孟母三遷とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 孟母三遷の意味・解説 

孟子

(孟母三遷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 15:29 UTC 版)

孟子(もうし、簡体字: 孟子拼音: Mèngzǐ紀元前372年? - 紀元前289年)は、中国戦国時代儒学者[1](か)、子輿(しよ)。亜聖(あせい)とも称される。孟子の「子」は先生という意味。孔子の教えを受け継ぎ儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。




  1. ^ 孟孫氏一門
  2. ^ 『孟子「梁恵王篇」』による
  3. ^ 『孟子「公孫丑篇」』による
  4. ^ 『孟子「公孫丑篇」』
  5. ^ 現代中国語では、「孟子」は「モンズー Mèngzǐ」、『毛詩』は「マオシー Máoshī」と発音するため、混同はない。
  6. ^ 趙岐『孟子題辭』「是ニ於テ退キテ高弟弟子公孫丑・萬章ノ徒ト、疑ヲ難キ問ニ答ヘシ所ヲ論集シ、又自ラ其ノ法度ノ言ヲ撰ビ、書七篇二百六十一章・三萬四千六百八十五字ヲ著ハス。」
  7. ^ 小林勝人 『孟子』下、岩波文庫、1972年。に引く武内義雄「孟子について」pp.454-457。
  8. ^ 小川剛生「南北朝期の『孟子』の受容の一様相-二条良基とその周辺から」(『国文学研究資料館紀要』28号(2002年2月)、所収:『二条良基研究』(笠間書院、2005年) ISBN 978-4-305-10362-8 第四篇第三章第二節「孟子の受容」)
  9. ^ 『童子問』第三章、「天下ノ理、語孟二書二到リテ盡ク。復(また)加ウベキコト無シ。疑フ勿カレ。」
  10. ^ 同第七章「學者孟子ヲ熟讀セズンバ、必ズ論語ノ羲ニ達スルコト能ハズ。蓋シ論語ノ津筏ナリ。」


「孟子」の続きの解説一覧

孟母三遷

出典:『Wiktionary』 (2010/07/24 22:59 UTC 版)

四字熟語

(もうぼさんせん

  1. 子供のため最善住環境を整えることの喩え

語源

出典



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孟母三遷」の関連用語

孟母三遷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



孟母三遷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孟子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの孟母三遷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS