倍加時間とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > > 倍加時間の意味・解説 

倍加時間

【仮名】ばいかじかん
原文doubling time

生物学において、1つ細胞が2つに分裂、または細胞集団腫瘍など)が2倍の大きさになるのにかかる時間。倍加時間はがん細胞または腫瘍種類により異なる。

倍加時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/09 01:30 UTC 版)

倍加時間(ばいかじかん、英語: doubling time)とは、何らかのまたはが2倍になるのに要する時間のことである。倍増時間(ばいぞうじかん)とも言う。人口増加インフレーション天然資源の採出量・物の消費量・複利計算・悪性腫瘍の大きさなど、時間の経過とともに大きくなる物に適用される。相対的(絶対的ではない)な増加率が一定の場合、量は指数関数的に増加英語版し、倍加時間は一定になる。この場合、増加率から直接に倍加時間を計算することができる。


  1. ^ a b c Why the “Miracle of Compound Interest” leads to Financial Crises, by Michael Hudson
  2. ^ Have we caught your interest? by John H. Webb
  3. ^ Miriam Lichtheim, Ancient Egyptian Literature, II:135.
  4. ^ Life Technologies”. 2016年11月21日閲覧。
  5. ^ Human cardiac stem cells. http://www.pnas.org/content/104/35/14068.full. 


「倍加時間」の続きの解説一覧



倍加時間と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「倍加時間」の関連用語

倍加時間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



倍加時間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの倍加時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS