姑息とは?

姑息

読み方:こそく

「姑息」の意味

姑息(こそく)の本来の意味は「一時的な」「急場しのぎの」「間に合わせの手段や方法のことである。一般的な理解としては、「姑息」という言葉は「卑怯な」「こせこせした」さまを表現する言葉として用いられることが多いが、これは本来は誤用である。

「姑息」は誤用が浸透している表現

文化庁2010年実施した「国語に関する世論調査」において、「姑息な手段」という表現で「姑息」の意味を本来の(「一時しのぎ」という)意味と回答した割合15%に留まり、「ひきょうな」という意味だと回答した割合70%を超えた、と報告している。しかし「姑息」を「卑怯な」という意味で用いる方法は、本来は誤用である。

「姑息」の語源・言葉の成り立ち

姑息の「姑」の字は(「しゅうとめ」とも読むが)しばらく、とりあえず、といった字義がある。姑息の「息」には(「呼吸」の意味の他に)止む、止める、といった字義もある。つまり「姑息」は、根本的解決代わりに行われる一時的間に合わせ対処のことである。


「姑息」の語は中国古典(「礼記」)に記された故事に基づくとされる

「姑息」の字を含む熟語の例

医療分野では、根本的治療ではないが病状緩和苦痛軽減期待して行われる治療行為を「姑息的治療」という。

古い習慣改善せずにだましだまし物事を行うさまを「因循姑息」(いんじゅんこそく)という。

「姑息=卑怯」という使い方には注意が必要

その場取り繕ってやり過ごす「姑息なやり方」に終始して、真っ向から事に取り組もうとする者は、卑怯者との誹り(そしり)を受けざるを得ない場合もある。「おのれ姑息なマネを……!」と云って卑怯者呼ばわりする場面あり得る。ただし「姑息なマネ」というのは「その場取り繕ってやり過ごそうとする性根」を卑怯と言っているのであり、直接に「卑怯な」と述べているわけではない

こ‐そく【×姑息】

[名・形動《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれその場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息

[補説] 近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々取り組まないさま」の意で用いられることがある
文化庁発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「姑息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が15.0パーセント、「きょうな」の意味で使う人が70.9パーセントという結果が出ている。

[派生] こそくさ[名]


姑息

読み方:コソク(kosoku)

根本的解決するのではなく一時間に合わせにすること


姑息

出典:『Wiktionary』 (2018/05/11 23:48 UTC 版)

名詞・形容動詞

(こそく)

  1. (「しばらく休する」が原義一時的間に合わせその場しのぎ。
  2. 卑怯ずるいこと。この語義誤用とする説もある。

成句

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「姑息」の関連用語

姑息のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



姑息のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの姑息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS