.veとは? わかりやすく解説

ブイ‐イー【VE】


VE

英語 value engineering

価値工学の略称。VA(価値分析)とは目的手段、意味も同じ。活動タイミングのみ異なる。一般的に設計開発から量産1号車立ち上がりまでに行う活動をVEといい、量産1号車立ち上がり以降に行う活動VAという。VAは2重投資、2重開発のむだを生む可能性があり、開発早い時点機能性能品質などを作り込むVEのほうが車造りのいい姿である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

VE value engineering


Ve

名前 ヴェ

.ve

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 06:47 UTC 版)

.ve国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ベネズエラに割り当てられている。登録は第三レベルドメインのみに行われる。




「.ve」の続きの解説一覧

VE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/06 08:07 UTC 版)

VE, ve

一覧

  1. ビタミンE
  2. ベネズエラ国名コードおよびccTLD
  3. ベンダ語ISO 639-1言語コード
  4. バリューエンジニアリング
  5. Velocity Engine(AltiVec)。
  6. ビデオエンジニア制作プロダクション放送局で撮影や映像編集に携わる職種。
  7. イタリア共和国ヴェネト州ヴェネツィア県県名略記号およびISO 3166-2:IT県名コード。
  8. 近鉄1230系電車奈良線仕様)の電算記号。
  9. Vacuum(真空) Electric(電気)。真空断熱魔法瓶の構造を持つ電気ポットの意。
  10. 西暦の略称の一つ、VE(Vulgar Era)
  11. 日産・VEエンジン
  12. ビクター・エンターテイメントVictor Entertainment)(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)日本レコード会社

関連項目



VE (Visual Editor)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 04:22 UTC 版)

Eclipse (統合開発環境)」の記事における「VE (Visual Editor)」の解説

EclipseでAWT/Swing/SWTのGUI開発ができるEclipse.orgから出ていプラグイン開発止まっている。

※この「VE (Visual Editor)」の解説は、「Eclipse (統合開発環境)」の解説の一部です。
「VE (Visual Editor)」を含む「Eclipse (統合開発環境)」の記事については、「Eclipse (統合開発環境)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.ve」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「VE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ve」の関連用語

.veのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.veのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ve (改訂履歴)、VE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのEclipse (統合開発環境) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS