架線とは? わかりやすく解説

か‐せん【架線】

読み方:かせん

[名](スル)

送電線電話線などを架け渡すこと。また、その線。

電車電力供給するため、軌道上方に架け渡される電線。がせん。

「架線」に似た言葉

架線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:01 UTC 版)

架線(かせん、がせん、英語: overhead line)とは


注釈

  1. ^ 普通の鉄道における直流の場合はトンネルの上面や橋の下面に類する場所は3.5 m以上、鉱山やその他の坑道上面は1.8 m以上、その他は5 m以上。鋼索鉄道は300 V以下の電圧制限があるのでトンネル状面などの制限は同じだが「その他」が4 m以上に緩和されている。交流の場合は高さそのものの規定はないが、第211条【交流電車線路の施設制限】にて「電気鉄道の専用敷地に設置」という規定がある。
  2. ^ 鉄道事業者の電線路においては管轄が国土交通省であるため許認可は国土交通省が行うが、その審査は電気事業法諸法令と整合を取るよう審査する覚書が交わされている。

出典

  1. ^ 〈更新日不明〉2019年3月7日閲覧)
  2. ^ 電気設備の技術基準の解釈』 第201条【電気鉄道等に係る用語の定義】(省令第1条)、平成30年10月1日付け改正・20180824保局第2号 。
  3. ^ 『電気設備の技術基準の解釈』 第205条【直流電車線の施設】(省令第5条第1項、第6条、第20条、第25条第1項)・第217条【鋼索鉄道の電車線等の施設(省令第5条第1項、第20条、第25条第1項、第28条、第52条、第53条第2項、第54条)】平成30年10月1日付け改正・20180824保局第2号 。


「架線」の続きの解説一覧

架線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:19 UTC 版)

伊豆箱根鉄道駿豆線」の記事における「架線」の解説

架線はほとんど片持ち式が使用されている

※この「架線」の解説は、「伊豆箱根鉄道駿豆線」の解説の一部です。
「架線」を含む「伊豆箱根鉄道駿豆線」の記事については、「伊豆箱根鉄道駿豆線」の概要を参照ください。


架線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 11:40 UTC 版)

神戸市営地下鉄西神・山手線」の記事における「架線」の解説

地上区間板宿 - 名谷間の山トンネル区間では、地下鉄路線としては珍しコンパウンドカテナリー式採用されている。新神戸 - 板宿間は一般的な剛体架線である。

※この「架線」の解説は、「神戸市営地下鉄西神・山手線」の解説の一部です。
「架線」を含む「神戸市営地下鉄西神・山手線」の記事については、「神戸市営地下鉄西神・山手線」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「架線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

架線

出典:『Wiktionary』 (2021/09/06 12:14 UTC 版)

名詞

かせん

  1. 電線電話線などのかけわたすこと。また、そのような線。

動詞

活用

サ行変格活用
架線-する

「架線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

架線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



架線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの架線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの伊豆箱根鉄道駿豆線 (改訂履歴)、神戸市営地下鉄西神・山手線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの架線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS