.afとは?

エー‐エフ【AF】


エー‐エフ【AF】

audio frequency》可聴周波低周波


エー‐エフ【AF】

air force空軍


オートフォーカス

別名:AF,AF機能
【英】auto focus

オートフォーカスとは、カメラピントfocus)を自動的合わせる機能のことである。

オートフォーカスでは、主に位相差コントラスト比などを利用して、ピントの合った状態を自動的検出している。コンデジコンパクトデジタルカメラ)などではコントラスト比による計測方法多く採用されている。従来ファインダー目視しながらフォーカスリングを回し手動ピント微調整を行う必要があったが、オートフォーカスではシャッターボタン半押しすればよい。オートフォーカスが実現されたことで、より手軽に、ピンボケのない写真撮影することが可能になったといえる

オートフォーカスに対して手動で行うピント調節マニュアルフォーカス呼ばれる。オートフォーカスを搭載しているカメラも、マニュアルフォーカスへの切り替えが可能であることが多い。暗所などでオートフォーカスが満足に動作しない場合マニュアルフォーカスモードにすれば、手で微調整を行うことができる。

オートフォーカス機能は、今日デジタルカメラにはほぼ搭載されている。アナログ式の一眼レフカメラや、最近カメラ付き携帯電話においても、多く機種でオートフォーカス機能搭載されている。また、検出方法も、エリア選択AFや、人物の顔に自動的ピント合わせる顔検出AFなどの新技術開発されている。

ちなみに、オートフォーカスのようなカメラ自動調節機能として、露出調節自動的に行う自動露出AE)や、ある設定値を微妙に変更して複数写真撮影するオートブラケットAB)などがある。


参照リンク
カメラのしくみ - (キヤノンサイエンスラボ・キッズ)
カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  イメージスタビライザー  イメージング  色かぶり  オートフォーカス  オートブラケット  オンラインアルバム  CMOS

AF


AF

英語 audio frequency

可聴周波数。正常な聴力の人が聞くことができる周波数範囲のことで、20Hz~20kHzとされている。自動車で扱われる騒音周波数範囲は、通常20Hz~十数kHzが主である。

参照 周波数
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Af

名前 アフ; ア; アブ

.af

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 03:36 UTC 版)

.afドメインは、インターネットにおける国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つで、アフガニスタンに割り当てられている。AFGNIC、UNDP、Islamic Transitional Government of Afghanistanが管理を行っている。






「.af」の続きの解説一覧

AF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 08:53 UTC 版)

AFAfaf




「AF」の続きの解説一覧



.afと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.af」の関連用語

.afのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.afのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオートフォーカスの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.af (改訂履歴)、AF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS