社会体制とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 社会 > 社会体制の意味・解説 

しゃかい‐たいせい〔シヤクワイ‐〕【社会体制】


社会体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:35 UTC 版)

社会体制(しゃかいたいせい, Social system)とは、社会学用語の一つ。これは維持されている状態の社会において、特定の原理で秩序付けられている状態のことを言う。封建体制や資本主義体制などといった形というのは、社会体制の区分である。社会体制という概念は社会体系と区別されているということであり、社会体制ならば社会のシステム歴史的な概念として把握するために用いられているという言葉である。




「社会体制」の続きの解説一覧

社会体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/14 14:36 UTC 版)

フリースラント王国」の記事における「社会体制」の解説

初期のフリース人に関する記録によると、エセリング(ラテン語史料では「貴族」と表現)、フリリング(frilings)という名前がみられるどちらも「自由フリジア人という意味に通じている。 またフリースラントにはラテンもしくはリテン(laten, liten)と呼ばれる農奴がいた。(p202)

※この「社会体制」の解説は、「フリースラント王国」の解説の一部です。
「社会体制」を含む「フリースラント王国」の記事については、「フリースラント王国」の概要を参照ください。


社会体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 07:37 UTC 版)

イルミダス」の記事における「社会体制」の解説

イルミダス極めて軍事大国という色彩が強い為にそういった武力絡み宇宙進出を行う。そして相手の星を降伏させるか、抵抗する場合には容赦なく殲滅する「降伏か、破滅か」というような二者択一突き付けてくる。 そして武力背景征服した星から資源過剰に摂取に、抵抗する住民徹底的に弾圧する。さらにマゾーンのように住民奴隷同然に扱い、また傭兵として最前線送り込むようなことも行う。勿論そういったやり方への不満は多いものの、アロザウルス星人のラ・ミーメや、トカーガ星人のゾルのように民族虐殺され故郷である惑星まで消滅させられることからイルミダスへの反抗勢力少ない。それらの星が用済み見なされた後、他の侵略した星の軍隊の”義勇軍”と称する虐殺部隊住民後始末の処理を任せるといったことまで強要する殖民星の虐殺手段としては、トカーガ星のように無人戦闘機戦車攻撃及び惑星破壊用の爆弾による惑星ごとの殲滅から、アロザウルス星のように住民一カ所に招集しその場で銃殺など様々である地球占領軍司令官のゼーダはそういった母国やり方を嫌い、比較柔軟な占領政策行い一応は地球砲声途絶えさせることが出来た。しかし、副官ムリグソンはそんなゼーダのやり方を「生温い」と批判しており、トカーガ救出飛び立ったアルカディア号阻止する為にレジスタンスである「自由アルカディアの声」の首謀者マーヤを、協力者エメラルダスもろとも地球人への見せしめとして処刑する残忍な方法思い立つイルミダスと、その反抗勢力台頭恐れ傀儡政権首相のトライターは、イルミダス従順な態度隠さず逆ら勢力であるハーロックトチローエメラルダスマーヤなどといった者達を危険分子として弾圧し地球からの追放処分決定する。「一部馬鹿者反乱起こしてもすぐに鎮圧される」として人間の尊厳捨ててまで、イルミダスの手先となる道を選んだそういったゼーダの思惑反するムリグソンとトライターの暴走行為は、結果的に地球の反イルミダス運動をより強くしてしまうことになる。 なお、「SSX」の打ち切り影響もあり、イルミダス本星の上層部については不明点が多い。本星総参謀長映像上で確認できる最高位人物である。

※この「社会体制」の解説は、「イルミダス」の解説の一部です。
「社会体制」を含む「イルミダス」の記事については、「イルミダス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「社会体制」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「社会体制」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



社会体制と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会体制」の関連用語

社会体制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会体制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会体制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフリースラント王国 (改訂履歴)、イルミダス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS