愛国心とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 愛国心の意味・解説 

愛国心

読み方:あいこくしん

自分の国を愛す心情。特に自分祖国対す愛着の念を指すことが多い。

愛国心

作者アルフォンス・アレー

収載図書悪戯の愉しみ
出版社福武書店
刊行年月1987.1
シリーズ名福武文庫


愛国心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/26 08:02 UTC 版)

愛国心(あいこくしん)または愛国主義(あいこくしゅぎ、パトリオティズム: patriotism)は、自分の国家に対し、愛着忠誠を抱く心情[1]


  1. ^ デジタル大辞林、日本大百科全書(ニッポニカ)、他
  2. ^ Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, πατρι-ώτης
  3. ^ Oxford English Dictionary
  4. ^ a b c d e f 嘉戸一将 2008, pp. 58-92.
  5. ^ a b Historical Dictionary of the Enlightenment - Harvey Chisick - Google Books. Books.google.com. https://books.google.com/books?id=5N-wqTXwiU0C&pg=PA313 2013年11月3日閲覧。 
  6. ^ Boswell, James (1986), Hibbert, Christopher, ed., The Life of Samuel Johnson, New York: Penguin Classics, ISBN 0-14-043116-0 
  7. ^ 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと 高橋史朗:著 致知出版社 平成26年1月30日第1冊発行 978-4-8009-1029-5 87頁
  8. ^ 改正前後の教育基本法の比較 (PDF)”. 文部科学省 (2006年12月19日). 2019年10月20日閲覧。
  9. ^ 岡村志嘉子「中国の愛国主義教育に関する諸規定」、国立国会図書館『レファレンス』2004年12月。[1]


「愛国心」の続きの解説一覧

愛国心

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:36 UTC 版)

名詞

あいこくしん

  1. 自国を大切に思う心。ナショナリズムと訳される場合もある。一般にパトリオティズム

発音

あ↗いこく↘しん ; aikokusin (訓令式)、aikokushin (ヘボン式)
IPA: /aikokɯ̥ɕiɴ/
X-SAMPA:/aikokM_0s/iN//

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛国心」の関連用語

愛国心のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



愛国心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛国心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの愛国心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS