大宰府とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 大宰府の意味・解説 

おおみこともち‐の‐つかさ〔おほみこともち‐〕【大府】

だざいふ(大宰府)」に同じ。


だざい‐ふ【大宰府】

律令制で、九州および壱岐(いき)・対馬(つしま)を管轄し、また、外交海防などに当たった役所長官の帥(そち)以下の四等官のほか祭祀(さいし)をつかさどる主神(かんづかさ)が置かれた。平安時代以後親王が帥に任じられるようになって政務権帥(ごんのそち)が執ったが、中世に実際機能を失った。現在の福岡県太宰府市遺跡がある。遠(とお)の朝廷(みかど)。おおみこともちのつかさ

[補説] 地名別項。→太宰府

大宰府の画像

おおみこともち【大宰】 の 府(つかさ)

① =たいさい太宰)③

書紀720推古七年四月岩崎本訓)「筑紫の大宰(オホミコトモチノツカサ)奏上(まう)して言(まう)さく」

令制での対外および西海道九州)の総管府。帥、大少弐以下の四等官その他の職員防人司主船司以下の諸司などがある。九州諸国行政管理外国使節帰化人接待海防等を任務とした。大宰府(だざいふ)。〔二十巻本和名抄(934頃)〕


だざい‐ふ【大宰府・太宰府】

1⃣ 〔名〕 (大宰府) (古くは「ださいふ」) 令制で、天智天皇三年(六六四筑前国福岡県筑紫郡設置された地方官司。九州諸国行政管理外国使節接待海辺防備大陸からの商船貿易管理などの対外関係の諸事つかさどる中央政府九州諸国の間にあって「非京非国中間孤居」(三代格)して独自の政治的機能はたした職員に、主神(かんづかさ)一人、帥(そち)、大弐一人少弐、大少監、大少典二人、大少判事以下があり、防人司主船司蔵司などの諸司があった。天平一四年(七四二)一時廃止されて筑前国司を置き、同一五年一二筑紫鎮西府が置かれ、同一七年六月復活した。九世紀以後親王を帥に任ずるのが慣例となって、権帥大弐実質的政務を執った。鎌倉時代には幕府によって任命された鎮西奉行駐在して大宰府守護所と称され、さらに御家人武藤氏少弐世襲してから北九州三国守護所となったが、南北朝室町以後、その律令官制上の機能を失っていった。現在、福岡県太宰府市にその遺跡がある。だざいのふ。おおみこともちのつかさ

令義解718職員「大宰府〈帯筑前国〉」

平家13C前)八「平家筑前国三かさの郡太宰府にこそ着給へ

2⃣ (太宰府福岡県西部地名福岡市南東部隣接する。(一)が置かれて以来盛時平城京三分の一規模をもつようになり、九州地方中心地となった。菅原道真をまつる太宰府天満宮をはじめ、正庁都府楼跡・水城(みずき)跡・大野城跡四王寺跡・観世音寺国分寺榎寺などの史跡がある。昭和五七年(一九八二)市制


大宰府

読み方:オオミコトモチ(oomikotomochi)

令制で、筑前国筑紫郡に置かれた役所の名


大宰府 (だざいふ)

律令りつりょう時代筑前ちくぜん]国に置かれた中央の出先機関です。外交使節との交渉接待などを行いました。


大宰府

読み方:ダザイフ(dazaifu)

律令制下、筑前国におかれた地方特別官庁西国内政外交防衛管掌するほか、外交使節との交渉防衛にあたった。


大宰府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 15:44 UTC 版)

大宰府(だざいふ)[1]は、7世紀後半に、九州筑前国に設置された地方行政機関。軍事・外交を主任務とし、九州地方の内政も担当した。和名は「おほ みこともち の つかさ」とされる。なお多くの史書では太宰府とも記される[2]






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大宰府」の関連用語

大宰府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大宰府のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大宰府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS