荘子とは?

そうし さうし 【荘子】 ○

中国戦国時代の宋の思想家。名は周、字(あざな)は子休、追号南華真人儒家思想反対し、独自の形而上学的世界を開いた。その思想老子合わせて老荘思想と称され、後世まで大きな影響与えた。生没年未詳。 → 道家どうか

そうじ さうじ 【荘子】

中国戦国時代思想書。一〇巻三三編。荘子とその学統連なる後人著作寓話数多く引用し、変幻自在筆法で、人知限界語り一切あるがままに受け入れところに真の自由が成立すると説く。のちの中国禅の形成大きな役割を果たした。南華真経

荘子〈天運篇第十四、知北遊篇第廿二/〉

主名称: 荘子〈天運第十四、知北遊篇第廿二/〉
指定番号 123
枝番 00
指定年月日 1933.01.23(昭和8.01.23)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2巻
時代区分
年代
検索年代
解説文: 時代作品

荘子

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  相模集  草書法華玄義  荘子  荘子  増鏡  増壹阿含経  即休契了墨蹟

荘子

作者岡本かの子

収載図書岡本かの子全集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書岡本かの子全集 第1巻 復刻
出版社日本図書センター
刊行年月2001.2


荘子

作者串田孫一

収載図書串田孫一集 1 惜春賦
出版社筑摩書房
刊行年月1998.3


荘子

読み方:ソウジ(souji)

分野 漢籍

年代 中国戦国時代

作者 荘周


荘子

読み方
荘子しょうし
荘子しょうじ
荘子そうし
荘子そうじ

荘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 02:16 UTC 版)

荘子(そうし、Zhuang Zhou、紀元前369年頃 - 紀元前286年頃)は、中国戦国時代の蒙(現在の河南省商丘市民権県)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。姓は、名はは子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。曾子と区別するため「そうじ」と濁って読むのが中国文学、中国哲学関係者の習慣となっている[1]




  1. ^ 玄侑宗久『NHK 100分de名著ブックス 荘子』2016年 NHK出版 5頁。
  2. ^ 橋本敬司「『荘子』研究への前哨」(『広島大学大学院文学研究科論集 特輯号 64-2』)11-13,18頁
  3. ^ 福永光司『新訂 中国古典選 第7巻 荘子 内篇』1966年 朝日新聞社 14-15頁。


「荘子」の続きの解説一覧



荘子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荘子」の関連用語

荘子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



荘子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荘子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS