終息とは? わかりやすく解説

しゅう‐そく【終息/終×熄】

読み方:しゅうそく

[名](スル)物事終わって、やむこと。「蔓延(まんえん)していた悪疫が―する」


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 05:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「終息」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「終息」を含むページの一覧/「終息」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「終息」が役に立つかも知れません。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 09:08 UTC 版)

ミュンヘン一揆」の記事における「終息」の解説

一揆首謀者たちがカールたちの裏切りを知ったのは11月9日午前5時になってからだった。彼らはカール達が敵に回った事態想定していなかった。ヒトラーたちは一時ビュルガーブロイケラー戻り司令部レーム託された。昼頃まで議論続き、クリーベルがオーストリア国境ローゼンハイムへの撤退提案した却下されルーデンドルフ発案で、レーム包囲されているバイエルン軍司令部へのデモ行進を行う事が決まった午前11時30分行進始まったが、このときデモ隊はほとんど丸腰であった。武装している者にも「実弾抜き取っておけ」という命令出ていた。ルーデンドルフ前面立てれば軍や警察手出しできまいと高をくくっていたが、オデオン広場フェルトヘルンハレ将軍廟)近くに武装警察国防軍ピケライン張っていた。12時30分頃、昼過ぎデモ隊フェルトヘルンハレ前にさしかかったとき、一発銃声響いた。この銃撃一人軍曹死亡し、その直後に警官隊デモ部隊に対する一斉射撃行った後方国防軍装甲車も空に向けて威嚇射撃行ったヒトラーへの銃弾党員ウルリヒ・グラーフ身を挺して防いだが、ヒトラー肩を組んでいたショイブナー=リヒター銃撃即死ヒトラー倒れかかってきた彼にひきずられて前にのめり、左肩脱臼したルーデンドルフ行進止めず銃火の中を警官隊隊列まで進み逮捕された。 ゲーリングは足を負傷した居合わせたユダヤ人女性助けられオーストリア亡命した午後2時ごろ、レームバイエルン軍管区司令部降伏し占拠部隊武装解除された上で撤退許可された。当時23歳ハインリヒ・ヒムラーその中入っていた。部隊死者遺体遺族の元に運んだあと、レームをはじめとする指導者だけが逮捕された。 ヒトラーはシュタッフェル湖のほとりにあるナチス幹部エルンスト・ハンフシュテングルの別荘に逃亡彼のエルナドイツ語版))ヒトラー面倒を見ていた。2日後警察別荘到着したヒトラー絶望しピストル自殺図ろうとしたが、エルナが銃を取り上げ「あなた自身死んでも、あなたを信じてついてきた者を見捨てるのか」と説得したこの後ヒトラー落ち着き取り戻しナチス幹部に対する今後指導託すメモ残した。これによると、運動の指導機関紙管理アルフレート・ローゼンベルク財政管理マックス・アマン託すものであった。まもなく警察逮捕されヒトラーは、政府役人に対する批判叫んでいた。 このとき別働隊率いていたグレゴール・シュトラッサー部隊まとめて撤退したまた、ハンフシュテングル、アマンヘルマン・エッサーらのナチス幹部それぞれに逃亡したが、ディートリヒ・エッカートなどは逮捕された。ルドルフ・ヘス恩師カール・ハウスホーファーの元に逃れ自首勧められた潜伏生活を行う事になるエッカートは、病気理由ですぐに釈放され12月26日ベルヒテスガーデンモルヒネ中毒による心臓発作死去した。 この一連の騒動19名(うち3名警官)の犠牲者出た。現在、ビュルガーブロイケラー跡地には、ナチスによる最初の犠牲者として3人警官の死を弔う銘版置かれている。

※この「終息」の解説は、「ミュンヘン一揆」の解説の一部です。
「終息」を含む「ミュンヘン一揆」の記事については、「ミュンヘン一揆」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 05:30 UTC 版)

無政府時代 (イングランド)」の記事における「終息」の解説

1153年スティーブン嫡男ブローニュウスタシュ4世ユースタス)が原因不明急死した気力失ったスティーブンは、マティルダ息子アンリ和平協定ウォーリングフォード協定ウィンチェスター協定とも)を結び、自身の王位承認引き換えにアンリ王位継承者とした。 1154年10月25日スティーブンドーバー死去した後、協定に従いアンリヘンリー2世としてイングランド王位を継承しプランタジネット朝成立した

※この「終息」の解説は、「無政府時代 (イングランド)」の解説の一部です。
「終息」を含む「無政府時代 (イングランド)」の記事については、「無政府時代 (イングランド)」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 01:48 UTC 版)

暁新世-始新世温暖化極大」の記事における「終息」の解説

温暖化極大が終息に向かうメカニズムとして、生物源重晶石(硫酸バリウム)の関与考えられている。光合成により二酸化炭素から合成され有機物は分解を受けるが、その際に重晶石生成され沈降する。この生物源重晶石の量は炭素同位体比異常と連動して増大していることが判明している。大気海洋過剰な二酸化炭素重晶石生成過程除去される考えられており、温暖な気候から元の気候に戻す、負のフィードバックとして働いていたとされる

※この「終息」の解説は、「暁新世-始新世温暖化極大」の解説の一部です。
「終息」を含む「暁新世-始新世温暖化極大」の記事については、「暁新世-始新世温暖化極大」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 04:57 UTC 版)

八王子抗争」の記事における「終息」の解説

結局山口組組員は、二率会系の事務所に対して20回近い銃撃行った2月24日東亜友愛事業組合沖田守弘理事長双愛会石井義雄会長二率会幹部が、神戸市山口組本部訪れ山口組和解交渉行った2月25日山口組本部で、二率会宮本三会長と二率会幹部が、宅見勝に、平成2年1990年2月15日二率会西山組組員宅見組幸田組員2人殺害したことを詫びた山口組二率会は、条件なしの五分和解した手打ち式なども行われなかった。 その後警視庁は、捜査四課に、山口組対策班と発砲事件対策班の2つの特別専従班を設置した

※この「終息」の解説は、「八王子抗争」の解説の一部です。
「終息」を含む「八王子抗争」の記事については、「八王子抗争」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 07:05 UTC 版)

7月20日事件」の記事における「終息」の解説

午後10時過ぎになると国内予備軍司令部反乱派は完全に孤立その頃から、同司令部にいたフランツ・ヘルバー中佐ハイデ中佐ら、ヒトラー支持将校十数人がこっそり武器集めオルブリヒト大将公然と挑戦し始める。午後10時30分過ぎには、反乱派たちと銃撃戦のすえに彼らを検挙しフロム解放させた。 一方エルンスト・カルテンブルンナー国家保安本部本部長は、当日ウィーンへ移動する予定オットー・スコルツェニー親衛隊少佐急遽ベルリン呼び戻し親衛隊部隊編成して国内予備軍司令部向かわせた。 午後11時頃、フロムその場で軍法会議開いたベック直ち自決許可求めフロムはそれを認めた続いてフロムオルブリヒト、クイルンハイム、シュタウフェンベルク及びヘフテンらに即時死刑宣告したフロム親交有ったヘプナーにも自決勧めたヘプナー拒否し裁判闘争望んだために逮捕された。ベック2度自決失敗し最後フロム命令一兵士がベック止め銃弾撃ち込んだ。 日付替わった7月21日午前0時15分過ぎ、国内予備軍司令部中庭シュタウフェンベルクら4人は相次いで銃殺された。フロム他の反乱参加者処刑しようとしたが、スコルツェニー少佐部隊が国予備軍司令部到着処刑中止させた。 21日午前1時ヒトラー総統演説ラジオ放送された。ヒトラーが自ら爆破事件経緯説明したことで、彼の生存明らかとなり、事件完全に終息した。

※この「終息」の解説は、「7月20日事件」の解説の一部です。
「終息」を含む「7月20日事件」の記事については、「7月20日事件」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 07:39 UTC 版)

ユニオーネ」の記事における「終息」の解説

9月13日後楽園ホール大会にて行われた6人タッグマッチ後藤洋央紀組んでコンプリート・プレイヤーズ田中将斗 & 外道 & 邪道組)と対戦ミラノ邪道からギブアップ負けとなり、試合後も尚、ミラノ目に対して集中的に攻撃する。これが原因でミラノ右目負傷。「右目下直筋下斜筋麻痺」と診断され長期欠場追い込まれる一時は手術にも成功しリハビリ努めていたが、ケガの状態は思わしくなく、2010年1月18日記者会見にて引退発表ユニオーネとしての活動停止した

※この「終息」の解説は、「ユニオーネ」の解説の一部です。
「終息」を含む「ユニオーネ」の記事については、「ユニオーネ」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:16 UTC 版)

ファウンデーションシリーズ」の記事における「終息」の解説

3部作最後の話1948年10月12日キャンベルとの話し合いによって生まれたアシモフから、それまで謎だった第二ファウンデーション位置明らかにすることを編集長キャンベル提案し承服させた。 シリーズものを読む場合、話の背景歴史独自の単語知らないと話に入りこめない場合がある。一つ歴史に沿うように書かれているファウンデーションシリーズ』では新作を書く際、それまで歴史説明入れることが必要になってきた。この作業困難になってきたことにより、「―しかもわかっていなくもある」でシリーズ最後にした。これは1949年3月29日完成し1949年の『アスタウンディング」誌11月号、12月号、1950年1月号と3回分けて掲載され第3巻後半ファウンデーションによる探索」として収録された。 ファウンデーション創立してから400年足らずのところでいったん終了したシリーズは、ノーム・プレス社より1951年から1953年にかけて3巻にまとめられ単行本化された。このとき、最初の4篇をまとめた第1巻他の巻より短かったので、新たに1篇が追加された。これが3部作導入部となる。それまで過去存在としてしか描かれなかった「心理歴史学者ハリ・セルダンがここで初め登場した後に版権ダブルデイ社に移行し出版されている。 1950年代半ばから、アシモフ執筆フィクションから科学解説歴史等ノンフィクションへと比重移っていった。またフィクションでも『黒後家蜘蛛の会』等の推理小説ロボットもの書いており、『ファウンデーションシリーズ」の続編書かれることはなかった。

※この「終息」の解説は、「ファウンデーションシリーズ」の解説の一部です。
「終息」を含む「ファウンデーションシリーズ」の記事については、「ファウンデーションシリーズ」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 15:19 UTC 版)

有馬鳴動」の記事における「終息」の解説

1900年明治33年2月頃より鳴動次第治まり7月頃には一昼夜1、2回となり、ついには完全になくなった。 だが温泉固形物が多いため、下流農作物に害が及び、稲枯れ凋んだ。付近村落対策として水利組合設け鉱毒排除のために土管埋設し生瀬川に放流した当時博文館にいた小説家江見水蔭は、この鳴動取材して六甲山鳴動探検記」を執筆し著書『星』に掲載した

※この「終息」の解説は、「有馬鳴動」の解説の一部です。
「終息」を含む「有馬鳴動」の記事については、「有馬鳴動」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 20:34 UTC 版)

自由のフライ」の記事における「終息」の解説

2005年ギャラップ社世論調査では、調査対象者66%がフレンチフライフレンチトースト改称について「馬鹿げていた」と回答した改称愛国的だったと回答した対象者全体33%で、1%無意見と回答した同年ウォルター・ジョーンズが反イラク戦争派に転向し自由のフライについて「起こらなければよかった」と述べ2006年11月3日にジャック・エイブラモフによるインディアン・カジノに関するロビーイングスキャンダル (Jack Abramoff Indian lobbying scandal) に起因してナイ引責辞職をするなど提唱者がいなくなりブーム完全に終息した。しかし、タカ派発言知られるカントリー・ミュージック歌手トビー・キース経営するレストランチェーントビー・キースのアイ・ラブ・ディス・バー・アンド・グリル(英語版)」では2017年4月にまだ「自由のフライ」が注文できた。

※この「終息」の解説は、「自由のフライ」の解説の一部です。
「終息」を含む「自由のフライ」の記事については、「自由のフライ」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 10:35 UTC 版)

電子ブック (規格)」の記事における「終息」の解説

ソニー電子ブックブレーヤー (DATA Discman) が2000年発売の「DD-S35」で終了したため、電子ブック発売終息し、ハードウェアメーカーや版元による「電子ブックコミッティ」も活動終了した以降入手可能電子ブック基本的に在庫のみである。

※この「終息」の解説は、「電子ブック (規格)」の解説の一部です。
「終息」を含む「電子ブック (規格)」の記事については、「電子ブック (規格)」の概要を参照ください。


終息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:54 UTC 版)

ねずみ騒動」の記事における「終息」の解説

1963年ごろより、不漁によるイリコ製造廃業や、若者村外流出による段々畑耕作放棄などを経てネズミ生息環境劣化したことから徐々に減少していった。

※この「終息」の解説は、「ねずみ騒動」の解説の一部です。
「終息」を含む「ねずみ騒動」の記事については、「ねずみ騒動」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「終息」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

終息

出典:『Wiktionary』 (2021/10/21 11:50 UTC 版)

名詞

しゅうそく

  1. あることすっかり終わること。また、止むこと。

動詞


「終息」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「終息」の関連用語

終息のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



終息のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの終息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミュンヘン一揆 (改訂履歴)、無政府時代 (イングランド) (改訂履歴)、暁新世-始新世温暖化極大 (改訂履歴)、八王子抗争 (改訂履歴)、7月20日事件 (改訂履歴)、ユニオーネ (改訂履歴)、ファウンデーションシリーズ (改訂履歴)、有馬鳴動 (改訂履歴)、自由のフライ (改訂履歴)、電子ブック (規格) (改訂履歴)、ねずみ騒動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの終息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS