自動料金収受システムとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 自動料金収受システムの意味・解説 

自動料金収受システム(ETC)

英語 Electronic Toll Collection System

有料道路出入り口で、料金所車両の間の双方向無線通信により、停車することなくキャッシュレス支払い手続きを行うシステムをいう。その構成要素として、料金所設置される路側アンテナ車両搭載される車載機、決済情報保持するETC(IC)カードおよび決済システムなどがある。ETCとなる通信技術としては、5.8GHz帯無線信号によるDSRC(狭域無線)を用いている。通行時、車載機にクレジット会社との契約情報などを記録したETCカード(専用ICカード)をあらかじめ乗車時に挿入しておき、ETC専用ゲート通行すれば、通行料金などの情報が路側のコンピュータシステムETCカード双方記録され、あとで決済される。この結果料金所の処理能力は約2~4倍となり、慢性的渋滞解消のほか、利用者利便性向上、道路管理費節減料金所周辺大気汚染騒音軽減期待され、まず2002年末までに全国759箇所料金所設置された。

自動料金収受システム(ETC)

参照 狭域通信(DSRC)
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自動料金収受システム」の関連用語

自動料金収受システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シーケンシャルターボ

査定

シートベルトアンカーレッジ

ギヤ式トランスファー

スパークプラグ

ピストンスカート

ハイテンションコード

ローレル





自動料金収受システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS