めりはりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > めりはりの意味・解説 

めり‐はり【減り張り/乙張り】

ゆるむことと張ること。特に、音声抑揚や、演劇などで、せりふ回し強弱伸縮をいう。「—のきいたせりふ」

物事強弱などをはっきりさせること。「—をつけて仕事をする」


めり‐はり【減張・乙張】

〔名〕 (「めり」「はり」はそれぞれ動詞「める(減)」「はる(張)」の連用形名詞化) ゆるむこととはること。特に、音声高低抑揚歌舞伎演技での強弱伸縮をいう。めりかり。「めりはりをつけて話す」

歌舞妓事始(1762)四「芸を為もの、せりふをはり、つっこんでする時は見る人める也。仕う骨髄になす時は見る人はる也。因てめりはりの大事也」


滅り張り

読み方:めりはり

  1. 〔演〕台詞抑揚をいう、滅りは調子を低くすること、張りは高くすること。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「めりはり」の関連用語

めりはりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



めりはりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS