パンタグラフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パンタグラフの意味・解説 

パンタグラフ【pantograph】

読み方:ぱんたぐらふ

電車などの屋根に取付けた架線から電気取り入れるための装置菱形折り畳み式になっている

図形一定の比率拡大または縮小するのに用いる、伸縮式の製図器写図器


パンタグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 01:25 UTC 版)

パンタグラフ: Pantograph)は、ギリシア語の 「すべてを(παντ-) 書く/描くもの(γραφ、drawing, painting, writingの意味)」を語源とし、菱形で収縮する機構に通常充てられる語。




「パンタグラフ」の続きの解説一覧

パンタグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 09:45 UTC 版)

新幹線951形電車」の記事における「パンタグラフ」の解説

山陽新幹線でのき電方式変更と、これによるパンタグラフ間隔の50mから100mへの拡大睨んで各車連結面よりに1基ずつ下枠交差式パンタグラフを搭載するいずれも0系用PS200を軽量化したものである。2両ともに集電装置搭載されているが、実際には951-2のものが常用され、951-1のものは試験非常用とされた。

※この「パンタグラフ」の解説は、「新幹線951形電車」の解説の一部です。
「パンタグラフ」を含む「新幹線951形電車」の記事については、「新幹線951形電車」の概要を参照ください。


パンタグラフ(シザー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 08:38 UTC 版)

キーボード (コンピュータ)」の記事における「パンタグラフ(シザー)」の解説

日本ではスイッチ外観・形状鉄道車両のパンタグラフに似ているため、パンタグラフと呼ばれている。英語ではシザーScissor)と呼ばれるラバードームとの組み合わせ使用されることが多い。中心から外れたところを打ってしまってしっかりとキー押せるという利点がある構造的に薄く出来るので、ほぼ全てのノートパソコン採用されているほか、一部デスクトップパソコン向けキーボード採用されている。指先反発の力がダイレクトに戻ってくることや、構造上ステップスカルプチャ形状をとるのが困難であることなどから、長期間タイピングは向かいとされていたが、低いキートップや短いキーストロークにより長時間タイピングでも疲れにくいとする意見もある。近年は軽い打鍵感により指を滑らせるような軽快な入力が可能として、デスクトップパソコンでもパンタグラフキーボードを選ぶ者も多い。近年隣接するキーとの間に設け、各キー独立した配置としたアイソレーションキーボード呼ばれるデザイン流行している外形チクレットキーボードに似ている)。キー間に大きな隙間ができにくくゴミや埃が入りにくい、爪や指先キー引っかかりにくいといった長所がある。

※この「パンタグラフ(シザー)」の解説は、「キーボード (コンピュータ)」の解説の一部です。
「パンタグラフ(シザー)」を含む「キーボード (コンピュータ)」の記事については、「キーボード (コンピュータ)」の概要を参照ください。


パンタグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 22:42 UTC 版)

集電装置」の記事における「パンタグラフ」の解説

鉄道におけるパンタグラフとは、コイルばねの力や空気圧などによって架線集電舟押し付け関節構造または伸縮構造設けることで、架線高さの変化追従させる形態集電装置近年架空電車線方式における集電装置としては最も一般的に使われている。略してパンタ、またはパン呼ばれることが多い。 パンタグラフの構造は、大きく分けて4つ部分構成されており、架線直接に接触して摺動しながら架線電力取込むための集電舟集電舟自由に動きながら架線追従性を良くするための集電舟支え装置鋼板アルミ合金・ステンレスパイプのリンクで構成され枠組、パンタグラフ全体支えて車体固定するためのからなっており、集電舟架線との摺動部分は摺板と呼ばれており、導電性良く架線損耗与えにくいカーボン銅合金などが使用され摩耗による定期的な交換必要とするため、それが容易にできるように、いくつか分割され構造となっている。 その発明者が誰であったかについては、現在に至るまで明らかとはなっていないが、ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道(Baltimore and Ohio Railroad)で1895年明治25年)、電気機関車先端集電台車取り付けたひし形集電装置使用している。アメリカ・サンフランシスコの対岸オークランド周辺路線網形成していたキー・システム (en:Key System) が1903年明治36年)の開業時に既に形パンタグラフを装備した電車就役させていたことが開業当日撮影され写真で判明している。 「パンタグラフ」の語源は、製図フライス加工などで、複製のために用いられるリンク機構を持つ菱形つなげた形の道具である、パンタグラフ (Pantograph) に動作似ていたため採られた名称である。現在では必ずしも菱形のもののみを指すのではなく他の形状のものも含め関節構造備えた屋根上に装備する集電装置総称となっている。

※この「パンタグラフ」の解説は、「集電装置」の解説の一部です。
「パンタグラフ」を含む「集電装置」の記事については、「集電装置」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パンタグラフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パンタグラフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンタグラフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンタグラフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新幹線951形電車 (改訂履歴)、キーボード (コンピュータ) (改訂履歴)、集電装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS