大惨事とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 大惨事の意味・解説 

大惨事

読み方:だいさんじ

規模甚だしい、見るに堪えないような有様凄惨な、ひどくむごたらしいさま。

事故

(大惨事 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/19 17:09 UTC 版)

事故(じこ、: accident)とは、思いがけず起こった悪いできごと[1]。よくないことが起こること[2]。予期せず、意図せずに発生する不幸な出来事で、典型的には損傷または傷害をもたらすもの(Oxford Lexicoの説明)[3]


  1. ^ 広辞苑
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ An unfortunate incident that happens unexpectedly and unintentionally, typically resulting in damage or injury.Oxford Lexico, "Accident".
  4. ^ a b c d 小松原明哲 2019, p. 1.
  5. ^ a b 神尾陽子ほか(編) 『子どもの健康を育むために:医療と教育のギャップを克服する』 日本学術協力財団 <学術会議叢書>23 2017年平成29年) pp.130 - 131.
  6. ^ 小松原明哲 2019, pp. 2–4.
  7. ^ 規則違反」や「人員欠員」という、本来の表現、内容を直接的表現することを避けており、「事故」と表現したり、「事故」という言葉と一体化させることで、「意図していたのではない」という面を強調し、「できることなら、ことを穏便に済ませたい」という気持ちが背後で働いている、自衛隊ならではの言葉づかい、自衛隊独特の言葉づかい、である。民間企業では、こういう言葉づかいをすると、かえって「責任を自覚していない」とか「(やるべきことをやらず)責任回避ばかりをしている」などといった指摘がされ、かえって解任されたり、バッサリと解雇されたりする。


「事故」の続きの解説一覧

大惨事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:08 UTC 版)

ジョラ号」の記事における「大惨事」の解説

2002年9月26日ジョラ号セネガルカザマンス地方にあるジガンショールから首都ダカールに向けて出航した出航時、約2,000人の乗客乗船していたと考えられるが、正確な数字不明であるまた、正確な出航時刻不明のままである。 出航から数時間後の現地時間23時頃、ジョラ号ガンビア沖で嵐に巻き込まれ沈没した乗客約2,000人のうち1,863人が死亡しアフリカ史最悪歴史上でもドニャ・パス号、江亜に次ぐ海難事故となった死者の国籍は15カ国以上にのぼり、大部分はセネガル人であるが、隣国ギニア人、フランス人ドイツ人スイス人含まれていた。 生存者少なくとも64人ほどと見られており、救助隊到着したのは事故翌朝であったが、地元漁師から救助された者も少なくなかったという。

※この「大惨事」の解説は、「ジョラ号」の解説の一部です。
「大惨事」を含む「ジョラ号」の記事については、「ジョラ号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大惨事」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大惨事」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大惨事」の関連用語

大惨事のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大惨事のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョラ号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS