揚屋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 揚屋 > 揚屋の意味・解説 

あげ や [0] 【揚屋】

江戸時代太夫たゆう)・格子など上級遊女を呼んで遊ぶ家。江戸では宝暦1751~1764)頃廃れた。


揚屋

読み方:アガリヤ(agariya)

江戸時代の牢座敷


揚屋

読み方:アゲヤ(ageya)

遊郭で客が遊女を招いて遊興する家。


揚屋

読み方:あげや

  1. 娼妓を招いて遊ぶ家、即ち貸座敷のことをいふ。〔花柳語〕
  2. 貸座敷のことである。娼妓(しやうぎ)を揚げて遊ぶところ。〔花柳界
  3. 京阪地方では芸娼妓を呼んで遊ぶ家を「貸席」「貸座敷」「呼揚貸座敷」とも云ひ、芸娼妓抱へて置く家を「置屋」といふ、即ち女郎屋には他の置屋から呼ぶことになつてゐる、又単に娼妓抱へてゐるだけで、其の派出は之を置屋一任してゐるものもあり、之を「家形」といふ。京阪地方では今でも遊興費現金でとらないので、特に一元の客のみを扱ひ、現金制度とする店を「一元茶屋」といつてゐる。芸者置屋は之を特に「芸妓置屋」といふ。
  4. 娼妓を招いて遊ぶ家即ち貸座敷のことをいふ。
  5. 〔俗〕娼妓を招いて遊ぶ家、即ち貸座敷のこと。
  6. 貸座敷即ち女郎屋のこと。
  7. 貸座敷の事を云ふ。
  8. 遊女を招いて遊ぶ家。
  9. 貸座敷女郎屋遊女をあげて遊ぶ家の意味。
  10. 娼妓を招いて遊ぶ家、つまり貸座敷のこと。〔花柳界
  11. 貸座敷、特飲店。「揚屋」は元来引手茶屋のことであるが、茶屋がなくなつて遊客揚げる場所をいうようになつた。〔花〕

分類 京阪地方花柳界花柳界花柳界風俗花柳語、花/風俗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

揚屋

読み方:アゲヤ(ageya)

初演 明治35.7(東京本郷座)


揚屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/25 22:20 UTC 版)

揚屋(あげや、あがりや)




「揚屋」の続きの解説一覧



揚屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「揚屋」の関連用語

揚屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



揚屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの揚屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS