目眩とは?

め‐まい〔‐まひ〕【目×眩/眩暈】

目が回ったり、くらんだりすること。回転昇降傾斜などを感じるものは平衡感覚の異常により、立ちくらみのものは血行障害により起こる。げんうん

[補説] 作品別項。→眩暈


め‐くら・む【目眩】

〔自マ五(四)目がくらむ。めまいがする。

ガダルカナル戦詩集(1958)〈井上光晴〉「ドレズドフ参謀は目くらむような意外な動揺感じた」


め‐まい ‥まひ 【目眩・眩暈】

〔名〕 (「目舞い」から) 外界動揺あるいは回転しているような感覚総称する語。体の不安定感から回転性めまいまで多くのものが含まれる原因内耳性、小脳性、眼性、神経性など種々のものがあるげんうん

謡曲卒都婆小町(1384頃)「あら苦し目まひや、胸苦しやと」


め‐くるめ・く【目眩】

〔自カ五(四)目がくらむ。めまいがする。めくるべく。めくらめく。

古本説話集(1130頃か)六四めくるめく心地すれば」

浄瑠璃出世景清(1685)道行「むざんやな小野の姫息もはやたへだへに、心も乱れくるめき


め‐くらまし【目眩】

〔名〕 手品また、手品師

俳諧難波草(1671)秋「夕霧の露や品玉目くらまし〈卜心〉」

和漢三才図会(1712)一六幻戯(メクラマシ) 俗云、目久良末之、今云魔法


め‐く・る【目眩】

⇒め(目)が眩(く)れる


目眩

作者北沢

収載図書見つめる窓辺
出版社文芸社
刊行年月2001.3


めまい

(目眩 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 06:51 UTC 版)

めまいは、が回るようなくらくらとした感覚の総称である。眩暈目眩眩冒などと書く。眩は目がかすみ目の前が暗くなることで暈はぐるぐる物が回ってみえたり、物が揺れ動いて見えること。目眩は目がかすみ頭がくらくらすること。眩冒はひどく頭がくらくらして目の前が暗くなることとなる。単にめまいと言われたとき、人によって表現したい現象が異なっていることがめまいの特徴である(=様々な症候を示している)。医学的には視覚平衡感覚固有感覚の不統合によって感じる感覚と言われている。ただしこのような「目」や視覚にまつわるような感覚や呼称とは裏腹に眼科学との関連性は無く、一般的には耳鼻咽喉科学の領域とされる。運動失調とは区別が必要である。


  1. ^ 森脇龍太郎『ENTONI』第53号、全日本病院出版会、2005年、 54-59頁。
  2. ^ 新井基洋 2015.
  3. ^ 本当に明日から使える漢方薬―7時間速習入門コース p73-106 ISBN 9784880027067


「めまい」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目眩」の関連用語

目眩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目眩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのめまい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS