石頭希遷とは? わかりやすく解説

せきとう‐きせん【石頭希遷】

読み方:せきとうきせん

700〜790]中国唐代禅僧六祖慧能(えのう)・青原行思(せいげんぎょうし)に師事衡山南寺石上に庵を結んで座禅をしたところから石頭和尚よばれた馬祖道一とともに禅宗振興尽力諡号(しごう)、無際大師。著「参同契」。


石頭希遷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 07:37 UTC 版)

石頭希遷(せきとう きせん)は、中国代の無際大師。俗姓は陳。端州高要県の出身。慧能の弟子である青原行思の弟子であり、その一派を石頭宗と呼んでいる。




「石頭希遷」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

石頭希遷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石頭希遷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石頭希遷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS