復元とは? わかりやすく解説

ふく‐げん【復元/復原】

読み方:ふくげん

[名](スル)もとの形態位置に戻すこと。また、戻ること。「恐竜骨格を―する」「横転したヨットが―する」


復元

reversion
時効硬化した後に時効温度よりもやや高い温度短時間加熱することによって、ほぼ時効前の性質戻り軟化する現象

復元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 04:01 UTC 版)

復元(ふくげん、復原)とは、「元の位置や形態に戻す(戻る)」という意味である。




「復元」の続きの解説一覧

復元 (1997–現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 06:56 UTC 版)

カリプソ号」の記事における「復元 (1997–現在)」の解説

カリプソフランスマルセイユまで曳航され2年放置された1998年ラ・ロシェル海洋博物館曳航され、展示された。法律上他の要因により復元の開始遅れた。フランシーヌ・クストーが復元を監督した。フランシー・ヌクストー、ジャック・クストー未亡人と、元の購入者の孫であるLoel Guinness間に紛争生まれたロシェル市長によってこの紛争発見された時、復元の為の資金拠出躊躇われ、不確実なものとなった市長その後亡くなりルシェル市は復元の費用拠出打ち切ったカリプソ破損した態で残った2002年クストー最初の結婚孫娘アレクサンドラが復元に関わったクストー学会はまだフランシス・クストーの支配下にあったが千数百ドルフランシスによって排他的な前の使用アレクサンドラカリプソ修復参加するのを防ぐ為に費やされたと伝えられる2003年7月ラ・ロシェル海洋博物館館長Patrick Schneppが復元の状態に不満を表した。: "なにもかも私を落胆させる壊れていない物はすべて腐っていて腐っていないものは壊れている。" ガーディアン紙クストーは船をIle de Réまで曳航してそこで沈める事を想定していたが認められなかったと報告している。2004年11月30日カリプソLoel Guinnessによって象徴的にユーロカーニバルクルーズライン売却されたと報告された。カーニバル社は1.3百万ドル修復投資してバハマ博物館船とする可能性が高い2006年末、大半機材上部デッキから除去され風雪から守られない。この歴史的な船の行き先不鮮明だった。 2007年10月11日コンカルノーへの移送始まった。Piriou造船所修復され永久展示に向け改造される2008年10月4日スイス時計メーカーIWC Schaffhausen売り上げカリプソの復元に充当する新しい高級クロノグラフ発売した2009年クストー学会はフランシス・クストーが現在ブリタニーのPiriou造船所復元しているカリプソは"海と海洋大使"であると報告している。 修復完了したカリプソ自力航行できる"大使"になるだろう。 フランシス・クストーの不払いによりカリプソ修復作業2009年2月止まったコンカルノーのPiriou Naval Servicesは€850 000債務負っており、総額€1 737 000費やされた。現在船は造船所格納庫保管されている。 2010年6月BBCカリプソクストー100歳誕生日再進したと報告した

※この「復元 (1997–現在)」の解説は、「カリプソ号」の解説の一部です。
「復元 (1997–現在)」を含む「カリプソ号」の記事については、「カリプソ号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「復元」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

復元

出典:『Wiktionary』 (2018/04/13 09:03 UTC 版)

異表記・別形

名詞

 ふくげん

  1. 変化したものをもとに戻すこと。
  2. (しばしば「復原」と表記され船舶航空機二輪車などで、傾い船体機体車体構造上特性操縦により本来位置戻ることまた、小船などで、転覆した船体人力でもとに戻すこと。
  3. 情報技術退避されたデータをもとに戻すこと。リストア

発音(?)

↗くげん

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
復元-する

翻訳


「復元」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「復元」の関連用語

復元のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



復元のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの復元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカリプソ号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの復元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS