.veとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > .veの意味・解説 

VE 【Video Engineer】


VE

英語 value engineering

価値工学の略称。VA(価値分析)とは目的手段、意味も同じ。活動タイミングのみ異なる。一般的に設計開発から量産1号車立上がりまでに行う活動をVEといい、量産1号車立上がり以降に行う活動VAという。VAは2重投資、2重開発のむだを生む可能性があり、開発早い時点機能性能品質などを作り込むVEのほうが車造りのいい姿である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

VE value engineering

価値工学。既に設計された製品について、主としてコスト評価基準にして、 どのように設計改善したら、同一性能を保つて、コスト下げることができるかを検討する技法

Ve

名前 ヴェ

.ve

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/16 07:01 UTC 版)

.ve
ベネズエラの旗
施行 1991年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Centro Nacional de Tecnologias de Informacion
後援組織 Centro Nacional de Tecnologias de Informacion
利用地域 ベネズエラに関係する団体・個人
使用状況 ベネズエラで盛んに使われている。
階層構造 登録は第三レベルに行われる。
ウェブサイト nic.ve
  

.ve国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ベネズエラに割り当てられている。登録は第三レベルドメインのみに行われる。

第二レベルドメイン

  • .com.ve - 商業機関
  • .edu.ve - 教育機関
  • .gob.ve - 政府機関
  • .mil.ve - 軍事機関
  • .net.ve - ネットワークサービスプロバイダ
  • .org.ve - 非営利組織
  • .info.ve - 情報サイト
  • .co.ve - スペイン系の商業機関
  • .web.ve - 個人

外部リンク


VE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/02/22 21:51 UTC 版)

VE, ve

  1. ビタミンE
  2. ベネズエラ国名コードおよびccTLD
  3. ベンダ語ISO 639-1言語コード
  4. バリューエンジニアリング
  5. Velocity Engine(AltiVec)。
  6. ビデオエンジニア制作プロダクション放送局で撮影や映像編集に携わる職種。
  7. イタリア共和国ヴェネト州ヴェネツィア県県名略記号およびISO 3166-2:IT県名コード。
  8. 近鉄1230系電車奈良線仕様)の電算記号。
  9. Vacuum(真空) Electric(電気)。真空断熱魔法瓶の構造を持つ電気ポットの意。
  10. 日産・VEエンジン


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ve」の関連用語

.veのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.veのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2019 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ve (改訂履歴)、VE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS