江湖とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 江湖 > 江湖の意味・解説 

ごう‐こ〔ガウ‐〕【江湖】

⇒こうこ(江湖)

馬祖揚子江の西に、石頭洞庭湖の南に住し、参禅の徒がその間を往復した故事に基づく》

㋐「江湖僧」の略。

㋑「江湖会」の略。


こう‐こ〔カウ‐〕【江湖】

《「ごうこ」とも》

川と湖。特に、中国揚子江洞庭湖

世の中世間一般社会。「広く江湖の喝采博す

都から遠く離れた地。隠者の住む地。

を友にして日月を送る―の処士」〈漱石吾輩は猫である


江湖

読み方:ゴウコ(gouko)

川と湖


江湖

読み方:ゴウコ(gouko)

世間天下禅宗では多く僧侶集めて行う安居(あんご)。

別名 江湖会(ごうこえ)


江湖

読み方
江湖こうこ

江湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/26 04:16 UTC 版)

江湖(ごうこ、こうこ)は、江西省湖南省、あるいは大きな江(川)と湖(狭義ではその代表たる長江洞庭湖)の併称で、転じて官に対する民間、世間一般を指す言葉。次の2つの分野によって用法が異なる。




「江湖」の続きの解説一覧



江湖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江湖」の関連用語

江湖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江湖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江湖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS