.kiとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 分子構造 > .kiの意味・解説 
物質
ヨウ化カリウム
化学式
KI
原子量
166.0
融点(℃)
680
沸点(℃)
1330
密度(g/cm3
3.13

無色個体に溶けやすい。

Ki

名前 カイ; キ

.ki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 19:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ki
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Telecommunications Authority of Kiribati
後援組織 Ministry of Communications, Transport, and Tourism Development
利用地域 キリバスに関係する団体・個人
使用状況 それほど使われていない。
登録の制限 公式サイトによると、唯一の登録の方法は、Q-Telのオフィスへ実際に行って登録することである。
階層構造 登録は第二レベルの下に直接か第二レベルの下の第三レベルに行われる。
ウェブサイト NIC.ki
テンプレートを表示

.ki国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、キリバスに割り当てられている。

1990年代初頭から2000年代初頭にかけて、このドメインはオーストラリアインターネットサービスプロバイダであるConnect.com.auによって運営され、ソロモン諸島ホニアラにあるFisheries Agencyによって後援されていた。その後、後援はキリバス政府に移った。また2002年にはキリバスのTelecom Services Kiribati Limitedが直接運営するようになった。2007年まで、登録はジェネリックトップレベルドメインと類似したシステムを用いてTelecommunications Authority of Kiribatiにより行われていたが、.kiドメインを用いているサイトは多くはない。しかもキリバスの地理的な条件とインターネットの普及率から、キリバス国内のサイトは政府サイト等に限られ、キリバス国外のサイトが多い。

第二レベルドメイン

ドメインは.kiの下の第二レベルに直接登録されるか、com.ki、biz.ki、net.ki、info.ki、org.ki、gov.ki、edu.ki、mob.ki、tel.kiの下の第三レベルに登録される。第二レベルドメインの費用は1000オーストラリア・ドルであり、50オーストラリア・ドルのedu.kiを除くその他全ての第三レベルドメインは150オーストラリア・ドルである。edu.kiとgov.kiは南太平洋大学等の特別な機関に限定される。

de.kiの登録者は、ドイツ語圏向けにリダイレクト用サブドメインを提供している。このアカウントは、.kiの現在の使用の大部分を占めている。

外部リンク


KI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/06 11:04 UTC 版)

KI, Ki, ki



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ki」の関連用語

.kiのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.kiのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ki (改訂履歴)、KI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS