瞑眩とは?

めん‐けん【××眩】

[名](スル)《「めんげん」とも》

目がくらむこと。めまい。

「俗社会塩漬になり過ぎて只見てさえも―しそうな人間でないと」〈漱石虞美人草

漢方治療で、治癒前に一時的高熱下痢発疹(ほっしん)などが起こること。


好転反応

(瞑眩 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 09:26 UTC 版)

好転反応(こうてんはんのう)とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。


  1. ^ a b c d e f g h 森裕紀子、早崎知幸、伊藤剛、及川哲郎、花輪壽彦「瞑眩の特徴に関する検討:過去64年間の臨床報告から」『日本東洋医学雑誌』第65巻第2号、2014年、 79-86頁、 doi:10.3937/kampomed.65.79
  2. ^ 荒川和男「瞑眩の文献的考察」『漢方と最新治療』第8巻第1号、1999年、 39-46頁。
  3. ^ 八重徹司、八重恵美子「一般用医薬品の重大な副作用と規制緩和に関する意識調査 : 消費者アンケートからの考察」『医療薬学』第30巻第8号、2004年8月10日、 553-557頁、 doi:10.5649/jjphcs.30.553
  4. ^ 和田敦、青木佳世子、笹瀬典子、ほか「入院患者における健康食品使用実態と薬局およびインターネットにおける健康食品情報提供に関する調査」『医療薬学』第29巻第2号、2003年4月10日、 237-246頁、 doi:10.5649/jjphcs.29.237
  5. ^ 健康被害発生後も継続利用を勧められる美容・健康商品等 〜「好転反応」等といわれても、健康被害が出たら利用を一旦中止しましょう!(消費者庁、2014年12月10日 (アーカイブ 2020年10月13日確認))
  6. ^ a b 東京都福祉保健局、東京都生活文化スポーツ局『健康食品取扱マニュアル』薬事日報社、2008年、第5版、92-97頁。ISBN 978-4-8408-1060-9
  7. ^ ディフェリンゲル0.1%(医薬品医療機器総合機構)


「好転反応」の続きの解説一覧

瞑眩

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:05 UTC 版)

名詞

 めんけん、めんげん、めいげん

  1. めまい。

発音

め↗んけん
め↗んげん
め↗ーげん



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瞑眩」の関連用語

瞑眩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



瞑眩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの好転反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの瞑眩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS