.tmとは? わかりやすく解説

ティー‐エム【TM】


ティー‐エム【TM】


ティー‐エム【TM】


ティー‐エム【TM】

trademark商標


ティー‐エム【TM】


DLT(TM) 【Digital Linear Tape】


T/M

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ツリウム


ツリウムイオン(2+)


ツリウム(III)


ツリウムイオン(4+)


ツリウムイオン(3+)


物質
ツリウム
英語名
Thulium
元素記号
Tm
原子番号
69
分子量
168.93421
発見
1879年
原子半径(Å)
1.76
比熱(cal/g ℃)
0.038
イオン化エネルギー(eV)
6.18


メルト温度

同義/類義語:融解温度
英訳・(英)同義/類義語:Tm

二本鎖DNA溶液加熱していったとき、DNA分子の1/2が解離して一本鎖になるときの温度

融解温度

英訳・(英)同義/類義語:melting temperature, T_【m】

分子生物学実験で、二本核酸溶液加熱し全体半分分子一本鎖状態(熱変成した状態)になるときの温度GC含量が高いほど高温になる

超越瞑想(TM/Transcendental Meditation)


.tm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/29 20:37 UTC 版)

.tm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、トルクメニスタンに割り当てられている。Internet Computer Bureauが運営する。






「.tm」の続きの解説一覧

商標マーク

(.tm から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 15:32 UTC 版)

商標マーク(しょうひょうマーク、)は、その前にある名称が商標(トレードマーク)であることを示すための記号である。登録商標マーク(®)が登録商標に使用されるのに対し、このマークは未登録の商標英語版に対して使用される[1]


  1. ^ What do the R-symbol and the TM symbol mean?”. Law 4 Small Business. 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ The Unicode Standard 7.0, Letterlike Symbols”. Unicode, Inc.. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ Character entity references in HTML 4”. w3.org. 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ How to use the ® and TM Symbol”. howconceptual.com. 2014年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。


「商標マーク」の続きの解説一覧

TM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 08:05 UTC 版)

TM, Tm, tm




「TM」の続きの解説一覧

「TM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.tmと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.tmのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.tmのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2022 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.tm (改訂履歴)、商標マーク (改訂履歴)、TM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS