.amとは?

アメリシウム

別名:Am
英語:Americium

超ウラン元素分類される人工放射性同位元素プルトニウムベータ崩壊させて生成される。安定状態存在せず、同位体全て放射性物質である。半減期433年自然界には存在しない

2011年3月発生した東京電力福島第一原発原発事故は、6月を過ぎても終息兆し見えず6月13日には福島県内あらたにキュリウムと、微量のアメリシウムが検出されたと発表された。ただし、アメリシウムに関しては、ごく微量であるため、今回原発事故によって飛散したものではないと見られている。

エー‐エム【AM】

amplitude modulation振幅変調

AM放送」の略。


エー‐エム【AM】

asset management》⇒アセットマネージメント


エー‐エム【AM】

《additive manufacturing》⇒積層造形


エー‐エム【A.M./a.m.】

《(ラテン)ante meridiem午前時刻を表す数字または数詞のあとに置く。⇔P.M.


AM

英語 amplitude modulation

振幅変調導体電波用いて信号遠方へ送る場合電流電圧、あるいは電波などの波動(搬送波)を信号に応じて変化させることを変調といい、AMは信号に応じて振幅大きさ変化させる方式のこと。変調方式には、ほかに周波数変調(FM)、位相変調(PM)などがある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アセットマネジメント【AM:Asset Management=財産、資産管理】

資産運用の手法は株式債権不動産での分散投資一般的であり、不動産という狭義分野のアセットマネジメントは文字通り投資家から不動産資産運用委託されて、そのビル経営代行するビジネス名称である。アセットマネジャーがその任にあたり業務範囲多岐にわたる売却購入までの権限有するのか、投資顧問的な範囲なのか全て契約内容による。

アメリシウム

分子式Am
その他の名称:Am、Americium
体系名:アメリシウム


アメリシウム

分子式Am
その他の名称:Am、Americium
体系名:アメリシウム


物質
アメリシウム
英語名
Americium
元素記号
Am
原子番号
95
分子量
243
発見
1944年
イオン化エネルギー(eV)
6


AM

審査8089獲得した優秀花に与えられる賞の略号
Award of Meritの略。(Awardは「賞」の意。Meritは「長所美点」の意。)
AM/RHSについて
 1888年創設点数表示されず、審査員67%以上の賛成成立

Am

名前 アム

.am

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 18:45 UTC 版)

.amソビエト連邦共和国を前身にもつ、アルメニア共和国に割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。






「.am」の続きの解説一覧

午前と午後

(.am から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 02:17 UTC 版)

午前(ごぜん)と午後(ごご)は、正子正午を境界にした時刻の区分である。時刻を12時間制で表現する場合は「午前」または「午後」を付加する。




注釈

  1. ^ 午後は午后(ごご)とも書くが、この「后」は「後」と同じ意味の漢字である。
  2. ^ 時刻の定義方法で、定時法は1日を等分して区切るもの、不定時法は日の出から日没までを等分に、日没から翌日の日の出までを等分に区切るもの。不定時法では1日を等分するわけではなく、季節によっても間隔が異なる。
  3. ^ 出典と原典(詔書)で一部字体などが異なる可能性がある。
  4. ^ 平凡社『世界大百科事典』第2版「時刻」の項によると、平安時代の『延喜式』にある記述から(一部朝廷関係に限られたものの)定時法が採用されていたことがわかり、飛鳥時代に不定時法ながら十二支で時刻を示した用例がある。
  5. ^ この太政官布告は太陰太陽暦から太陽暦への改暦(明治6年1月1日)を定めたもので、うち、閏日の置きかたは明治31年勅令第90号(閏年ニ関スル件)[8]により補正された(4年に1日→400年に97日)。「西暦」「グレゴリオ暦」の語は無いが、実質的にグレゴリオ暦の採用となった。
  6. ^ 原表は縦書き。
  7. ^ たとえばThe American Heritage Dictionary of the English Language
  8. ^ 1:00 p.m.の1時間前。
  9. ^ 1:00 a.m.の1時間前。

出典

  1. ^ “「午後中」と言わない理由”. 讀賣KODOMO新聞 (読売新聞社). (2017年7月17日). http://sp.yomiuri.co.jp/kodomo/jyuken/japanese/20170712-OYT8T50009.html 
  2. ^ a b 青木信仰『時と暦』東京大学出版会、1997年5月12日(原著1982年9月20日)、第4刷、37頁。ISBN 4-13-002026-9
  3. ^ 早乙女淸房「時刻の稱へ方につきて (PDF) 」 『天文月報』第8巻第9号、日本天文學會、1915年12月、 101-103頁。
  4. ^ 日本国語大辞典(第2版)の「午後」の項目は、これが正午から日没まで又は夜の12時までの時間を指すとして、経国集(827年)や高野山文書の久安6年(1150年)の用例などを載せる。
  5. ^ 太政官布告第三百三十七號 法令全書(印影版)、国立国会図書館デジタルコレクション、p.230-232
  6. ^ 明治五年太政官布告第三百三十七号(改暦ノ布告)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2008年10月3日閲覧。
  7. ^ a b 沼田尚道「日本のインフラ・グランドデザインの時代に思いを馳せる:日本標準時施行120周年」『ITUジャーナル』第38巻第1号、日本ITU協会、2008年1月、 53-54頁。
  8. ^ 明治三十一年勅令第九十号(閏年ニ関スル件)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2008年10月5日閲覧。
  9. ^ 国立天文台 2012【図1 午前・午後の呼び方を定めた太政官達】
  10. ^ 質問4-1)正午は午前12時?それとも、午後12時? 国立天文台、よくある質問   真夜中に対しては「午前0時」「午後12時」という2つの言い方が書かれていますが、正午に対しては「午前12時」という言い方だけしか書かれていません。「午後0時」という言い方は、この中には定義されていないのです。したがって、正午を「午後0時」と呼ぶのは誤解の少ない言い方ではあるのですが、定義上は存在しないという、なんとも歯切れの悪い状況であると言わなければなりません。  
  11. ^ 1997年人事院規則二〇―〇(任期付研究員の採用、給与及び勤務時間の特例) 十二条一項”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2018年12月21日閲覧。
  12. ^ 長沢工『天文台の電話番 国立天文台広報普及室』地人書館、2001年。ISBN 4-8052-0673-X
  13. ^ 情報通信研究機構 1989.
  14. ^ UNITED STATES GOVERNMENT PRINTING OFFICE Style Manual 2000 p.156, 9.54.
  15. ^ [1] GPO Style Manual, An official guide to the form and style of Federal Government publishing, 2016,p.275


「午前と午後」の続きの解説一覧

AM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 19:36 UTC 版)

AMAmamaM




「AM」の続きの解説一覧



.amと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.am」の関連用語

.amのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.amのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2021 Sanko-estate,All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.am (改訂履歴)、午前と午後 (改訂履歴)、AM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS