TCとは?

TC

Technical Committee/専門委員会。技術委員会と訳される場合もある。TCの番号設立順に番号付与される。TCの設置条件は、投票した国の2/3上の賛成有り、5つ以上の国がPメンバーとして参加する事が条件となる。

マツダSCSエンジン(TC)

それまで吸気スワールベースにしたマツダ希薄燃焼方式に、Nox低減のためのEGR導入斬新な着想気化器取り込んで空燃比自動補正という制御実現した。
EGRは2系統吸気系還流され、そのうちの上EGR気化器ベンチュリバイパスするエア混合し、EGR時に空燃比自動補正する。
燃費両立する昭和53年規制適合排出ガスシステムとして、科学技術庁長官賞機会学会賞を受賞した。

保管場所:マツダ(株)(〒730-8670広島県安芸郡府中町新地3-1)

製作(製造)年:1977

製作者(社):東洋工業(株)

資料種類:設計図文献

現状:公開

型式 / 製作
型式:TC

種類:ガソリン

会社名:マツダ

通称名:マツダSCSエンジン

搭載車種:ファミリアAP

製作年:1977

諸元
シリンダ配列・数:直列4気筒

サイクル冷却方式:4/

型式/数:SOHC, 2弁/気筒

燃焼方式:希薄燃焼

燃焼室:多球形燃焼室

総排気量:1272cc

内径×行程:73.0×76.0mm

圧縮比:9.2

質量(重量):127kg

寸法:570×620×635mm

点火システム:イグニッション

性能
最大出力:70PS/5500rpm

最大トルク:10.4kgm/3500rpm

燃料消費率:220g/PSh(3000rpm)

装置
吸気系:自然吸気

エピソード話題性:A/FとEGR連動しながら変化させる空燃比自動補正装置気化器という先進的技術開発採用に、昭和53年排出ガス規制達成した。

特徴:スワール利用した希薄燃焼方式に、新たに空燃比自動補正装置気化器組合せることで、“マツダ安定燃焼方式(SCS)”にして燃費向上とエミッション低減実現した。

参考文献:内燃機関Vol.24No313(1985年12月号)P11-12
マツダ広報資料FAMILIA ファミリア30年歩み」(1994年6月発行)

その他事:燃料供給方式:気化器;排気浄化装置:2系統EGRAIS三元触媒;


テトラサイクリン

分子式C22H24N2O8
その他の名称:テトレックス、ポリシクリン、アクロマイシン【ナフタセン誘導体】、シクロマイシン、ジュンマイシン、アンブラマイシン、デスクロロビオマイシン、Panmycin、Tetrabon、Tetracyn、Achromycin【naphthacene deriv】、Agromicina、Ambramycin、Cyclomycin、Omegamycin、Ambramicina、Polycycline、Purocyclina、Tetracycline、Tsiklomitsin、Criseociclina、Deschlorobiomycin、(4S)-4β-(Dimethylamino)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12aβ-octahydro-3,6α,10,12,12a-pentahydroxy-6-methyl-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide、(4S)-4β-(Dimethylamino)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-octahydro-3,6α,10,12,12aβ-pentahydroxy-6-methyl-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide、(4S)-4β-(Dimethylamino)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-octahydro-3,6α,10,12,12aβ-pentahydroxy-6β-methyl-、(4S)-4β-(Dimethylamino)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-octahydro-3,6α,10,12,12aβ-pentahydroxy-6-methyl-1,11-dioxonaphthacene-2-carboxamide、(4S)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-Octahydro-3,6α,10,12,12aβ-pentahydroxy-6β-methyl-4β-(dimethylamino)-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide、(4S)-4β-Dimethylamino-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-octahydro-3,6α,10,12,12aβ-pentahydroxy-6-methyl-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide、TC【テトラサイクリン】、(-)-テトラサイクリン、(-)-Tetracycline、TC【Tetracycline
体系名:テトラサイクリン、(4S)-4β-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6β-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4β-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6-メチル-1,11-ジオキソナフタセン-2-カルボアミド、(4S)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6β-メチル-4β-(ジメチルアミノ)-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4β-ジメチルアミノ-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4β-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4β-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12aβ-オクタヒドロ-3,6α,10,12,12a-ペンタヒドロキシ-6-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボキサミド


テクネチウム

分子式Tc
その他の名称:Tc、Technetium
体系名:テクネチウム


テクネチウム

分子式Tc
その他の名称:Tc、Technetium
体系名:テクネチウム


物質
テクネチウム
英語名
Technetium
元素記号
Tc
原子番号
43
分子量
99
発見
1939年
原子半径(Å)
1.35
イオン化エネルギー(eV)
7.28
電子親和力(eV)
0.7

人工的に作られた最初元素である。「Technetium」の名は「techne」(人工の)に由来する。天然のテクネチウムとしては、ウラン鉱自発核分裂生成物として微量検出されている。宇宙上では、天体にテクネチウムが存在することがスペクトル線によって確認されている。

臨界温度(Tc)

 温度上昇に伴い超電導状態(電気抵抗ゼロ)から常電導状態電気抵抗を生じる)へと相転移する温度のこと。

総コレステロール(TC) ( total cholesterol )

通常検査のさい、医師から「コレステロールが高いですね」と言われるとき、ほとんどの場合がこの総コレステロール値を指しています。血液中のリポたんぱくは、脂質(ししつ=アブラ分)の含有量が多いものほど密度軽く(低比重に)なり、たんぱく成分の多いものほど密度が詰まって(高比重に)なります。そこで、この密度比重)の違いからリポたんぱくは、つぎの5種類分類されています。(1)カイロミクロン、(2)VLDL=超低比重リポたんぱく、(3)IDL中間比重リポたんぱく、(4)LDL=低比重リポたんぱく悪玉コレステロール)、(5)HDL=高比重リポたんぱく善玉コレステロール)。このうち(4)のLDL(低比重リポたんぱく)が“悪玉コレステロール”と呼ばれるのは、LDLの量が増える血管組織コレステロール蓄積させて、動脈硬化起こしやすくする性質があるためです。コレステロールには細胞膜原料ホルモン合成の出発物質として大切な働きがあり、LDLコレステロールにはその貯蔵庫としての役目あります。そこで、LDLコレステロールは正常範囲内に留まっているかぎり有用なのですが、量が増えすぎることが問題なのです

TC(ティーシー)

血中含まれるコレステロール総量のことです。コレステロール血管強化維持に大切な役割を果たしています。

TC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 14:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

TC, Tc, tC, tc

TC

Tc

tC

tc

TC

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ テーブルチャージとは”. コトバンク. 2018年3月25日閲覧。

トラベラーズチェック

(TC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 00:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

トラベラーズチェック: traveler's cheque: traveller's check)とは、海外渡航に際して発行される外国旅行者向けの小切手。日本では旅行小切手りょこうこぎってとも称し、「TC」「T/C」「Cheque」と略称される。日本国内では2014年3月31日に終売した。

概要

海外渡航中に現金の盗難や亡失などを回避する手段として、T/C発行元の保証により紛失時に再発行可能な小切手として用いられる。渡航前に所要金額分のT/Cを購入し、行先国で額面の現金として支払う。所定の手続を踏んでおけば紛失や盗難などの亡失時にリファンド再発行)される。

1772年にロンドン信用取引社[1]がヨーロッパの90の主要都市で通用する最初のトラベラーズチェックを発行した。19世紀末にトーマス・クック社が現在と同様のものを発行し、ヨーロッパ域内であっても行先国によって治安環境が異なる旅行者の不安を払拭させることに成功した。のちに世界で旅行事業の拠点を有するアメリカン・エキスプレスが参入し、後年に開始したクレジットカード(アメリカン・エキスプレス・カード)サービスによる金融部門で発展し、現在のT/C取扱高は首位である。

T/Cの購入や売却時の外国為替相場為替レートは、外貨預金の預け出しや外貨建海外送金に使われる「対顧客電信相場」 (TTS, TTB) が適用される。外貨現金への両替は、対顧客相場に現金取り扱い手数料[2]を加味した「現金売買レート」[3]が適用されて1通貨当たりの交換比率が劣ることから、利点のひとつとなる。日本円とオーストラリア・ドル間は、対顧客相場と現金建てのレートが三菱東京UFJ銀行で10パーセント前後乖離しているため、T/Cの発行手数料を加味しても現金両替と比べて5パーセント程度は得となる。これをエピソードにしたアメリカン・エキスプレス日本支社のテレビCMなどが2003年に展開された。

日本では2010年代前半まで銀行など金融機関窓口、ワールドカレンシーショップ、トラベレックスなどの両替商旅行代理店セシールなど非金融業が販売したが、2014年に日本国内は終売した。

昭和30 - 40年代に、地方銀行の共通商品として国内旅行用トラベラーズチェックがOKチェックの名称で販売された。

購入

2014年3月31日に日本国内の販売は終了したが、発行済み券は利用可能である。過去の購入手段を下記する。

日本では、外国為替業務を取り扱うゆうちょ銀行直営店と同行の代理業を受託した郵便局の一部を含む銀行と外貨両替店で購入できる。地方銀行や信用金庫は取扱量などから取り扱わず、香港上海銀行東京支店と提携した宅配両替サービス「マネーポート」を取次ぐ事例が多い。

購入の際は、外国為替相場のうち外国送金にも適用されるTTS[4](対顧客電信売り)レートになる。外貨現金を購入する際は、キャッシュ・セリング[5]レートが適用されるが、TTS はキャッシュ・セリングに比して交換レートが有利である。詳細は為替レートを参照。

日本の租税は外国への支払手段にかかる手数料は消費税非課税で[6]、トラベラーズチェックの発行手数料に消費税は課せられない。

署名

所有者の署名欄と使用時の連署・副署欄がある。購入後に全ての小切手に所有者署名し、使用時は連署し、両者の一致を確認して効力を発する。所有者署名無きものは亡失時に再発行対象外となる。

額面と発行会社

銀行小切手のように任意の金額ではなく商品券債券のように額面単位は既定である。

アメリカン・エキスプレスは自社で発行し、VISAとMasterCardブランドは各国金融機関が発行する。世界最初のトラベラーズチェックを発行したトーマス・クック・グループは1980年代に金融業務をミッドランド銀行へ売却し、のちに事業を讓受したトラベレックスThomasCook-MasterCardは終売した。

主な発行通貨

流通がきわめて少数であるもの

自国通貨建てが現地銀行から発行され在外支店で購入できるものがあったが、当該国でも商業的な流通性は少ない。

日本で購入できたブランド

アメリカン・エキスプレスが2014年3月31日で販売を終了[7]したのを最後に、日本でのトラベラーズチェックの購入はできなくなった。

アメリカン・エキスプレス[8]
2013年7月31日をもって、三井住友銀行はトラベラーズチェックの販売を終了(店頭での販売は3月31日をもって終了)。
VISA
  • 1982年頃からVISA Internationalと住友銀行(現・三井住友銀行)の提携により、同行子会社の住銀インターナショナル・ビジネス・サービス(2001年にSMBCインターナショナル・ビジネス・サービスへ改称)によって発行開始。住友銀行時代は券面に「(井桁の行章)Sumitomo Bank」2001年以降は「SMBC International Bussiness Service,Inc.」表記。2008年でVISAブランドは販売終了。
  • 東京銀行 - 東京三菱銀行発足時に旧三菱銀行のMasterCardブランドへ一本化となり発行終了。券面に「BANK OF TOKYO」表記。
三菱東京UFJ-MasterCard
  • 旧・三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)が1980年代に発行開始。券面表記は「(スリーダイヤの行章)Mitsubishi Bank」→「The Bank of Tokyo-Mitsubishi」→「The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ」。2008年頃まで三菱東京UFJ銀行にて販売が行われた。
  • 2013年現在、アメリカのシティバンク銀行では、MasterCardのトラベラーズチェックは、ドル建てからドル紙幣への換金は、手数料なしで換金するが、アメリカン・エキスプレスとは異なり認証できないという理由から、$100までの制限となっている。アメリカのバンク・オブ・アメリカでは、$250までは手数料なしで換金できるが、それ以上換金するには口座開設(旅行客でも可能)が必要である。
ThomasCook-MasterCard(トーマスクック・マスターカード)
その他

換金手数料

  • アメリカ・カナダ:金融機関ごとに異なるが3%以下が多い。一部のアメリカン・エキスプレス社との提携銀行では手数料無料になる場合もある。
  • ユーロ圏:国や金融機関ごとに異なる。アメリカン・エキスプレス社との提携銀行では2 - 5%のところが多い。小規模の両替商では、手数料が割高になることが多い。
  • イギリス:金融機関ごとに異なるが、アメリカン・エキスプレス社との提携銀行では1 - 3%が多い。
  • オーストラリア:金融機関ごとに異なるが、大手の銀行では一律7 - 8オーストラリア・ドルのところが多い。
  • 中国:0.75%
  • タイ:1枚につき33バーツ。高額なT/C換金のほうが有利なレートとなる。
  • 台湾:金融機関ごとに異なるが、最低200台湾ドルが多い。通貨や換金金額によっても異なっており、低額、米ドル以外のT/C換金だと手数料が割高になることが多い。

資金洗浄防止のため、ほとんどの金融機関で、1日の換金上限額を設けている。

売却

旅行後使い残している時は、外国為替取扱金融機関・両替商で売却して日本円の現金に戻すことができる。売却は購入したところでなくてもよいが、VISAやMasterCardブランドのT/Cは受け入れていない場合もある。売却の際の交換レートは原則としてTTBレートが適用される。購入時と同様に外貨現金の売却レート「キャッシュ・バイング」[16]よりも有利である。ただし、トラベラーズチェック・現金とも売却レートは購入レートよりも低いので、よほど短期間に為替レートの大幅な変動がない限り、通常はいくらか損をすることになる。

トラベラーズチェックには有効期限がないので、使い残してもそのまま次の旅行のために保管しておく、あるいはトラベラーズチェックによる外貨預金の預入を取扱っている銀行もあるので、それに充てる、という選択もある。なお、2016年平成28年)5月2日以降、ゆうちょ銀行でのトラベラーズチェック買取が終了するなど、年々日本国内での流動性が極度に低下しており、未使用のトラベラーズチェックの売却が可能な場所は、トラベレックス支店、ワールドカレンシーショップ各店および極一部の金融機関のみとなっているため、現在保有している場合は注意が必要である(2018年12月現在)。ただし、全てのトラベラーズチェックが買い取り可能なわけではなく、日本国内で購入されたもの、特定のブランド、特定の発行元(多くは自社、関連会社発行のもの)といったなど制限がある。

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク


.tc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 14:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.tc
タークス・カイコス諸島の旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 AdamsNames
後援組織 Melrex TC
利用地域 タークス・カイコス諸島に関連する団体・個人
使用状況 タークス・カイコス諸島ではいくらか使われている。
階層構造 登録は第二レベルドメインへ直接行われる。
方針 不明
ウェブサイト AdamsNames
テンプレートを表示

.tc国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、イギリスの海外領土タークス・カイコス諸島に割り当てられている。

2012年8月に、レジストリであるAdamsNamesによってドメイン取得・更新費用の卸価格が3文字以上のtcドメインについては45ポンド、2文字のtcドメインについては3,000ポンド、1文字のtcドメインについては6,000ポンドに突然値上げされた。これにより20%の付加価値税を支払わなければならないヨーロッパのレジストラを介してドメイン取得した場合の取得・更新費用が、約4,000円/年程度だったものが2文字のtcドメインで50万円/年となるなど値上げ幅が120倍を超える事態となった。

外部リンク




TCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TC」の関連用語

TCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ISO用語辞典ISO用語辞典
2019 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2019 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTC (改訂履歴)、トラベラーズチェック (改訂履歴)、.tc (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS