝(ことづて)・戯言(ざれごと)・戯言(たわごと)・虚言(そらごと)


げん【言】

ものを言うこと。言った言葉。「本人の言を信じる」

パロール


げん【×諺】

人名用漢字] [音]ゲン(呉)(漢) [訓]ことわざ

ことわざ。「古諺俗諺俚諺(りげん)」

通俗語。「諺解

難読諺文(オンモン・オンムン)


げん【限】

[音]ゲン(呉) [訓]かぎる きり

学習漢字5年

範囲定める。かぎる。「限定局限制限

区切り。かぎり。「限界限度期限権限刻限際限上限年限・無限」


げん【験】

仏道修行を積んだしるし。特に修験者の行う加持祈祷(かじきとう)のききめ。

ある事を行ったことによるききめ。効果

「こんな姑息手段で断えず額を冷やし見たが、一向はかばかしい—もないので」〈漱石・門〉

縁起前兆。「験が悪い」「験をかつぐ」


ゲン

東京方言意味・用例
ゲン効験効き目、「はや揚屋にはげんを見せて手たたきても返事せず」

ゲン

東京方言意味・用例
ゲン縁起前兆げんがいい」

ゲン

名前 GengGenn

ゲン

読み方:げん

  1. 女房ノコトヲ云フ。〔第六類 人身部・長野県〕
  2. 女房ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・茨城県
  3. 女房を云ふ(センポ)、又は美装せる婦人転じて女子陰部を云ふ。

分類 茨城県長野県


ゲン

読み方:げん

  1. 性器(女)。

分類 ルンペン大阪


ゲン

読み方:げん

  1. 女ノ被害者ノコト。

分類 掏摸

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ゲン(gen

作者 西脇順三郎

初出 昭和39年

ジャンル


げん

(ゲン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 01:53 UTC 版)

漢字では「」、「」、「」、「」、「」、「」などがある。




「げん」の続きの解説一覧


  • 画数:23
  • 音読み:ゲン、 ゴン






※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ゲン」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲン」の関連用語

ゲンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゲンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのげん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS