幻視とは?

げん し [0] 【幻視】

実際にはないものが、あたかもあるように見えること。 「一時幻聴起すに至る/百物語 鷗外

げんし 【幻視】

幻覚

幻視

作者戸田

収載図書戸田探偵小説選 2
出版社論創社
刊行年月2007.5
シリーズ名論創ミステリ叢書


幻覚

(幻視 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/18 09:21 UTC 版)

幻覚(げんかく、英語: hallucination)とは、医学(とくに精神医学)用語の一つで、対象なき知覚、すなわち「実際には外界からの入力がない感覚を体験してしまう症状」をさす。聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの幻覚も含むが、幻視の意味で使用されることもある。


  1. ^ a b サックス 2014, pp. 63-72.
  2. ^ Dementia with Lewy bodies”. NHS (2015年1月22日). 2015年1月22日閲覧。
  3. ^ 私の頭の中の声”. TED. 2017年12月3日閲覧。


「幻覚」の続きの解説一覧



幻視と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幻視」の関連用語

幻視のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幻視のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幻覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS