.pfとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 国際関係用語 > .pfの意味・解説 

ピー‐エフ【PF】


ピー‐エフ【PF】

patrol frigate》⇒パトロールフリゲート


ピー‐エフ【PF】


PF

読み方ピー・エフ
英文正式名Private Flows
日本名(略称):民間資金

ODAOOF該当しない開発途上国への民間資金流れをいい、その中心輸出信用及び直接投資

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

PF

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

pF

別名:ぴーえふ

どのくらい強さ土壌吸着されているかを圧力で表す方法慣用的にpF表示法が用いられており、土壌吸着されている圧力水柱の高さ(cm)で求め、これを対数表示したものである。現在では、SI単位系移行しており、圧力としてkPa表示とすることとなっている。10のpF乗を10で割った値が、kPa表示萎凋点である。例:1pF=1kPa 3pF=100kPa
>>萎凋点
>>全有効水分
>>圃場容水量

pF

別名:ぴーえふ

どのくらい強さ土壌吸着されているかを圧力で表す方法慣用的にpF表示法が用いられており、土壌吸着されている圧力水柱の高さ(cm)で求め、これを対数表示したものである。現在では、SI単位系移行しており、圧力としてkPa表示とすることとなっている。10のpF乗を10で割った値が、kPa表示萎凋点である。例:1pF=1kPa 3pF=100kPa
>>萎凋点
>>全有効水分
>>圃場容水量

萎凋点

読み方いちょうてん
別名:ぴーえふ
【英】:pF,wilting point

土壌水分減少して根から吸収される水分量が、蒸発によって失われる量より少なくなると、作物しおれる。この点(pF3.8)を初期萎凋点(primary wilting point)といい、この場合作物生命かろうじて維持されるが、作物生長停止してしまう。さらに土壌水分減少すると、作物永久萎凋してしまい枯死する。この点(pF4.2)が永久萎凋点(permanent wilting point)である。
>>pF

.pf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 04:51 UTC 版)

.pfフランス領ポリネシアに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。現時点では、第2レベルへの登録は、.com.pfのみ利用できる。






「.pf」の続きの解説一覧

ファラド

(.pf から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 13:16 UTC 版)

ファラド: farad、記号:F)は、コンデンサ(キャパシタ、蓄電器)などの静電容量単位SI組立単位)である。名称はマイケル・ファラデーに由来するもので、ファラッドともいわれる。(なお、同じくマイケル・ファラデーに由来するファラデーという単位があるが、これは電荷の単位である。)




  1. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号)別表第1(第2条関係)38(静電容量)”. e-Gov法令検索 (基準日). 2019年12月30日閲覧。 “2017年4月1日時点での施行分”
  2. ^ The International System of Units (SI) (8th ed.). Bureau International des Poids et Mesures (International Committee for Weights and Measures). (2006). p. 144. http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure_8_en.pdf 
  3. ^ Peter M B Walker, ed (1995). Dictionary of Science and Technology. Larousse. ISBN 0752300105 
  4. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) (PDF) p. 29。
  5. ^ Electronic Components High Quality CAPACITORS (PDF)”. エルナー株式会社. 2015年8月22日閲覧。
  6. ^ Tunbridge, Paul (1992). Lord Kelvin : his influence on electrical measurements and units. London: Peregrinus. pp. 26, 39-40. ISBN 9780863412370. https://books.google.co.uk/books?id=bZUK624LZBMC 2015年5月5日閲覧。 
  7. ^ Braga, Newton C. (2002). Robotics, Mechatronics, and Artificial Intelligence. Newnes. p. 21. ISBN 0-7506-7389-3. http://books.google.com/books?id=yqb-f-HKem0C&pg=PA21&q=microfarad+common+measurement 2008年9月17日閲覧. "Common measurement units are the microfarad (µF), representing 0.000,001 F; the nanofarad (nF), representing 0.000,000,001 F; and the picofarad (pF), representing 0.000,000,000,001 F." 
  8. ^ Platt, Charles (2009). Make: Electronics: Learning Through Discovery. O'Reilly Media. p. 61. ISBN 9781449388799. http://books.google.com/books?id=PQzYdC3BtQkC&pg=PA61&dq=nanofarad 2014年7月22日閲覧. "Nanofarads are also used, more often in Europe than in the United States." 
  9. ^ Gregorian, Roubik (1976). Analog MOS Integrated Circuits for Signal Processing. John Wiley & Sons. p. 78 
  10. ^ Pease, Bob (1993年9月2日). “What's All This Femtoampere Stuff, Anyhow?”. Electronic Design. 2013年3月9日閲覧。
  11. ^ Pease, Bob (2006年12月1日). “What's All This Best Stuff, Anyhow?”. Electronic Design. 2013年3月9日閲覧。
  12. ^ Williams, L. L. (1999年1月). “Electrical Properties of the Fair-Weather Atmosphere and the Possibility of Observable Discharge on Moving Objects”. 2012年8月13日閲覧。
  13. ^ Daraf”. Webster's Online Dictionary. 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月19日閲覧。
  14. ^ Graf, Rudolf F. (1999). Modern Dictionary of Electronics. Newnes. p. 1. ISBN 9780080511986. https://books.google.com/books?id=AYEKAQAAQBAJ 2016年4月15日閲覧。 
  15. ^ Puff”. Wolfram Research. 2009年6月9日閲覧。
  16. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  17. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「ファラド」の続きの解説一覧

PF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 06:59 UTC 版)

PF, Pf, pf




「PF」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.pf」の関連用語

.pfのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.pfのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.pf (改訂履歴)、ファラド (改訂履歴)、PF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS